イラストや写真の位置調整 wordの基本操作「画像」編

Wordにイラストや写真(以下、画像でまとめます)を挿入した後、思うように配置できないという声をたくさんお聞きします。

これは何も設定を変更していなければ、Wordの初期値、「行内」が関係しています。

今日は、このWordに画像を挿入した時に変更可能な「テキストの折り返し」について書いていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Wordで画像を挿入した時の初期値は「行内」

画像を挿入した時の配置は行内と呼ばれる配置です。これは、入力されている文字と画像の関係性が「イコール」、まったく同じものとして扱われている状態です。

01

ということはカーソルがあるところにしか画像を配置することはできないのです。これは文字も同じですよね。

挿入した画像を選択した状態で表示される「図ツール」の「書式」、「テキストの折り返し」または「文字列の折り返し」を切り替えることで、文字と画像の関係性を変更することができるようになっています。

Wordで画像を貼り付けたときに変更できる「四角」とは

3

先ほどとは明らかに違いますね。

写真の右側に文字が回り込んでいます。ちなみにこの写真を右側に移動すれば文字はその画像をうまく避けて文章が割り振られます。

Wordで画像を貼り付けたときに変更できる「背面」とは

4

文字の下に写真が配置されました!(よ、読みづらい…)

これはテキスト(文字)の背面に画像が回り込んだ状態。この場合は画像の色をもうすこし薄くした方が読みやすそうですね。

Wordで画像を貼り付けたときに変更できる「前面」とは

5

文字の上に写真が配置されました。これでは読めない部分が出てきてしまいますね…。

と聞くと、「使えないじゃん!」っていう話になるのですが、いえいえ、実はこの状態にすればドラッグで写真の位置が自由に変更できるのです。

なので、文書の中の空きスペースにワンポイントのイラストや写真を貼り付けたい!なんて時に使える設定です。

Wordで画像を貼り付けたときに変更できる「外周」とは

ちょっと画像を差し替えます。このイラスト、円形の周りが白いでしょ?境界線がはっきり分かれているので外周が効果的に働きます。

6

丸いイラストの周りに文字が配置されているのが見えますか?

Wordで画像を貼り付けたときに変更できる「内部」とは

続いて「内部」ですが、これは単独で設定すると、「外周」との差が分かりにくいのですが、「折り返し点の編集」を合わせて使うとこんなことができます。

7

イラストの周りにある黒い点が「折り返し点」です。これを内側に移動させる移動させると…

8

イラストの上に文字が流れ込んでいるのが分かりますか?

Wordで画像を貼り付けたときに変更できる「内部」とは

9

「あれ?行内と変わらない?」と思われますよね。でもよく見ると、画像の横に文字が配置されていないんです。文字と画像が別物として扱われる…といっても、改行して挿入したのとあまり変わらない…かもしれませんね。

Wordで画像を挿入した後に操作できる折り返しについてまとめ。

いろいろと文字と画像の関係を見てきましたが、一番よく使われるというか、便利だと喜んでもらえるのが「前面」と「四角」かな。こういったことからも画像は文字入力がすべて完了した状態で挿入してもらえると、この関係性を変更することで思うように画像が配置できるようになるかと思います。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする