パソコンが反応しなくなった、フリーズしたときに試してみてほしいこと

高齢者とパソコントラブル
この記事は約5分で読めます。

パソコンを使用中に急に画面がうっすら曇ったようになって、マウスポインタがクルクル回ったままになり操作できなくなることがあります。この状態を「フリーズ」と呼んでいますが、パソコンがフリーズしてしまったときはどうすればいいですか?と質問されることがあるので、パソコンが反応しなくなった、フリーズしたときに試してもらいたいことをまとめておきます。

スポンサーリンク

パソコンがフリーズしたときに試してもらいたいこと

パソコンをフリーズしたときは電源を切ったり電源ケーブルを抜いたりしないようにしましょう

パソコンがフリーズしたかを確認しよう

パソコンを使用中、画面がうっすら曇ったようになったり、画面のタイトルバーに「応答なし」と表示されたり、通常矢印の形になっているマウスポインタが回転したままになったりすることを「フリーズ」と呼びますが、画面がうっすら曇ったようになったりマウスポインタが回転したままになっていても即フリーズとは判断できないことのほうが多いです。

というのも、パソコンというのはいろいろな処理を同時に行っていますので、それぞれの処理の息が合わないというか1つの処理は済んだけれど他の処理が追い付かないような、すべての処理が済むまで待機している状態でもフリーズしたように見えることがあります。

複雑な処理を同時に行うと応答なしと表示されたり、フリーズしてしまったりするのは、パソコンのスペックによるところが大きいです。

パソコンが本当にフリーズしているかというのはどこで判断できるかというと、パソコンのアクセスランプが点灯していないこと、パソコンの動作音が聞こえない(最近は静音設計のパソコンが多いので分かりづらいかもしれない)ことなどが挙げられます。

フリーズの原因になっているソフトを終了させる、「タスクの終了」を使ってみる

フリーズの原因となっている、もしくは応答なしになっているソフトを強制終了できるかを試してみます。

画面上でマウスポインタが動作しているようであれば、マウスポインタをタスクバー(画面の一番下にあるスタートボタンのあるバー)にマウスポインタを合わせて右クリック→「タスクマネージャー」にマウスポインタを合わせてクリックします。

「応答なし」と表示されているソフトをクリック→「タスクの終了」をクリックすれば、フリーズしているソフトを終了させることができます。

万が一、マウスポインタが動かない、または反応しない場合、キーボードでも操作可能です。キーボードのCtrlキー(ESCキーの場合もある)とAltキーを押しながらDeleteキーを押すとタスクマネージャーを選択できる画面が開くのでキーボードの矢印キーを押してタスクマネージャーを選択し、Enterキーを押せばタスクマネージャーを起動できます。
また、ノートパソコンであればタッチパッドが使えるかもしれません。タッチパッドを操作してマウスポインタが動作するかを確認してください。

応答なしのソフトが終了させられないときは「Windowsのシャットダウン」を試そう

ほとんどの場合、上の操作でタスクマネージャーを使ってフリーズしたソフトを終了させれば、フリーズ状態は解消されますが、何らかの理由で応答なしになっているソフトを終了させらないときは、Windowsを強制終了させてみます。

キーボードのCtrlキーとAltキーを押しながらDeleteキーを押して画面を切り替え、画面右下にあるシャットダウンボタンをクリック→「シャットダウン」をクリックします。

操作中、「強制的にシャットダウン」と表示されたら「強制的にシャットダウン」を選択してください。ただし、強制的にシャットダウンを選択すると作業中のものは保存されません。それは困る!と思われるかもしれませんが、ここはフリーズを解消することを優先してください。

シャットダウンの操作が完了すれば、パソコンの電源が落ちます。電源が落ちたのを確認し、10分ほど置いてパソコンの電源を入れ、正常に起動するかを確認してください。

パソコンがフリーズしたときの最終手段はパソコンの強制終了

もし、タスクマネージャーも使えない、Windowsの強制終了もできない、またはマウスやキーボードが使えないなら、最終手段としてパソコンの電源ボタンを使ってパソコンを強制終了させます。

パソコンの電源ボタンを使ってパソコンを強制終了させるときは、ハードディスクのアクセスランプがチカチカしていないか、パソコン(ハードディスク)の動作音がしないかを必ず確認してください。チカチカ、または動作音が聞こえている場合はそのまましばらく様子を見てください。

パソコンの電源ボタンを使って強制終了させるには、パソコンの電源ボタンを4秒以上押します。

このとき、必要以上に力を入れてパソコンの電源ボタンを押さないようにしてください。最悪の場合、電源ボタンが壊れ、修理が必要になることがあります。

パソコンのフリーズが頻発するようになったら大事なファイルをバックアップしておこう

パソコンのフリーズが頻発するようになったら、パソコンの状態があまり良くないと考えられるので、早急に大事なファイルをバックアップ(DVD-RやCD-R、一時保存先としてUSBメモリ)しておきましょう。

他にも、インターネット上で利用しているIDやアカウント、パスワードなどもメモしておくなり、バックアップするようにしましょう。また、メールソフトの設定やメールアドレスもバックアップできるならしておくようにする、メールソフトの設定に必要な事項がすぐに手に取れる場所にあるかも確認しておきましょう。

パソコンが反応しない、フリーズした時の対応についてまとめ。

パソコンを長期間使用していれば何かしらの不具合が発生するのは仕方ありません。ただし、パソコンがフリーズしやすいという場合、同時に複数のソフトを起動させ操作しているなら使い方を工夫してもらったほうがいいかもしれません。

大事なファイルは定期的にバックアップしておいたほうが万が一のときに慌てなくても済みます。一時的な保存であればUSBメモリでも構いませんが、長期的な保存であるならDVD-RやCD-R、または外付けハードディスクなどにバックアップしておかれたほうがいいと思います。

最近のパソコンには、パソコンメーカーが準備したバックアップソフト(富士通のFMかんたんバックアップやNECのおてがるバックアップなど)が入っていることがありますので、取扱説明書などに目を通していただいて、ソフトが入っているならその設定を行っておくようにしましょう。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者とパソコントラブル
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました