Excelで同じ行の高さ、列の幅でコピーする方法。選択の仕方や貼り付け方にコツあり!

高齢者のためのエクセル教室
この記事は約3分で読めます。

Excelで表を作った時、同じ大きさ(行の高さ・列の幅)でコピーして貼り付けたいと思ってもうまく貼り付けることができないとよく問い合わせがあります。

今回は、Excelで作った表を同じシートの中に縦あるいは横に並べてコピーして貼り付ける方法についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

Excelで同じ大きさの表をいくつも並べるには縦並びか横並びかによって方法を変えるとうまくいく

Excelで列幅や行の高さを調整してやっと作り上げた表。同じシートにもうひとつ、いやふたつとコピーしたいと思うことはよくあります。

Excelで作成した表を選択した状態で、「ホーム」タブにある「コピー」ボタンをクリック→貼り付けたいセルを選択した状態で「ホーム」タブにある「貼り付け」ボタンを使うというのは分かっているという人は多いと思います。

ところが、これは列幅や行の高さを調整していない表であれば問題ありませんが、列幅や行の高さを調整している表をコピーして貼り付けるとまったく同じ表、列幅や行の高さを保持した状態で貼り付けることはできません。

これは、Excelのコピーと貼り付けをそのまま使うと列の幅や行の高さはコピーされないからなのですが、同じ表を縦方向に並べたいのか、横方向に並べたいのかによってコピーの仕方や貼り付けの仕方を変えてもらうと同じ大きさの表を貼り付けることができます。

Excelで同じ行の高さの表を縦方向に並べたいときは

Excelで作成した表を選択した状態で「ホーム」タブにある「コピー」ボタンをクリック、

貼り付けたいセルを選択し

そのまま「ホーム」タブにある「貼り付け」ボタンをクリックすると

列の幅は同じですが、行の高さを引き継ぐことができていません。

Excelで作った表をコピーして縦方向に貼り付けるとき、行の高さを引き継いで貼り付けるには、表の選択方法にコツがあります。

先ほどは作成した表を選択しましたが、行の高さも引き継いだ状態でコピー・貼り付けしたいときは、作成した表が含まれる行番号を選択します。

そのまま「ホーム」タブにある「コピー」ボタンをクリックし、

貼り付けたいセルを選択した状態で、「ホーム」タブの中にある「貼り付け」ボタンをクリックします。

行の高さも列の幅も同じ、表を貼り付けることができたと思います。

Excelで同じ列幅の表を横方向に並べたいときは

では、続いて表を横方向にコピーして貼り付ける方法です。

コピーしたい表を選択した状態で「ホーム」タブにある「コピー」ボタンをクリックし、

貼り付けたいセルを選択した状態で「ホーム」タブの中にある「貼り付け」ボタンをクリックし、貼り付けてみましょう。

行の高さは引き継がれていますが、列の幅が引き継がれていませんね。

表をコピーして横方向に並べて貼り付けるには、そのまま「貼り付け」ボタンをクリックせずに、「貼り付けのオプション」を使います。

コピーしたい表を選択した状態で「ホーム」タブの中にある「コピー」ボタンをクリックし、表を貼り付けたいセルを選択した状態で「ホーム」タブの中にある「貼り付け」ボタンの下にある▼をクリック→「元の列幅を保持」ボタンをクリックします。

同じ列幅・行の高さで横方向にコピー・貼り付けることができました。

スポンサーリンク

Excelで作った表をコピーして並べるには、並べる方向によって方法を変えるとうまくいく

Excelで作った表をコピーしていくつも並べたいときはよくありますが、そのまま貼り付けると行の高さや列の幅が引き継がれず、いちいち調整する必要がありました。

上に紹介したように、コピーした表を縦方向に並べたいときは行番号を選択してコピー・貼り付け、横方向に並べたいときは「貼り付けのオプション」にある「元の列幅を保持」を使えば、1行ずつ、1列ずつ調整する手間を省くことができます。

タイトルとURLをコピーしました