【Excel2016】ページ番号を入れるには

この記事は約3分で読めます。

昨日書いた記事「【Word2016】ページ番号を表紙に入れない方法」を読んだ方からお問い合わせいただいたのが「Excel2016でのページ番号の入れ方」。

Excel2016で複数ページを作成することは少ないかもしれないので、ページ番号を入れることは少ないかもしれませんが、Excel2016でもWord2016と同じようにページ番号を入れることができます。

スポンサーリンク

Excel2016でページ番号を入れる方法

Excel2016でヘッダー、フッターを操作するには

ひとつ確認しておいてほしいのがWord2016だと上下の余白部分にヘッダー・フッターの領域が表示されていますが、Excelには余白部分がありません(正確にはありますが、操作画面上では確認できないということ)ので、画面表示を切り替え、ヘッダーとフッターの領域を表示させてからページ番号を入れることになります。

ヘッダーとは用紙の上の余白部分のことを指し、フッターとは用紙の下の余白部分のことを指します。

Excel2016でヘッダーとフッターを操作するには、「表示」タブをクリック→「ページレイアウト」ボタンをクリックします。

ページレイアウトに切り替えると下の画像のように「ヘッダーの追加」、「フッターの追加」という領域が追加されます。

Excel2016で用紙の下にページ番号を挿入する

「フッターの追加」をクリックします。

「フッターの追加」と書いてある枠の左右には何も入っていない枠があります。今回はページ番号なので用紙の真ん中になるように「フッターの追加」と表示されている枠を使いますが、必ずそうしなければいけないということではありません。

「ヘッダーとフッター」タブをクリック→「ページ番号」ボタンをクリックします。

「&{ページ番号}」と表示されたのを確認します。

任意のセルをクリックしてフッター操作を終了します。

フッターの操作が終了させたら、「表示」タブをクリック→「標準」ボタンをクリックして通常の操作画面に戻しておきましょう。

「ファイル」をクリック→「印刷」をクリックするとページ番号が入っているのが確認できます。

Excelのヘッダー、フッターに入れるのはページ番号以外に以下のものがあります。

Excel2016でページ番号を入れる方法のまとめ

Excel2016でページ番号を入れる方法をご紹介しました。Wordとは異なり、Excelは操作画面では余白の確認ができません。「ページレイアウト」表示に切り替えればヘッダーとフッターの操作を行うことができることをお伝えしました。

また、Excel2016ではヘッダーとフッターにボタンひとつで入れられるのはページ番号以外にもいろいろありますし、そのほかの文字を入力すればすべてのページの上、または下に共通した文字や画像を入れることができます。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのエクセル教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました