ネットで買って店頭のレジで受け取ることができる「店頭受取」を使って再配達を減らそう

高齢者とインターネット
この記事は約5分で読めます。

高齢者を対象としたパソコン教室で講師を10年ほど担当していますが、パソコン教室に通いたいと思った理由として挙げられるのが「インターネットを使って買い物ができるようになりたい」です。

ネットショッピングって楽しそうだし便利そう。だけど、いろいろ不安を抱えていらっしゃるのも事実です。

そこで、ネットショッピングに対して高齢者はどんな不安を感じているのかを授業で聞いてみると

  • たくさん商品が並んでいるけれど実際に商品を見ていないので不安
  • 住所や氏名などを入力するが個人情報の漏えいが心配
  • 毎回、個人情報を入力するのが手間
  • クレジットカード払いしかないところもある
  • 不在にしがちなので再配達を依頼するのが面倒
  • 注文したものがちゃんと届くのかが心配

というのが多かったです。高齢者に限らず初めてネットショッピングで買い物をするときには感じる不安ですね。

わたしも仕事をしているので家を空けがち。時間指定を使えばいいのですが、それでもその時間に急用が入ってしまって不在になってしまうのが気がかりでした。

わたしがよく利用するネットショッピングは「Amazon」というところです。昔は書籍販売に特化していたネットショッピングですが、今では生活用品なども購入できるようになったので、店頭で買うには重い物や大きな物は「Amazon」で購入するようにしています。

パソコン教室に通う生徒さんにもこの「Amazon」はよく知られていて、ホームページを見たことがあるという人は多かったです。

そんな話をしていると、ある生徒さんから

先生はどんな買い方してるの?クレジットカードとか使わないと買い物できないんでしょ?

と質問が。

家の近所のコンビニで商品を受け取って代金を払ってるよ

と言うと、どうやって買えばいいのかやり方を教えてほしいという声が…。というわけでAmazonで商品を購入しコンビニで購入代金を支払い商品を受け取る方法をご紹介しました。

スポンサーリンク

Amazonで商品を購入し、指定したコンビニで代金を支払い商品を受け取る方法

Amazonに会員登録すれば、アカウント(メールアドレス)とパスワードを入力するだけでよくなり、住所や氏名などの個人情報を入力する手間が省けます。

Amazonで商品を「カートに入れる」

Amazonのホームページでほしい商品を見つけたら、画面内にある「カートに入れる」ボタンをクリックします。

ほしい商品をカートに追加したら、「レジへ進む」ボタンをクリックします。

商品を受け取るコンビニを指定し、コンビニのレジで支払う設定を行う

ここから、どうやって配達するか、支払い方法はどうするかを設定していきます。

Amazonに会員登録していると、住所や氏名などは入力された状態ですが、「お届け先住所」の下に「店舗受取もご利用いただけます」とあるので「選択」をクリックします。

店舗受取が可能な店舗(コンビニ)が登録している住所を元にリストアップされていますので、その中から受け取るコンビニを選択してもいいし、自分が受け取りたいコンビニがリストになければ住所などを入力して検索することで選択できます。

商品を受け取りたいコンビニの名前の横にある「この店舗に送る」ボタンをクリックします。

お届け先が指定したコンビニになっていることを確認して「次に進む」ボタンをクリックします。

次に、コンビニで購入代金を支払うようにします。

Amazonの支払い方法をコンビニ支払いにするには、「支払い方法」の横にある「変更」をクリックします。

一覧から「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」を選択し、「次に進む」ボタンをクリックします。

お届け先住所が指定したコンビニになっていること、支払い方法が「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」になっているのを確認したら、「注文を確定する」ボタンをクリックします。

これで、Amazonで商品を注文することができました。Amazonに登録しているメールアドレスに注文完了のメールが届きますので確認しておきましょう。

コンビニに商品が到着したら、コンビニの店頭にある端末を操作しレシートを発行してレジへ

数日後、指定したコンビニに購入した商品が到着すると、再びAmazonに登録しているメールアドレスに「店舗到着済:受取方法をご案内します」という内容のメールが届きます。

「店舗到着済:受取方法をご案内します」という内容のメールには「認証キー(お問い合わせ番号と認証番号)」が記載されています。

この「認証キー(お問い合わせ番号と認証番号」を用いて、商品が到着したコンビニの店頭にある端末(ファミリーマートなら「Famiポート」、ローソンは「LOPPI」)を操作し、レシートを発行します。
参考 Amazon.co.jp ヘルプ:コンビニ端末の操作方法

あとは、そのレシートを発行してから30分以内に商品が到着したコンビニのレジに持っていき、代金を支払い、商品を受け取ります。

スポンサーリンク

書籍やコミック、雑誌なら書店で受け取ることができるe-honもお勧めです

Amazonは日用品から食品、おもちゃなどなんでも揃っていますが、書籍や雑誌だけというのであれば書籍を取り扱う大手「トーハン」が運営している「e-hon」もおすすめです。

e-honなら、書籍やコミック、雑誌をネットで注文すると自分が指定した書店で受け取ることができます。支払いはその書店の店頭レジで行うのでクレジットカード番号や口座番号などを伝える必要はありません。

e-honなら一冊から注文できますし、購入した書籍やコミック、雑誌は書店に入荷する商品と一緒に搬入されるため、送料がかからないようになっています。

e-honの詳しい使い方については別の記事にまとめました。

店頭に並んでいない本はネットで注文して書店で支払い・受け取りができる「e-hon」がおすすめ。
ネット注文で何かを購入するとき、クレジットカードが銀行振込を使うのは個人情報を適切に預かってくれるかという心配がありますね。e-honならネットで注文した本をお近くの書店で受け取り、支払うことができます。

ネットで買って店頭で受け取る「店頭受取」について、まとめ。

ネットショッピングで買った商品を店頭で受け取るサービスを使えば、荷物が届くからと家に居る必要がなく、指定された期間中に店頭に行き商品を受け取ることができるので再配達を減らすことができます。

また、購入代金も店頭で支払うことができるのも安心してもらえるひとつかなと思います。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者とインターネット
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました