ネットで買って店頭のレジで受け取ることができる「店頭受取」を使って再配達を減らそう

高齢者とインターネット

インターネットを使えるようになりたいという高齢者の中には「インターネットで買い物ができるようになりたい」というのが動機としてよく挙げられます。

スポンサーリンク

高齢者に聞く「ネットショッピング」に対する不安

インターネット上で買い物をする「ネットショッピング」について授業を行うと必ず挙がるのが

  • 安全なサイトの見分け方
  • クレジットカードでの支払いが不安
  • 商品を手に取って見られないのが不安
  • 個人情報をたくさん入力する意味が分からない
  • 家にいないことが多く再配達の依頼をするのが申し訳ない

などです。

ネットショッピングに関して注意しておいてもらいたいことはネットショッピングをするときにチェックしてほしいことにまとめましたが、中でも再配達に関しては自分が指定したコンビニで受け取ることができる「コンビニ受け取り」に対応したショッピングサイトについて今日はご紹介したいと思います。

ネットショッピングサイト「Amazon」はコンビニ受け取りが可能

わたしはAmazonというショッピングサイトをよく利用します。特に仕事からコンピュータ関連の書籍をよく読むのですが、なかなか書店で扱っているところが少なく手に入れるのに苦労しています。

以前は書籍を扱うのが中心だったAmazonですが、最近では日用品や食料品なども種類豊富に扱うようになったことから、パソコン教室の生徒さんの中にも「使ってみたい」と話題に上るようになりました。

ただ、商品購入時に受け取れる時間を指定したにも関わらず、急用ができてその時間に家にいられなくて不在通知を受け取ることがたまにあって。何度も配達していただくのが申し訳ないと思っていました。

そんなとき、Amazonがコンビニ受け取りに対応したと耳にし、欲しかった書籍があったのでAmazonで購入した書籍をコンビニ店頭で受け取ってみることにしました。

まず、Amazonでほしい商品を見つけて「カートに入れる」ボタンをクリックします。

他にもほしい商品があれば上にある検索ボックスで検索し、「カートに入れる」作業を繰り返します。

ほしい商品をカートに入れることができたら画面上にある「カート」をクリックするか、ページ上に表示されている「レジへ進む」ボタンをクリックします。

Amazonでコンビニ受け取りをするには、住所(今回は登録している住所ではなくコンビニを指定する)を変更する必要があります。

「お届け先住所」の下に「店舗受取もご利用いただけます」という文字が見えますので、「選択」をクリックします。

画面が変わり、会員情報に登録した住所から近くで商品を店頭で受け取ることのできるコンビニの一覧が表示されるので受け取りやすいコンビニの「この店舗に送る」ボタンをクリックします。

お届け先が指定したコンビニになっていることを確認して「次に進む」ボタンをクリックします。

これで、Amazonで購入した商品を指定したコンビニで受け取る設定ができました。

Amazonでは複数の支払い方法が選択できるようになっていますが、コンビニで支払うこともできます。

Amazonの支払い方法をコンビニ支払いにするには、「支払い方法」の横にある「変更」をクリックします。

一覧から「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」を選択し、「次に進む」ボタンをクリックします。

お届け先と支払い方法を確認し、「注文を確定する」ボタンをクリックすると注文が確定され、発送準備に入ります。

商品がコンビニに到着するとAmazonに登録しているメールアドレスに商品が到着したというメール(店舗到着済:受取方法をご案内します)が届きます。

メールには認証キー(お問い合わせ番号と認証番号)が記載されています。

コンビニにある端末(ファミリーマートは「Famiポート」、ローソン・ミニストップは「LOPPI」)に認証キーを入力すると端末からレシートが発行されますので、それをレジに持っていきます。

コンビニの端末で操作後、30分以内にレジまで持っていかないとレシートが無効になるので注意してくださいね。

コンビニの端末方法については以下のページに詳しく掲載されています。
Amazon.co.jp ヘルプ:コンビニ端末の操作方法

スポンサーリンク

書籍やコミック、雑誌なら書店で受け取ることができるe-honもお勧めです

Amazonは日用品から食品、おもちゃなどなんでも揃っていますが、書籍や雑誌だけというのであれば書籍を取り扱う大手「トーハン」が運営している「e-hon」もおすすめです。

e-honなら、書籍やコミック、雑誌をネットで注文すると自分が指定した書店で受け取ることができます。支払いはその書店の店頭レジで行うのでクレジットカード番号や口座番号などを伝える必要はありません。

e-honなら一冊から注文できますし、購入した書籍やコミック、雑誌は書店に入荷する商品と一緒に搬入されるため、送料がかからないようになっています。

e-honの詳しい使い方については別の記事にまとめました。

「オンライン書店e-hon」なら注文はネットで、受け取り・支払いは店頭で。
ネット注文で何かを購入するとき、クレジットカードが銀行振込を使うのは個人情報を適切に預かってくれるかという心配がありますね。e-honならネットで注文した本をお近くの書店で受け取り、支払うことができます。

ネットで買って店頭で受け取る「店頭受取」について、まとめ。

ネットショッピングで買った商品を店頭で受け取るサービスを使えば、荷物が届くからと家に居る必要がなく、指定された期間中に店頭に行き商品を受け取ることができるので再配達を減らすことができます。

また、購入代金も店頭で支払うことができるのも安心してもらえるひとつかなと思います。

お問い合わせ・ご質問はこちらから
投稿に関するお問い合わせやご質問はメールフォームからお願いいたします。
スポンサーリンク
高齢者とインターネット
スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました