Excel2016のグラフの作り方。折れ線グラフと縦棒グラフを合わせた複合グラフの作り方

高齢者のためのエクセル教室
この記事は約4分で読めます。

Excel2016で作成できるグラフの種類はいろいろありますが、折れ線グラフと棒グラフを組み合わせる複合グラフの作り方をご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

Excel2016で複合グラフを作成する方法

Excel2016でグラフを作成する方法をおさらい

例として、以下の画像のような表を作成します。

まずはグラフの作り方をおさらいします。売上個数を棒グラフ(縦棒グラフ)にするにはどうすればいいでしょうか。

棒グラフ(縦棒グラフ)を作成するには、グラフにしたい範囲を選択

「挿入」タブをクリック→「縦棒/縦棒グラフの挿入」ボタンをクリック→2-D縦棒の「集合縦棒」をクリック

これで、縦棒グラフが作成できました。

Excel2016でグラフを作成したい表の範囲を選択→グラフの種類をクリックすればグラフを作成することができます。

では、今作成した縦棒グラフを削除(グラフをクリックし、キーボードのDeleteキーを押す)し、複合グラフを作成していきます。

Excel2016で複合グラフを作成する方法

縦棒グラフと折れ線グラフの複合グラフを作成するには、グラフにしたい範囲を選択します。

「挿入」タブをクリック→「複合グラフの挿入」ボタンをクリック→「集合縦棒-第2軸の折れ線」をクリック

これで、縦棒と折れ線を組み合わせた複合グラフが出来上がりました。

グラフの大きさは図形と同じようにドラッグで調整できる

グラフが小さいので、グラフのサイズを大きくしておきます。グラフのサイズを変えるには、グラフの周囲にある〇にマウスポインタを合わせてドラッグします。

複合グラフに必要な「第2軸」を自分で設定するには

グラフの第2軸にしたい項目は自分で設定することができます。

グラフの第2軸にしたい項目を自分で設定して複合グラフを作成するには、「挿入」タブをクリック→「複合グラフの挿入」ボタンをクリック→「ユーザー設定の複合グラフを作成する」をクリック

グラフの挿入画面で「データ系列に使用するグラフの種類と軸を選択してください」の下で、第2軸にしたい項目の「第2軸」にチェックを入れてOKボタンをクリック

Excel2016で作成したグラフをモノクロにしたいときは?

Excelで作成したグラフはカラフルですが、中にはモノクロで印刷したい場合もあるかと思います。Excel2016でグラフをモノクロにするには、「グラフのデザイン」タブをクリック→「色の変更」ボタンをクリック→「モノクロ」をクリックすると、グラフ自体をモノクロにすることができます。

グラフのレイアウトはボタンをクリックするだけでいろんな形に変更できる

グラフにどんな要素を付け加えるとより見やすいグラフになるかというのは、「グラフのデザイン」タブをクリック→「クイックレイアウト」ボタンをクリック→任意のグラフレイアウトを選択すればいろいろ変更することができます。

グラフタイトルが不要な時は選択して削除

グラフのタイトルが不要な場合は、グラフの中にある「グラフタイトル」の上にマウスポインタを合わせてクリック→キーボードのDeleteキーを押せば削除することができます。

グラフタイトルを削除すると自動的にグラフ内の要素の大きさが変更されます。

Excel2016でグラフをシートに移動するには

最後に、グラフと表が一緒のシートにある状態ですが、グラフだけを別のシートに移動させることができます。

グラフを選択した状態で、「グラフのデザイン」タブをクリック→「グラフの移動」ボタンをクリック

グラフの移動画面で「新しいシート」を選択し、OKボタンをクリック

グラフを移動させ、グラフだけのシートを作成することができました。

スポンサーリンク

Excel2016で複合グラフを作成する方法のまとめ。

Excel2016で縦棒と折れ線が組み合わさったグラフ「複合グラフ」を作成する方法をご紹介しました。

複合グラフを使うことで2つ以上の要素を組み合わせて表すことができます。

グラフは数字だけを見るよりもより相手に情報を伝えやすいものです。Excelではほかにもたくさんのグラフを作成することができますので、どのグラフを使えば相手に情報を伝えやすいのかという視点でグラフを選んで作成してもらえればと思います。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのエクセル教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました