エクセルで計算式を入力してみよう~四則演算編~

エクセルというソフトは、計算が得意です。

ただし、計算を「勝手に」やってくれるのではなくて、必要なデータ(数値)を入力したあと、答えがほしいところに必要な計算式を入力することで計算ができます。

計算式を入力しておけば、必要なデータをあとで修正したとしても、しっかり計算してくれます。

計算の基本である、足し算、引き算、掛け算、割り算の計算式の入力方法について書いていきます。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

計算式の基本は四則演算

例えば、1という数字に1という数字を足すという計算をする場合、

1+1=2

というふうにしますよね。

エクセルで計算をさせるときには、

「=」が頭に付いて、あとは数値と+や-などを使い、先ほどの計算式でいえば、「=」より左側を、「=」より右側に入力します。

=1+1

これだけで、画面上(セル上)は、「2」と表示されます。

エクセルは計算式のみを入力し、セルを確定させれば、計算結果が表示される、というわけです。

この足し算に使う記号「+」のほかに、引き算に使う「-」があります。これらは全てキーボードで入力できますね。

ところが、学校で習った割り算につかう「÷」や掛け算に使う「×」は、キーボードにはないですね。どうやって入力するのかというと、パソコン(エクセル)で割り算や掛け算を行うときは、別の記号を使うようになっています。

割り算・・・「/」(スラッシュ)
掛け算・・・「*」(アスタリスク) ※印ではありません。

キーボードの右側にある電卓のような場所(テンキー)が付いている場合は、このふたつの記号を見つけることができますが、テンキーが付いていない場合は、どこにあるのかというと、

/・・・
*・・・shiftキーを押しながら

になります。※計算式を入力するときは日本語入力をオフにしておきましょう。

この計算方法を四則演算と言います。

エクセルのセル(マス目)を使えば、数値を修正してもちゃんと計算をやり直してくれる

先ほどの計算で1たす1の結果は2だと表示できましたが、エクセルにはセル(マス目)を使った計算方法があるのをご存知でしょうか。

これをセル参照と呼んでいます。この方法を使っておけば、万が一、計算に使用していた数値に誤りがあったとしても、その数値を修正するだけで勝手に計算してくれます。

以下の図のように入力しておきます。

つぎに上から数えて3つ目のセル(計算結果を表示させたいセル)を選択し、計算式を入力します。

まずは、『計算が始まるよ!』という宣言の代わりになる「=」を入力します。

次にマウスを持って一番上のセル(今回の例の場合は、A列の1行目のセル「A1」)をクリックします。すると、先ほど入力したセルの「=」の後ろに「A1」が入力出来たことを確認してください。

次にキーボードを使って「+」を入力した後、マウスを持って、一番上から2つ目のセル(今回の例の場合は、A列の2行目のセル「A2」)をクリックします。すると、「∔」の後ろに「A2」と入力できました。

『これでいいよ』の代わりにEnterキーを押すと、計算式の入力が終わり、セルが確定されます。

では、本当に計算式が入力出来ているかを実験してみましょう。

A列の一番上のセルを入力しなおします。

すると、計算結果、ちゃんと変わっていますね。

あれ?計算結果が変わらない?!こんなときに見てほしい、エクセルのオプション設定(エクセル2016の場合)

実は、たま~にですが、計算に使用する数値が後になって間違っていた!なんてことがあります。急いで数値データを入力しなおしたのに、計算結果が変わらないのです。

いくつか疑うところがありますが、一番最初に見てほしいのがエクセルのオプション設定です。

エクセル2016の場合は、画面左上にある「ファイル」→「オプション」をクリックします。すると詳細な設定ができる画面が表示されますね。

その中から「数式」をクリックできると以下のような画面が表示されます。

この「ブックの計算」が「自動」になっているかを確認しましょう。

エクセルで計算式を入力する方法にはもうひとつ、「関数」と呼ばれているものがあります。これを使えるようになれば、上記のような手間が少し省けると思います。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする