スポンサーリンク

Wordで写真を並べて配置するなら「表」を使うときれいに配置できます

Wordで写真を横並びにきれいにレイアウトしたいときは表を使うとうまくいきます。写真を使ったレポート作成にも応用できます。

記事を読む

別の年賀状作成ソフトで作成した住所録を使えるようにするには

2019年用の年賀状は11月1日発売されます。この一年間にパソコンを買い替えた人、住所録の移行は終わっていますか?筆ぐるめで作成した住所録の移し方についてご紹介しています。

記事を読む

Excelの「印刷範囲」を使えばシートの一部だけを印刷できる

Excelの印刷設定のひとつ「印刷範囲」は印刷するたびに設定するものではありません。この印刷設定が原因で印刷しても白紙が出てくる、そんなことがあるのです。

記事を読む

Excel2016でひとつのグラフに折れ線グラフと棒グラフを入れられる「複合」グラフの作り方

Excelでは折れ線グラフと棒グラフをひとつのグラフに収めた「複合グラフ」を作成することができます。データの比較がしやすいこの複合グラフの作り方をご紹介しています。

記事を読む

Excel2016でのセルの選択方法あれこれ。知っていれば効率が上がるかも。

Excelの操作に手間取る理由のひとつに、セルの選択が思い通りにならないということがあります。Excelは選択するときのマウスポインタの形の変化に注目!してみましょうという記事です。

記事を読む

「名前をつけて保存」「上書き保存」「別名保存」の使い分け

パソコン操作のひとつに「保存」があります。この保存には3つの保存方法があることをご存知でしょうか。 名前をつけて保存、上書き保存、別名保存。これらを目的に合わせて使い分けられるとパソコン操作全体が効率良くなります。

記事を読む

Excelの罫線設定。どこにどんな線を引くのかを細かく設定することができる。

Excelには最初から枠線が表示されていますが、この枠線は通常印刷はせず、新たに必要な範囲にだけ罫線を引くのが一般的な操作です。Excelの罫線設定についてご紹介しています。

記事を読む

スマホで撮影した写真をOneDriveを使ってパソコンへ取り込もう

スマホとパソコンをケーブルでつないで写真を取り込む方法を使わずに、オンラインストレージである「OneDrive」を使う方法があります。

記事を読む

かんたんスマホを買おうか迷っているという相談を受けて

携帯電話各社から出ている普通のスマホに比べて操作画面が分かりやすく大きくなっている「かんたんスマホ」。 操作のしやすさというより、誤った操作をしづらいというのが近いかなと思うこの「かんたんスマホ」を買おうかという高齢者の相談に答えました。

記事を読む

「もしも~だったら」。条件を指定して仕分ける関数「IF」について

もしも60点以上取れたら「合格」と別のセルに表示させたいときなどに使用する「IF」関数。この「IF」関数は「もしも~だったら●●、そうではなかったら××」といった条件をつけて情報を仕分けることができる関数です。

記事を読む