【Microsoft Edge】PDFファイルが開かずにダウンロードされる

高齢者とインターネット
この記事は約4分で読めます。

コロナ渦で各都道府県のホームページで感染者数などの情報が共有されていますが、生徒さんから「(PDFファイルを開くためのリンクを)クリックするとダウンロードってなる。ダウンロードしないと見ることができないのか」とLINEが来ました。

この感染者数などの情報はホームページではなく、PDFファイルという形で閲覧することができるようになっているところがあるのですが、PDFファイルを見ようとリンクをクリックすると、ダウンロードしようとするらしいのです。

スポンサーリンク

Microsoft EdgeでPDFファイルを開くことができない。ダウンロードされないようにするには

基本的にPDFファイルはブラウザ(Microsoft EdgeやInternet Explorerなどのホームページを見るためのソフト)上で閲覧できるようになっているのですが、生徒さんのパソコンでは直接開くことができず、ダウンロードしてから開くようになっているようです。

生徒さんにパソコンの画面を撮影してもらいながら設定を変更してみます。

Microsoft Edgeを開き、画面右上にある「…」ボタンをクリック→「設定」をクリックし、Microsoft Edgeの画面を開きます。

 

Microsoft Edgeの設定画面は新しいタブが開くようになっています

画面左側にある「Cookieとサイトのアクセス許可」をクリックし、右側の一覧から「PDFドキュメント」を探しクリックします。

「常にPDF ファイルをダウンロード」のスライダーをクリックしてオフにします。

Microsoft Edgeの設定にあるスライダーは青くなっているとオン、白くなっていればオフとなります。上の画像は「常にPDFファイルをダウンロード」をオフにしている状態です。

これでPDFファイルへのリンクをクリックするとダウンロードせず、Microsoft Edge上で開くことができるようになると思います。

スポンサーリンク

PDFファイルとはどんなファイルのことをいう?

PDFというファイルは、印刷した状態で閲覧できるファイルのことで、PDFファイルを作成するにはPDFファイルを作成できるソフトが必要ですが、PDFファイルを見るだけならブラウザがあれば開くことができます。

パソコンだけに限らずスマホでもインストールされているソフトやアプリに依存することなく見ることができるので、インターネット上で閲覧できるファイル形式としてよく使われています。

プリンタにスキャン機能がついていれば、スキャンした資料をPDFファイルにすることができます。かさばる資料をデジタル化(PDFファイルにする)すれば、整理整頓もしやすくなりそうですね。

リンクとは?

ホームページを見ていると下線の引かれた文字にマウスポインタを合わせると、マウスポインタが指の形に変わるところがありますね。

これを「ハイパーリンク」と言いますが、略して「リンク」と言われることの方が多いです。

リンクをたどることでホームページを行き来することができるわけですが、リンクは文字だけじゃなく画像にも設定することができます。

また、ホームページの仕組みを使ってボタンのように扱うことができるようにもなっています。

Microsoft EdgeでPDFファイルをダウンロードせずにMicrosoft Edge上で開くには、のまとめ

PDFファイルはブラウザソフトがインストールされていれば開くことができるファイル形式なので、インターネットを介して配布される資料をPDFファイル形式にすることが多くなってきました。

Microsoft EdgeでPDFファイルへのリンクをクリックするとダウンロードされるようになっているのをダウンロードせずにMicrosoft Edge上で開くようにするには、設定を変更する必要があります。

PDFファイルはMicrosoft EdgeやInternet Explorerなどのブラウザ上で開くことができますが、Adobe Acrobat Reader DCという無料のPDF閲覧ソフトでも開くことができるようになっています。

ブラウザ上で開かず、Adobe Acrobat Reader DCで開きたい場合は、また別の設定が必要になりますが、これはまた別の機会に記事にできたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました