Excelの印刷設定は使えます!

HarinathR / Pixabay

Excelはデータを入力した後、印刷設定を行います。このExcelの印刷設定、使えます!

スポンサーリンク
レクタングル広告大

小さな表は拡大印刷がおすすめ。

Excelには基本的に用紙設定の概念がありません。ページレイアウトでA4サイズを選択すると画面上のセルが点線で囲まれますが、そのままの印刷になるので小さな表だと用紙の左上にちょこんと印刷されてしまいます。

Excel2016の場合、ファイル→印刷へと進み、設定の中にある「拡大縮小オプション」をクリックします。

少し大きく印刷したいのであれば、「拡大縮小印刷」の「拡大/縮小」の%数値を上げます。

用紙から少しだけはみ出してしまう表を1枚の用紙に印刷したいなら

上の例とは逆に少しだけはみ出してしまった表を印刷したい場合は、「拡大縮小なし」をクリックして「シートを1ページに印刷」をクリックするとはみ出すことなく用紙1枚に印刷できます。

1つの表が2ページ以上の印刷になるなら印刷タイトルを設定しておこう

1つの表、たとえば名簿など表に入っている項目を2ページ目以降にも印刷させることができるのが印刷タイトルです。

「ページレイアウト」タブをクリックし、「印刷タイトル」ボタンをクリックします。

どのページにも印刷したい行を行番号で指定します。例の場合は1行目のみですが、複数行でも選択可能です。複数行の場合は行番号の上でドラッグします。

複数ページにわたる表ならページ番号を入れておこう

印刷タイトルを設定したついでに、複数ページの印刷なのでページ番号も設定しておきましょう。「ヘッダー/フッター」タブに切り替えます。

「フッター」の「指定しない」横の▼をクリックし、「1ページ」をクリックするとページ番号を印刷することができます。

作成した表が左側に寄っているのをページの横幅中央に印刷したいなら

Excelは左上から表を作成しますが、中にはA列を使用せずB列から表を作成する人がいらっしゃいます。たぶん、印刷する段階で作成した表が左上に寄っているのを横幅中央に印刷したいから、A列を使って調整しているのだと思いますが、この操作をしなくても以下の操作をすれば左上から作成した表でも横幅中央に印刷することができます。

ファイル→印刷へと進み、設定の一番下にある「ページ設定」をクリックします。

「余白」タブをクリックし、「ページ中央」の「水平」にチェックを入れてOKボタンをクリックすれば、用紙の横幅中央に表を印刷することができます。

表の中で印刷したいところだけを印刷するなら

Excelは印刷範囲を設定することができます。印刷したい範囲を選択した状態にして「ページレイアウト」タブをクリック→印刷範囲ボタンをクリック→「印刷範囲の設定」をクリックします。

印刷範囲の設定が要らなくなったら、同じ操作で「印刷範囲のクリア」を設定すればすべての表が印刷できます。

パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。




スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする