Internet Explorerで「お使いのブラウザ―用にMicrosoft推奨の設定を使用する」と表示されたら

高齢者とインターネット
この記事は約4分で読めます。

仕事に出掛けようと準備をしていたらLINEの通知音が聞こえてきました。誰かと思えばパソコン教室の生徒さんからパソコンの画面を撮った写真が送られてきました。

スポンサーリンク

Internet Explorerで「お使いのブラウザ―用にMicrosoft推奨の設定を使用する」と表示されたら

「お使いのブラウザー用にMicrosoft推奨の設定を使用する」という画面が強制的に開いてきたようです。

ホームページと既定の検索プロバイダーにチェックマークが入っています。よく見てみると、

  • ホームページ・・・msn.com
  • 既定の検索プロバイダー・・・bing.com

となっていて、下のほうには「保存」ボタンが。

このまま「保存」ボタンをクリックするとどうなるかというと、Internet Explorerを起動したときに表示されるホームページが「msn.com」というホームページになります。

生徒さんはInternet Explorerを立ち上げた時に表示するホームページをYahoo!JAPANにしておられたので、このまま保存ボタンをクリックしてしまうと「msn.com」に変更されてしまいます。

また、既定の検索プロバイダーというのは上の画像の右上にある「検索」と書かれた枠にキーワードを入力して検索するときに使用する検索プロバイダーを「bing.com」に設定するということなのですが、生徒さんの場合、Yahoo!JAPANで検索することが多いので「bing.com」に変更する必要もないかなと。

そこで、ホームページも既定の検索プロバイダーも変更する必要はないので両方のチェックマークを外して「保存」ボタンをクリックするようにお伝えしました。

ブラウザ―ソフトのホームページや既定の検索プロバイダーなどの変更を促す画面が表示されるタイミングは?

実は、このような画面が立ち上がってくるのはWindowsの更新プログラムを適用後によく起こります。Windowsの更新プログラムを更新するたびに…というわけではなく、大きな更新が行われたときにこのような画面が立ち上がってきます。

恐らく、生徒さんのパソコンではここ数日の間に、Windowsの大型アップデートが行われたのではないかと思われます。

ブラウザ―ソフトを立ち上げた時に初めに表示されるページは自由に変更できる

ところで、ホームページが「msn.com」になってはいけないのかというとそうではありません。ちなみに、「msn.com」とはMicrosoftが立ち上げているポータルサイトです。

Yahoo!JAPANと同じように検索もできるし、ニュースなども表示されています。検索窓にキーワードを入力して検索すると、「Bing」という検索プロバイダーを使った検索になります。これがYahoo!JAPANで検索するときとの違いといえば違いになります。

Yahoo!JAPANでの検索は「Google」を使っています。

Internet Explorerで「お使いのブラウザ―用にMicrosoft推奨の設定を使用する」と表示されたら、のまとめ

生徒さんの場合、Internet Explorerを立ち上げて最初に表示するホームページを「Yahoo!JAPAN」にされていましたので、推奨の設定の「ホームページ」と「既定の検索プロバイダー」のチェックを外しました。

Internet Explorerを立ち上げた時に最初に表示されるホームページのことを「ホームページ」と呼んでいます。Internet Explorerの上のほうに家のボタンがありますが、この家のボタンを押すと「ホームページ」へ移動することができます。

検索して表示するのもホームページじゃないの?と言われることがありますが、ホームページというのは本来、Internet Explorerなどの「ブラウザ―」ソフトを起動したときに最初に表示するページのことを言い、検索して表示することができる様々なページのことは「Webページ」と呼ぶのが一般的です。

インターネットが普及し始めたころ、様々なページのことを「ホームページ」と呼んでいた名残りが今でも残っているんですね。でも、実際はホームページではなく「Webページ」と呼び、「ホームページ」とはInternet Explorerを起動したときに初めに表示されるページのことをそう呼んでいます。

ホームページを変更しますか?というような画面が表示されても変更する必要がないのであれば、変更しないという選択を行うようにしてください。

なお、Internet Explorerなどのブラウザ―ソフトを起動したとき初めに表示するページ(ホームページ)は自分の好きなページ(Webページ)に変更することができますので、もし、意図せずホームページが変更されてしまったら以下のページを参考に元に戻してくださいね。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者とインターネット
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました