Excel2016の列番号が数字になってしまった!

Excel2016の画面は、ワークシートという枠がたくさん並んでいるところを使って計算式を入力したり、表を作成したりします。

このワークシートの縦方向には「行番号」、横方向には「列番号」がありますね。そのうちの列番号は、通常アルファベットで表されています。

が、ある日突然、アルファベットで表されているはずの列番号が数字で表されるようになってしまったら…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Excel2016の列番号が数字になってしまった!

結論から言うと、列番号がAではなく1から始まっていても動作自体に問題はありません。

が、テキストなどを見るとほとんどの場合、列番号はAから始まっているので混乱するかもしれません。

列番号がアルファベットの場合と数字の場合の違いについて

Excel2016のワークシートの一番左上のマス(セルと呼びます)は、列番号がAから始まる場合は、A列の1行目という意味で「A1セル」と呼びます。

列番号が1から始まる場合は、1列の1行目という意味で「R1C1セル」と呼びます。ちなみに「R」とは「ROW(行)」の頭文字、「C」とは「COLUMN(列)」の頭文字を表します。

ちなみに赤枠で囲ってある部分は、名前ボックスと呼ばれていて、選択しているセルの名前(セル番地)が表示される領域なのですが、名前ボックスに入っている文字列が「R1C1」になっていることで、R1C1参照と呼ばれる参照方式になっていることが分かります。

Excel2016の列番号を数字ではなくアルファベットに変更するには

では、このR1C1参照をやめて一般的な参照方式になるように変更する方法を書いておきます。

まず、ファイル→オプションへと進みます。

画面が別に開いてくるので、左側のメニューから「数式」をクリックします。

数式の処理というところにある「R1C1参照形式を使用する」にチェックが入った状態だと列番号は「1」から始まる参照方式ということになるので、チェックを外してOKボタンをクリックします。

これで、列番号はAから始まる参照方式に変更することができました。

Excelの列番号がある日突然アルファベットではなく数字になってしまったときの対処法についてのまとめ。

Excelでは列番号と行番号は計算式の設定の時には必ず使用します。その列番号がある日突然、アルファベット表記ではなく数字表記に変わってしまったら驚いてしまいます。

今回、なぜExcelの列番号がアルファベット表記から数字表記になってしまったのかは分かりませんが、上の方法でアルファベット表記、または数字表記に切り替えられるということをご紹介させていただきました。

関係ないかもしれないのですが、このExcelの列番号がアルファベット表記から数字表記になってしまったタイミングがWindows10の大型アップデートをインストールした後でした。

万が一、Excelの列番号が数字表記になってしまってもExcelの動作自体には問題はありません。が、やはりアルファベット表記のほうがいい、というときには上の方法を使って設定を変更してみてくださいね。

著者情報
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています