Windows10の起動時、パスワードの数値が入力できない

geralt / Pixabay

Windows10の起動時に、パスワード(数値を含む)を入力しようとしたとき、テンキー(ノートパソコンの右手側にある電卓のような部分)を使って数値を打とうとしたら入力できないというご相談がありました。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

テンキーが使えないときにチェックしてほしいところ。

ノートパソコンのキーボードには、テンキーの近くにあるNumLockキーを押せば、数値入力が可能になります。

たまに、NumLockキーを押しても反応が無い場合があります。その時は、そのNumLockキーに他の文字が刻印されていないかをチェックしてみてください。

もし、他の文字が刻印されている場合、キーボードのFnキーを同時に押す仕様になっているかもしれません。

キーボードの不具合、あれこれ。

キーボードも長年使用していると壊れた!というほどではなくても何かしらの不具合が出ることもあります。

例えばキーを押したときにひっかかるような感じだったり、特定のキーだけ反応が悪かったり。

だからといって、ノートパソコンのキーボードをガバッと開けて…なんてことはしないでくださいね。キーボードの下にはパソコンの頭脳部分が入っているから。

パソコンメーカーのホームページにはQ&Aが掲載されていますので、ご自身のパソコンの型番を確認して該当するQ&Aをチェックするようにしてくださいね。

起こりがちな不具合はこんな感じではないかと思います。

  • キーボードのキーに書かれている文字と違う文字が入力される
  • 特定のキーが入力できない
  • カーソルが勝手に移動する

下記のサイトに対処例が掲載されています。該当するものがあれば参考にしてもらえれば、と思います。

エラー - FMVサポート : 富士通

キーボードの入力スピードを上げたい方へ。

ちょっと横道それますが…。

生徒さんの中で入力スピードが上がらないという方からどうやったら早くなるの?というご質問をいただきました。

うーん、これは練習してください、としか言えない部分もあります、正直なところ。

けれど、少しだけお話できるとすれば…ということで実際に入力しているところを見せて頂きました。

気付いたところは、変換のタイミング。入力に集中し過ぎて変換するまでに時間がかかっている。

パソコンで文字を入力していると、最近のパソコンは携帯電話のように予測変換のような機能が動いているのをご存知でしょうか。

途中まで文字を入力すると、「これ?」という風に予測して、変換候補を表示してくれる機能です。ただ、この予測変換のような機能が動いていることに気付かず、そのまま入力を続けているのは少し勿体ない気がします。文字を入力し始めたら画面を見て予測変換の候補が表示されていれば、キーボードのTabキーを使って該当する文字まで移動し、Enterキーで確定。

それから、入力する文字は単語(ひと塊の言葉)を意識して入力→変換→確定。

昔、言われていた単語入力です。例えば、「今日は良い天気だ。」と入力したい場合は、「きょうは」で変換→確定。「よい」で変換→確定。「てんきだ。」で変換→確定、といった感じです。

これを繰り返していくことでパソコンが持つ学習機能がより育ち、ご自身がよく入力する文字が変換候補の上位(最初に)に上がりやすくなります。

ちょっとしたことですが、入力のスピードを上げようとするなら、この変換スピードを上げるような動きをされると少しは体感的に、ですが入力スピードが上がります。

あとは、ローマ字変換の方は、AIUEOの文字(母音)はよく入力に使用しますので、それらの場所を覚えられるように練習してもらえればと思います。

まとめ。

ノートパソコンのキーボードはそれほど壊れやすいものではないのですが、たまに指が触れて意図しない動きになってしまうことがあります。

キーボードがもし、故障してしまってもパソコンが使える状態であれば、市販のキーボードを取り付けて入力することはできます。

購入を検討される方は、ご自身のパソコンの型番を店頭で伝えてくださいね。

ちなみに、こんな感じのものです。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする