デスクトップ?ノートパソコン?それともタブレット型?高齢者におすすめしたいパソコンは?

教室でもよく相談されるのが、「次買うときどんなのがいい?」「使いやすいパソコンは?」。確かにパソコン選びは種類があり過ぎて、店頭に並ぶのを見るだけでも一苦労。おまけに何やら数値やら専門用語が並ぶPOP。店員さんのアドバイスに、家族の一声。そのうち選ぶのに疲れたり、混乱してきたりして、「もういいや…」っていう方おられませんか?

高齢者のパソコン選び、少しでもお役に立てればと記事を書いてみようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

パソコンを初めて購入する?それとも買い替え?高齢者のパソコン選び、実はここが一番大事。

パソコンを初めて購入する方で、家にパソコンが無い場合は、正直どこのパソコンを購入いただいてもいいかと思います。

逆にパソコンを買い替える、もしくは家族がパソコンを持っている場合は、同じメーカーのパソコンを購入することをおすすめします。

パソコンというのはOSが同じなら操作性という部分ではほぼ同じですが、そのメーカー独自のソフトが入っている場合、起きやすいトラブルというのがやはり合って、そんなときに聞くことができる人がいた方がいいんじゃないかと思います。

パソコンの置き場所。これを見過ごしてはいけません。

置き場所を確保できるならデスクトップでもノートパソコンでもいいと思います。が、例えば、家のどこでも使いたい、もしくは持ち出す可能性があるならノートパソコンじゃないと難しいですよね。

最近のデスクトップパソコンは、テレビ画面と同様、結構な大きさであることが多いです。できればパソコンを置きたい場所があるなら広さを測っておくことをおすすめします。

家に持ち帰ると結構大きくてびっくりしたという方、非常に多いです。

店頭に並ぶパソコン、画面の大きさに注目していませんか?見るべきなのは「画面解像度」です

ディスプレイまたはモニタと呼ばれる画面。高齢者の方は目が見えづらいから画面は大きな方がいいと、画面の大きなパソコンを選びがちではないでしょうか。

実は画面自体の大きさより、POPに書かれている画面解像度の数値に注目してほしいのです。

数値が高ければ高いほど良さそうって感じませんか?実は違うんです。解像度が高すぎるとギュッとした画面構成になるので目が疲れてしまうんです。

この画面解像度、画面の大きさを表しているのではなくて、画面を構成する粒の密度を表しています。つまり、同じ大きさのパソコンで比べると解像度が高い方のパソコンの方が画面がギュッとしたような、詰まっているような感じに見えるのです。

できれば、1366×768という画面解像度がおすすめです。

打ちやすさが全然違います!キーボードの配置もチェック。

同じようなパソコンに見えても、実際に手で触れてほしいのがキーボード。微妙ですが、キーボードのキーの間隔、機種によって違っています。自分が打ちやすいキーの間隔か、そこをチェックしてもらいたいと思います。

併せて、テンキー(電卓のようなもの)が付いているものがおすすめです。このテンキーがないと、画面上部に横一列に並ぶ数字キーを打つことになりますので、数値が打てないわけではありませんけれど、できたら数字キーはテンキーの方がおすすめです。

CPUは変更できないので、お財布と相談して最低限のものを選びましょう

CPUとは、パソコンの頭脳に当たる部分。この性能が良ければ、操作がスムーズに行えるものです。ただし、高性能であればあるほど価格が高くなりますし、消費電力も若干お高めではありますが。

だからといって、一番ええやつ買えばええんか?という方、ちょっと待ってくださいね。それはそうとも言い切れないのです。

むやみやたらと高性能のCPUの搭載されたパソコンを買えばいいというわけではありません。

パソコンを使ってやってみたいことがあると思います。例えばメールやらインターネットやら、ワードやエクセルなんかで文書作りたいな、年賀状作成ソフトで年賀状作りたいな…などいろいろあると思いますが、投資し過ぎるということもあるかと思います。

できれば、POPにあるCPUの表示にあるCore〇〇と書かれているかと思いますので、その後ろにi5と書いてあるパソコンを探してみてください。いくつか並んでいたら、そのまた後ろにある4桁~6桁程度の数値に注目。数値が大きければ大きいほど性能がいいです。あとは、お財布と相談してくださいね。

小さなパソコン、DVDやBlu-rayが再生できない場合もあります

これ、意外と後で気付いてビックリされている方、いらっしゃいます。小さなパソコン(モバイルパソコン)にはこのDVDやBlu-rayを再生できる機器が入っていない場合があります。チェックを忘れないように。

パソコンを使ってやりたいことを洗い出して。それに必要なソフトが入っているかも要チェックです!

一時、ワードやエクセルを使いたいのに、それが入っていないと青ざめた表情で相談に来られた方がいらっしゃいます。

パソコンを買い替えたら、年賀状作成ソフトに入っている住所録が呼び出せないと相談に来られる方も。

後から追加することもできますが、新たにソフトを購入して、パソコンで使えるようにインストールしなければならないという手間がかかります。

できるなら、その手間を省くためにも目的の洗い出しはしっかりとやっておいて、そのソフトがインストールされているパソコンを購入されることをおすすめしたいと思います。

もしも家にあるプリンタを続けて使うなら。プリンタの型番を必ず伝えましょう

今、店頭で並んでいるのはほぼWindows10です。もし、家にあるプリンタを続けて使おうとお考えなら、そのプリンタの型番を必ずお店の方にお伝えください。

プリンタというのは、ドライバというものを使って動作しています。このドライバは、購入時にDVDなどに収録され、添付されているのですが、そのプリンタが発売された当時のものしか入っていないため、Windows10用のドライバは入っていない可能性があります。

この場合、インターネットでドライバを配布しているプリンタメーカーさんもあるのですが、そもそも、Windows10用のドライバを配布していない可能性も少なからずあります。

ですので、パソコンは買い替えるけれどプリンタは今までのものを…とお考えの方は、必ず、プリンタの型番をお店の方にお知らせして、ドライバが配布されているかを確認するようにしましょう。

まとめ。

いろいろ書いてみましたが、一番大切なのは、パソコン使ってやってみたいことって何だろう?逆に、ここまではしなくてもいい、みたいなことが分かっている方が選択しやすいような気がします。

店頭のPOP、つい値段に目がいってしまいますが、上記のことを最低限チェックしてもらって、できれば面倒かもしれませんが、即決しないようにしてもらって。

あと、専門用語が分からないときはお店の方に「分からない」とお伝えくださいね。

その時におすすめなのが、洗い出したものをメモに取ること。そのメモを見せながら、お値段の上限をお伝えして…。

皆さんのやってみようが叶うパソコンと出会うことができますようにと願いながら今日はおしまいとさせていただきます。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする