LINEの「ノート」機能って?使い方と公開範囲について

JESHOOTS / Pixabay

LINEでお友だちとやり取りをしている時に、あの話ってどこだっけ?って画面をうんとスクロールして遡っている人、いらっしゃいませんか?

実はLINEには「ノート」という機能があります。この「ノート」にやり取りの中で残しておきたいものを付箋で貼り付けるメモのように残しておくことができます。

今日はLINEのノート機能の使い方と公開範囲について書いていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

LINEのノートを使ってやり取りの内容を残しておく方法

これは相手がいる場合でのみ意味を持ちます。例えば、個人的なやり取りをしている人とか、グループとか。そのトーク画面上で操作します。

まず、ノートに残しておきたいトーク内容をコピーしておきます。トークの吹き出しを長押しするとコピーがタップできます。

つぎに、やり取りをしている人またはグループのトーク画面の右上にある下向き三角をタップ→ノートをタップ

LINEのやり取りをしている相手またはグループの画面で右上にある▽をタップ→ノートをタップ
LINEのやり取りをしている相手またはグループの画面で右上にある▽をタップ→ノートをタップ

画面右下にある鉛筆ボタンをタップ→投稿をタップ

鉛筆ボタンをタップし投稿
鉛筆ボタンをタップし投稿

エリア内を長押し→ペースト

LINEのノートでやり取りできること

ノートには文字はもちろん、スタンプや写真を貼り付けることができます。また、ホームページのアドレスを貼り付けることもできます。

LINEのノートに投稿できるのはスマホ内の写真、今撮影した写真、スタンプと
LINEのノートに投稿できるのはスマホ内の写真、今撮影した写真、スタンプと

例えば、LINEグループのノートに、待ち合わせの場所とか時間とかいつでも確認できるようにするとか。共有したいことをメモしておくのがLINEのノートです。

待ち合わせ場所というところでは位置情報を追加することもできます。

…をタップすると位置情報も追加できる
…をタップすると位置情報も追加できる

LINEのノートの共有範囲は?

LINEのノートの内容自体は、ノートを作成したやり取り(一対一もしくはグループ)の中の人しか見ることはできません。ところが、LINEのあなたのタイムラインに「ノートを作成しました」と投稿されてしまうのです。

あなたがLINEのノートを作成したということはタイムラインに流れてしまいますが、LINEのノートに書いた内容自体はやり取りしていた人もしくはグループの人にしか見ることはできないので安心してくださいね。

LINEのタイムラインの公開範囲は自分で決めることができる

LINEのタイムラインは初期設定では、LINE上の友だちすべてに公開される設定になっています。もしも、決まった人にだけ見せたいもしくは見せたくないというのであれば、友だち個々に公開・非公開を設定することができます。

LINEのタイムラインの公開範囲設定は、LINEの設定→タイムライン→友だちの公開設定から、公開・非公開をタップするだけです。

ちなみに、このLINEのタイムラインの公開範囲設定は、設定時点でLINE上で友だちになっている人に対して公開するかしないかを設定できますが、それ以降、友だちになった人にはどうするかというのを、友だちが追加されるたびに設定するのは面倒だという場合は、LINEの設定→タイムライン→新しい友だちに自動公開の設定をオフにしておくとよいでしょう。

LINEのノートについてまとめ。

LINEのノートは、やり取りをしている友だちもしくはグループのメンバーと共有したいことをメモしておくには便利な機能です。

個人的なメモ書きをLINEのノートに入れてしまうと、やり取りをしている友だちもしくはグループのメンバーは見ることができてしまうので注意してくださいね。あくまでも共有したいことだけにしてくださいね。

関連記事 LINEを始めよう!登録するときの「名前」は本名じゃないとダメ?
関連記事 LINEの「タイムライン」ってなに?




記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする