メモの取り方、ただ「書く」だけじゃダメ。自分の言葉で書いてみましょう!

パソコン教室でよく見られる光景として、先生の話を一生懸命メモ取られてます。

ところが、メモを取ったにも関わらず、どこに書いたっけ?なんてことや書いてある意味が分からないなんてことはありませんか?

先生の言うことを必死にメモっても授業は理解できない

私の教室の場合、私の話す一言一句、必死にメモしてくださっている方がいらっしゃいます。

これはお話する側から見れば喜ばしいと思う・・・と思われますか?実はそうではありません。

この方、メモを取ることに必死で、やるべきことができていないためにいつも授業から遅れ気味になってしまっています。

では、わたしの場合はどうかというと。

実は、あんまりメモしていません。いや、メモはしていますが、文章を書くことはありません。

配布された資料やマニュアルにも寄ると思いますが、書かれている言葉に付随して先生が話している言葉の中からキーワードをチョイスして書き込んでいます。

例えば、意味が分からない言葉だったり、先生が強調している言葉だったり、のみ。

だから他の人がこのメモを見ても内容は分からないと思います(笑)

テキスト以外にメモを取るなら、授業用のノートを一冊準備しましょう

普段使っているメモ帳にメモを取ってくださる方がいらっしゃいますが、メモ帳では書ける容量が決まってしまいます。

できればA5くらいのサイズでリング式のノートを一冊準備してもらえるようにお願いしています。

そのノートに時系列で書いていただけると、見返すときに便利かと思いますし、できればその内容はテキストのどこに書いてあることの補足なのかもメモしていただけるとよいと思います。例えば、テキストの何ページかということとか。

ノートはできるだけ装飾がないもの、行間の広いもの

ノートはよく見ると、行間が広いものと狭いものがあります。罫線が引かれているものや方眼紙のようになっているもの、真っ白なお絵かき帳みたいなものまであります。

見た目より、ご自身がどんなノートが書きやすいかな?と選んでもらえたらいいと思います。

ちなみに私は、罫線があろうがなかろうが全く無視して書き込むことができるので、あまり気にしませんが、中には、それらが気になり、その行間に合わせて文字を書こうとする方もいらっしゃいます。

また、ご自身が書く文字の大きさにも合わせたほうがいいなと思いますし、行間の余白があったほうが好きな人もいればびっちり書かれているほうが好きな人もいらっしゃいます。

ちなみに私の使っているノートは無印良品のものです。罫線ではなく、点で行が表示されているので、私のような雑にメモを取るタイプにはおすすめ…かな(*^m^*) ムフッ

筆記用具もご自身の筆圧や好みに合わせて選びましょう!

書ければなんでもいいとばかりに適当に筆記用具を選ばれる方がいらっしゃいますが、メモを取るのは意外と大変。書きやすさは人それぞれですしね。細い握りが好きな方もいらっしゃればそうではない人もいらっしゃいます。

あとは、間違ったときにシャッと線を引いて取り消すのでも気にならない人(私はこのタイプです)もいれば、きちんと消して書き直したい人もいらっしゃいます。ちょっとしたことですが、結構これが時間をロスする原因になります。

最近ではボールペンの頭で書いた文字が消せるのもありますよね。ご自身がストレスなく書くことができる筆記用具を、売り場できちんと試し書きして購入することをおすすめします。

ちなみに私は、2つのタイプの筆記用具を使い分けています。ひとつは、ペン先が細いもの(0.36。ジェットストリーム3色タイプの青色を好んで使います)、もうひとつはペン先が太いもの(1.0。これもジェットストリームですが、赤1色と黒1色)。

書き方にもコツがある。文章を読むのが得意?絵のほうが理解しやすい?自分のタイプを知ってメモしましょう

長方形の四角(パソコンの画面のつもり)を書いて、このあたりにある○○みたいな書き方をされるといいと思います。最初にボタンをクリックして、というところが迷いどころ。そこさえ分かれば、あとはテキスト通り、もしくは重要なキーワードを書き込んでいけばよいかと。

キーワードの書き方に自分なりのルールを設定するとメモしやすくなるかとも思います。

例えば、

「ファイルをクリックして名前を付けて保存をクリックする」

と書くより、

「ファイル」→「名前を付けて保存」

って感じでしょうか。

パソコンの操作画面には、タブとボタンと項目がありますね。タブの場合は<タブの名前>、ボタンの場合はボタン名を四角で囲み、項目の場合は「項目名」という風に…。

メモの取り方、まとめ。

メモをする。

これって誰にでも出来そうで、そうでもなかったり、隣の人のメモの取り方を真似しても自分には合わないなんてことはざらにあります。

学生時代に経験された方も多いのではないでしょうか?

メモをきれいに書く、ということに集中し過ぎて、大事なことを聞きそびれては本末転倒。

ご自身に合った「メモの取り方」について一度考えてみてもらうのも、もしかしたら操作を楽にするひとつの道かもしれません。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大