【Excel】日付を元に曜日を自動入力したい

この記事は約3分で読めます。

Excelを使ってスケジュールを管理している人から、日付を入力してあるセルを参照して曜日を自動で入力できないかと質問されました。

Excelの関数を使えば、日付を入力したセルを元に曜日を自動で入力することができます。

スポンサーリンク

Excelで日付の入ったセルを参照して曜日を自動入力する方法

まずは日付を入力します。Excelで日付を入力するには「〇/〇」と入力します。1月1日と入力するには、「1/1」あるいは「1-1」と入力しセルを確定させると入力できます。

日付を1ヶ月分入力するには、先ほど入力して確定したセルをもう一度選択し、セル右下にある■(フィルハンドル)にマウスポインタを合わせて下方向あるいは右方向へドラッグします。

フィルハンドルをドラッグしている間、吹き出しが表示されるので1月31日と表示されるまでドラッグしましょう。

入力した日付を参照に「TEXT」関数を使って曜日を自動入力する

日付の入ったセルの右隣りに曜日を自動入力できるように、曜日を自動入力したいセルをクリックしてから関数を挿入します。

日付の入ったセルを参照して曜日を自動入力するために使う関数は「TEXT(テキスト)」です。

関数の中でよく使う関数は、「ホーム」タブの中にある「オートSUM」ボタン横にある▼をクリックすれば見つけられますが、「TEXT」関数は表示されません。

「オートSUM」ボタン横にある▼をクリックしても使いたい関数が見つからないときは、一番下の「その他の関数」をクリックして、使いたい関数を探す画面を開きます。

関数の挿入画面で、「関数の分類」横にある▼をクリック→「文字列操作」をクリックします。

「関数名」の中にある「TEXT」関数を見つけたら選択(クリック)してOKボタンをクリックします。

関数名は、アルファベット順に並んでいます。

関数の引数画面には、値と表示形式という枠がありますのでそれぞれ入力していきます。

関数の引数とは、関数を使って計算するために必要な情報のことをいいます。

値の枠内にカーソルがあることを確認してから、日付の入ったセル(例では1月1日と入力されているセル)をクリックすると、値の枠内にセル番地が入力されます。

次に、表示形式の枠内をクリックしカーソルを表示させてから、キーボードを使って「”aaa”」と入力し、OKボタンをクリックすると曜日が入力されていると思います。

関数を挿入するときは日本語入力モードをオフにしておきましょう。また、「”(ダブルクォーテーション)」はキーボードのShiftキーを押しながら「2」を押せば入力できます。

1月2日以降の曜日も自動入力できるようにしたいので、関数をコピーします。

関数のコピーは、先ほど使ったフィルハンドルを必要なセルの数だけドラッグしますが、今回は、左側に日付が入ったセルがあるので、曜日が自動入力されたセル(例だとB1)を選択し、右下にあるフィルハンドルにマウスポインタを合わせてダブルクリックすればOKです。

これで日付を参照して曜日を自動入力させることができました。

このままでもいいのですが、曜日を中央に揃えると見栄えがよくなります。

スポンサーリンク

日付が入ったセルを参照して曜日を関数を使って自動入力する方法、のまとめ

日付が入ったセルを参照して曜日を自動入力する、「TEXT」という関数をご紹介しましたが、関数を使わずに、カレンダーなどを見て「月」と入力したセルのフィルハンドルにマウスポインタを合わせて下方向あるいは右方向へドラッグしても曜日は入力できますので、自分がやりやすい方法で曜日を入力していただければ、と思います。

タイトルとURLをコピーしました