【Excel】先頭に入力した「0」が消えた?!何度入力しても先頭の「0」が表示されないのはなぜ?

高齢者のためのエクセル教室
この記事は約4分で読めます。

先生!「0(ゼロ)」を何回入力しても消えるんや!

と。画面を見せてもらうと、Excelで会員名簿を作成されていたのですが、携帯電話番号を入力すると先頭の「0」が消えるのです。

スポンサーリンク

Excelで何度入力しても先頭の「0」が表示されないのはなぜ?

Excelで、携帯電話番号(09012345678)と入力し、Enterキーを押してセルを確定してみます。

確かに先頭の「0」が消えてしまいました。

では、1つ下のセルに同じ携帯電話番号をハイフンを入れて(090-1234-5678)入力し、Enterキーを押してセルを確定してみました。先頭の「0」はちゃんと表示されていますね。

上に入力したものと下に入力したものを比べてみて、違いに気が付くでしょうか。セルの幅を少し広げてみると違いが分かりやすくなります。

セルの中の携帯電話番号の位置が違いますね。

携帯電話番号をハイフンなしで入力するとセルの右側に寄っていますが、ハイフンありで入力するとセルの左側に寄っています。これは、この数値が計算対象になる「数値」なのか、計算対象にならない「文字列」なのかという違いです。

Excelは計算が得意なソフトなので、先頭に「0」を入力しても、「0」はその桁数が「0」であるということになり、計算対象とはみなされずに表示されません。

携帯電話番号や固定の電話番号などをハイフンありで入力すれば、それは計算対象とはならずに先頭に入力した「0」も表示されます。

では、ここで携帯電話番号をハイフンなしで入力しても先頭の「0」を表示するにはどうすればいいかをご紹介します。

Excelで先頭の「0」を表示させるには

まず、携帯電話番号をハイフンなしで入力したいセルを選択した状態にします。

次に、「ホーム」タブをクリック→「書式」ボタンをクリック→「セルの書式設定」をクリックします。

携帯電話番号をハイフンなしで入力しても先頭の「0」を表示するには

セルの書式設定画面で分類の中から「ユーザー定義」をクリックします。

右側の種類の中にある「G/標準」を削除します。

携帯電話番号の桁数と同じだけ「0」を入力(11個)し、OKボタンをクリックします。

設定が終わりましたので、表示形式を変更したセルに携帯電話番号をハイフンなしで入力してみます。

ハイフンなしで入力しても先頭の「0」がちゃんと表示されるようになりました。

ハイフンなしで入力してもハイフンを表示させるように設定することができる

これなら先頭の「0」は消えんな!!

と喜んでいただけたのですが、他の生徒さんから

先生、やっぱりハイフン入れたほうが携帯電話番号の区切りが分かりやすいんとちゃう?

いや、いちいちハイフンいれるんは面倒やで!

と。

実は、ハイフンを入力しなくてもハイフンを表示させることが、上の操作を応用すればできるんです。

携帯電話番号をハイフンなしで入力してもハイフンが表示されるようにするには、設定したいセルを選択した状態で「ホーム」タブをクリック→「書式」ボタンをクリック→「セルの書式設定」をクリックします。

セルの書式設定画面で分類の中から「ユーザー定義」をクリックし、右側の種類の「G/標準」を削除したあと、「000-0000-0000」と入力してからOKボタンをクリックします。

実際にハイフンなしで入力してもハイフンで区切られるようになるのか試してみます。書式設定を変更したセルに「09012345678」と入力し、Enterキーを押してセルを確定させます。

うまく、ハイフンが表示されるようになっているでしょうか。

【Excel】先頭に入力した「0」が消えた?!何度入力しても先頭の「0」が表示されないのはなぜ?のまとめ

Excelでは数値だけを入力するとき、先頭に「0」を入力しても表示されません。これは計算対象となる数値であるため、先頭の「0」を省略しているからです。

先頭の「0」を表示させるには、セルの書式設定にある「表示形式」を「ユーザー定義」に変更することで表示させられるようになります。

また、携帯電話番号や郵便番号など桁数や区切りが定型化されているものなら、セルの書式設定にある表示形式を変更して、ハイフンなしで入力してもハイフンが表示されるようにすることができます。

タイトルとURLをコピーしました