Excel2016でひとつのグラフに折れ線グラフと棒グラフを入れられる「複合」グラフの作り方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、「Excel(2016)で折れ線グラフと縦棒グラフでひとつのグラフは作れるか?」と質問されました。

スポンサーリンク

折れ線グラフと縦棒グラフがひとつのグラフになっている「複合グラフ」

Excelで作成できる折れ線グラフと縦棒グラフがひとつのグラフになっているグラフのことを「複合グラフ」と呼んでいるのですが、Excelのバージョンが新しくなったらその複合グラフの作成方法が分からなくなったそうです。

Excelでグラフを作成する。基本的な流れをおさらい

Excelでグラフ作成をする際に必要なことといえば、グラフにしたいセルの範囲を選択することでしたよね。

サンプルとして以下のようなデータをExcel2016で作成してみました。

説明用なので罫線は引いていません。

たとえば、上の表でアイテムごとの売上個数をグラフにしたいという場合は、アイテムが入力されているセルと売上個数が入力されているセルを選択します。

離れた位置にあるセルを選択するにはキーボードを合わせて使う

ここで、「ん?」と思った方、正解です。通常、セルを選択するのは選択したい範囲をドラッグするんでしたよね。ところが、今回、邪魔な列があるんです。そうです、単価の列です。

さて、困りましたね。今回作成したい売上個数のグラフの場合、この単価の列は選択したくないですね。

こういう場合(選択したいセルが離れている)は、キーボードのCtrlキーを合わせて使うことで離れた位置のセルを選択することができるのです。

まず、A1セルからA6セルまでは普通にドラッグして選択します。次のC1セルからC6セルを選択するときに、Ctrlキーを押したままドラッグしてみてください。

この方法を使えば、セルの位置が離れていても選択することができます。

話を戻して。

グラフにしたい範囲を選択してから「挿入」タブをクリック→「縦棒・横棒グラフの挿入」ボタンをクリック→好きなグラフのデザインを選択すると縦棒あるいは横棒のグラフが作成できます。

しかし、質問にあった複合グラフはこれではありませんね。このグラフに売上金額を折れ線グラフにして一緒のグラフに収める。これが複合グラフです。

Excel2016で複合グラフを作成する方法

複合グラフに使用するセルの範囲を選択します。今回は、アイテム、売上個数、売上を選択する必要がありますね。

挿入タブをクリック→「組み合わせ」をクリック→「ユーザー設定の複合グラフを作成する」をクリックします。

データ系列に先ほど指定した範囲に入力していた「売上個数」と「売上」が表示されています。どちらを棒グラフまたは折れ線グラフにするかは▽で切り替えることができます。

ここで大事なことは、どちらの値を第2軸にするかを決めることです。第1軸とはグラフの左側の数値、第2軸とはグラフの右側にある数値のことを表しています。

今回は、売上金額である「売上」を折れ線グラフにして第2軸に設定することにします。

完成した複合グラフはこちらです。

離れているセルを一度に選択する方法。たとえばこんな時に使えますよ

この離れたセルを一度に選択する方法は、たとえばこんな時に使うことができます。

先ほどの表で確認してみましょう。アイテム(リンゴとかが入っている列)と上に入力した単価や売上個数、売上のセル内の配置を中央揃えにしたいときに、上の選択方法を知っていれば一度に選択し、一度に中央に揃えることができます。

Excel2016で複合グラフを作成する方法のまとめ。

Excel2016でも複合グラフは作成できます。が、グラフの名称が複合グラフではなく「組み合わせ」となっていたことで気付かなかったのかもしれませんね。

それから、複合グラフだけではなくいろいろな場面で離れたセルを一度に選択したいときには、キーボードのCtrlキーを押しながらクリックまたはドラッグすることもお伝えしました。

複合グラフを使うことはあまりないかもしれませんが、今回のサンプルのように離れた位置にあるセルを対象にグラフを作成することはよくある操作です。

Excelというソフトは計算がメインだと思われがちですが、グラフも作成できるのでいろいろなデータをグラフにしてみると、数値だけでは伝わりづらいことも伝わるかもしれません。

著者情報
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています