LINEの「ノート」機能って便利。だけど公開範囲には気を付けて

JESHOOTS / Pixabay

LINEでお友だちとやり取りをしている時に、あの話ってどこだっけ?って画面をうんとスクロールして遡っている人、いらっしゃいませんか?

実はLINEには「ノート」という機能があります。この「ノート」にやり取りの中で残しておきたいものを付箋でメモして貼り付けることができます。

今日はLINEのノート機能の使い方と公開範囲について書いていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

LINEのノートの使い方

これは相手がいる場合でのみ意味を持ちます。例えば、個人的なやり取りをしている人とか、グループとか。そのトーク画面上で操作します。

やり取りをしている人またはグループのトーク画面の右上にある下向き三角をタップし、「ノート」をタップします。

すると画面右下に赤い鉛筆マークが表示されます。この赤い鉛筆マークをタップすると入力画面が表示されるので入力すればOKです。

ノートには文字はもちろん、スタンプや写真を貼り付けることができます。また、ホームページのアドレスを貼り付けることもできます。

位置情報を残すこともできるので、待ち合わせ場所を貼り付けておくのもいいかもしれません。

LINEのやり取りをノートに残すには

例えば、Aさんとのやり取りの中で残しておきたいと思う事柄があったとします。その吹き出しをキューッと長押しすると、いくつかの項目が表示されます。

その中の「ノート」をタップすると、画面下に「ノート」と「キャンセル」が表示されますので、残したい場合は「ノート」をタップします。

すると、Aさんの画面に「ノートを作成しました」という通知が入ります。

ここで作成したノートは、Aさんとご自身のみ見ることができます。

これはグループ内でも同じ動作が可能です。ノートに保存しておけばいつでも確認することができます。

ノートの確認方法は、Aさんとのやり取りをしている画面の上部にある下向き三角をタップして、「ノート」をタップすれば確認できます。

タイムラインにノートを作成したことが流れた!

これが一番ややこしいんですが、タイムラインというところにわたしがAさんとのやり取りを残すために「ノート」を作ったことが表示されてしまいます。

これって一瞬ドキッとしませんか?まあ、内容にもよると思いますが。

しかし、作成したことが流れてはいますが、内容が全員に共有されているわけではないので安心してください。

このノートという機能は、その人またはそのグループ内でのみ見ることができるものです。よって、他者がそのやり取りを見ることはできない、ということですので安心してくださいね。

あまり使っている人がいないLINEの「ノート」、使えば情報共有の手間が省けます

LINEのノートを使えば、その人もしくはグループ内での情報共有の手間が省けるんじゃないかと思います。いつでも見られるように付箋を貼りつけておくような感覚で使えるLINEのノート機能について今日はご紹介しました。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする