Excelで〇の数を数えるときに使える2つの関数「COUNTA」と「COUNTIF」、どう使い分ける?

スポンサーリンク
高齢者のためのエクセル教室
この記事は約4分で読めます。

数えたいセル範囲に〇以外の文字が入っているとき。〇だけを数えてと条件を指定できる「COUNTIF」を使う

先ほどの表に懇親会の列を追加し、参加する人には〇、参加しない人には×を入力してみました。

この場合、〇と×が入っていますので先ほど使った「COUNTA」では〇だけを数えることができないので、「〇だけを数えて」という条件指定ができる「COUNTIF」を使います。

COUNTAではダメな理由は?

〇を数えるのは同じだから、同じ関数を使えばいいんじゃないの?

では、先ほどの関数「COUNTA」を使って懇親会の参加者の〇を数えてみましょう。

同じ関数を同じセルの範囲で使う場合は、関数をコピーすることができるので、その他の関数から探し出さなくても大丈夫です。

関数をコピーするには、総会の参加人数を求めたセルを選択すると右下角に■がありますね。この■(フィルハンドルといいます)にマウスポインタを合わせて隣のセルまでドラッグします。

懇親会の参加人数が「5」になってしまいましたね…。

実は、先ほどご紹介した「COUNTA」という関数、数えたい範囲のセルに文字が入っているセルの数を数える関数だったんです。つまり、空白でなければ数える関数であるため、×と入っているセルも数えてしまうんです。

なるほど、数えたい範囲に〇だけが入っているならCOUNTAでいいけど、〇以外の文字が何かしら入っているときは、「〇だけを数えて」と条件が指定できる関数「COUNTIF」を使うんだね

数えたい範囲に〇以外に文字が入っている場合は、「〇だけを数えて」と条件が指定できる「COUNTIF」を使おう

参照したい範囲で特定の文字だけを条件指定して数えるには、COUNTIFという関数を使います。

懇親会の参加人数のセルを選択してキーボードのDeleteキーで削除するか、元に戻すを使ってセルの中を空白にします。

懇親会の参加人数を求めたいセルを選択した状態で先ほどと同じく、「ホーム」タブの中にある「オートSUM」ボタン横にある▼をクリックし、「その他の関数」をクリックします。

関数の画面で、分類を「統計」に変えて関数名の中から「COUNTIF」を探し、OKボタンをクリックします。

関数の引数画面で「範囲」には先ほどと同じように数えたい文字が入っているすべてのセルをドラッグすれば入れることができます。

検索条件には、〇と入力します。

検索条件に入力する文字、今回は「〇」ですが、〇の前と後には”(ダブルクォーテーション)を入力する決まりがあります
上の図を見てもらうと検索条件には「〇」としか入力されていません。キーボードから”(ダブルクォーテーション)を入力してもいいのですが、マウスで「範囲」の中をクリックすると、検索条件の中にある〇の前後に”(ダブルクォーテーション)が自動的に入ります。

検索条件に入力した〇の前後に”(ダブルクオーテーション)が入ったのを確認してからOKボタンをクリックしましょう。

〇と×が混在する中で〇の数だけを数えることができました。

COUNTIFがうまく動作しているかを確認するため、会田さんが懇親会に参加することになったと仮定して〇を入力してみましょう。

〇の数(参加人数)が4になりましたか?

たまにある事例なのですが、COUNTIFなどで条件を指定するときに記号(〇とか×とか)を使っている場合、その関数が含まれるExcelファイルを別のパソコンで開いたとき、うまく数えることができないときがあります。
これは、〇や×などの文字コードが異なるため、条件指定がうまく反応できないときに起こります。条件に記号を指定したExcelファイルを別のパソコンで開いたとき、うまく動作しないときはもしかしたら、記号の文字コードが違っているからかもしれないので、条件指定に使った記号を改めて入力し直してうまく動作するかを確認してみてください。
スポンサーリンク

Excelで〇の数を数えるときに使う関数「COUNTA」と「COUNTIF」の使い分けについて、まとめ

数えたい文字が入っているセル以外に何も入っていない、今回の場合は〇以外何も入っていない場合は「COUNTA」という関数を、〇や×など文字が混在している中から特定したい文字だけを数えたい場合は、「COUNTIF」という関数を使うと文字を数えることができます。

COUNTとついた関数の中に「COUNT」というのがありますが、これはセルの範囲に入力されている文字が「数値」であれば数を数えることができます。つまり、今回の場合、〇は数値ではなく文字ですので、COUNTAを使いました。
タイトルとURLをコピーしました