Internet Explorerのお気に入りをMicrosoft Edgeに移行する方法

最初からWindows10を購入されている方ならあまり相談されないのですが、移行される前はInternet Explorerでホームページを見ていたという方が、Windows10に移行後、お気に入りが消えた!とよく相談されます。

これは、Windows10の標準ブラウザ、つまり、すぐに起動できる状態になっているブラウザがInternetExplorerからMicrosoft Edgeというものに変わってしまったのが原因です。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Windows10の標準ブラウザはMicrosoft Edge

Windows7もしくはWindows10への移行が完了すると、既定のブラウザがInternet Explorerではなく、Microsoft Edgeに変更されています。

ちなみに画面下にあるタスクバーにブラウザのアイコンが表示されていると思いますが、ちょっとだけ見た目が違っていませんか?同じ「e」のマークに見えて色味が違うというか。

左が従来から使われていたInternetExplorer、右側がMicrosoft Edge

この一種の混乱が起きる原因のひとつは、タスクバーにあるアイコンが上の図のように変わっているのに気付かずにクリックして画面を見てビックリされる方が多いせいじゃないかと思います。

ツールバーなどのボタン表示がほとんどない

InternetExplorerはWindows10には入っていない?削除された?

え?じゃあ、InternetExplorerは無くなってしまった?Windows10に更新してしまったから削除されたの?

いえいえ、Internet Explorerは削除されたわけではありません。

タスクバーにあったアイコンが無くなってしまっただけでInternetExplorerはちゃんと残っています。

多くのパソコンでは、スタート→Windowsアクセサリの中にあるはずです。

今まで通り、タスクバーにInternetExplorerのアイコンを表示させたい方は

先ほどの操作に続いて

見つけたInternet Explorerにマウスポインタを合わせて右クリック、

その他→タスクバーにピン留めする

をクリックしてもらえば、タスクバーに今までと同じように置かれるようになります。

Microsoft EdgeにInternet Explorerのお気に入りを移行するには

先ほどの操作でInternet Explorerが無事起動できるようになったので、この操作は不要かもしれませんが、せっかく新しくなったブラウザがあるのだから使ってみようかという方は、以下の操作を行えば、InternetExplorerに登録しているお気に入りをMicrosoft Edgeに移行できます。

Microsoft Edgeを起動し、画面右上にある三本線のアイコンをクリックすると、「お気に入りのインポート」というボタンがあるのでそちらをクリック

「お気に入りのインポート」の中にある「Internet Explorer」にチェックが入っているのを確認して、「インポート」ボタンをクリック

「すべて完了しました」と表示されたら移行完了です。※この「すべて完了しました」はすぐ消えちゃいます。

ところで、「ピン留め」ってなに?

この質問もよくあります。これは、その場所から動かないようにピンで留めておく、という感じで使う操作のことです。

よく使われる場所といえば、タスクバーとかエクスプローラーとかになりますが、その場所に押しピンを使って留めておく、アイコンが押しピンみたいに見えませんか?よく使うからその場所に固定しておく、というイメージです。

Windows8時代からあった操作なのですが、Windows10ではやたらと目につくようになり、注目度が上がったのかな。

Microsoft Edgeでホームページがうまく表示されなかったら試してほしい方法

ただし、ホームページの中ではMicrosoft Edgeでは表示がずれたり、ひどいときは表示できなかったりするものがあります。その時は以下の操作でInternet Explorerを呼び出して…という操作ができますので、参考までに記載しておきますね。

Microsoft Edgeの右上にある「…」ボタンをクリック。
「Internet Explorerで開く」をクリック

Windows10のブラウザについてのまとめ。

Microsoftさんとしては新しいブラウザ「Microsoft Edge」を使ってほしいっていう気持ちがあるのかもしれませんね。

Windows10に移行する前から、パソコンのデスクトップにInternetExplorerのショートカットアイコンがあった方には「なんの話だ」っていうことじゃないかと思いますが、あるべきところにあるはずのものがない、これって相当なストレスですよね。

というわけで。

Windows10にはブラウザ(ホームページを見るためのソフト)が2つになったということをお話できたところで今日は終わりたいと思います。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする