Yahoo!プレミアムを退会したい

昨日は月に一度のパソコン相談会でした。この会は、障がい者対象となっていて、わたしが担当しているのは、聴覚障がい者と肢体障がい者の方々。

手話ができないので、手話通訳の方に同席していただいて、もうかれこれ10年近くになるでしょうか。

で、昨日のご相談のなかで気になったものがひとつ。

毎月、462円が口座から引き落とされている。身に覚えがない。※2017年6月18日現在

というもの。

ん?またなんとも細かい数字ですね…と詳細をお聞きすると、Yahoo!プレミアムの月会費だと判明。

今日は「Yahoo!プレミアムを退会したい」というご相談に対応する流れをご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Yahoo!プレミアムの退会について書かれているページが見つからない

これがなかなか見つかりませんでした。今後このようなご相談に応じることもあるかもしれないので覚え書きとしてリンクを張り付けておきます。

Yahoo!プレミアムヘルプ - プレミアムをやめたい(登録解除の方法)

この手順に沿って操作すれば退会できるだろう、その時点ではそう思っていました。

が、しかし!!この直後、衝撃的な事実が判明したのでした。

Yahoo!JapanのIDとパスワードを忘れてしまった!

あ・・・、忘れちゃいましたか・・・。じ、じゃあ、パスワードの確認してみましょうか?と言いつつ、以下のページをお見せしたところ…。

Yahoo!プレミアムヘルプ - プレミアムをやめたいけど、IDやパスワードを忘れて解除できません

メールアドレス無いの…とまたまた衝撃的な言葉を聞くことになりました。

どうやら、プロバイダを変更したか何かで以前使用していたメールアドレスは使えない(送受信できる環境がないということ)と。ということは、上記のIDやパスワードの確認ができないってことか?!

といいつつ、実際はパソコンをご持参されていなかったため、本当にメールアドレスが無くなっているのかは定かではありません。

プロバイダに確認してもらえれば解約したかどうかは分かるんじゃないかと言うと、娘さんが全部やってるからその人には全く分からないとおっしゃる。

じゃあ、娘さんに…とお聞きしようとしたら、ちょっと様子が変だったので、その方法は諦めることにしました(きっと家庭の事情があるんだろう)。

これは困ったぞ…。

緊急事態!メールアドレスが受信できなければ退会できない?!

とにかく何とかしなければ…と検索しまくっていると見つかりました。こんなページが。

有料サービス利用停止手続き申請フォーム

これはもうたぶん、最終手段に近いんじゃないでしょうか…。

パソコンをご持参じゃないので、担当者の方(主催者の方)に上のページをご紹介してこれでやってみてもらうことにしました。

いろいろと入力する欄が多くありますが、もうこれしか方法が無いのでと担当者の方にお伝えしました。

プロバイダや通信会社を変更するということは、使っていたメールアドレスが使えなくなるということ

今回の場合は特殊な例だと思いますが。

プロバイダや通信会社をコロコロと変える人がいらっしゃいますね。

これだけサービスが競争し合っている今、少しでもお得なところに移りたい、その気持ちはよーく分かります。けれど忘れていただきたくないことは「プロバイダや通信会社を変えるということは使っていたメールアドレスが使えなくなる」ということ。

メールの送受信なんてほとんどしていないし、関係ない?そういう方結構いらっしゃいます。

けれど、今回のように何かしらのサービスを利用するのにメールアドレスを使っている場合って結構あります。

例えば、ネットショッピングとか。

使っていないようで実は結構使っているのがメールアドレスです。プロバイダや通信会社を変更するということは登録やサービスの利用につかっていたメールアドレスが使えなくなるということです。

会員登録をする前に必ず退会方法について記載があるかどうかを確認するようにしましょう

実は遠い昔、友人に頼まれてメールマガジンに登録したことがありました。たぶん、登録者が少なかったからお願い、みたいな話だったと思います。

その友人がその関係者ではなくなったので、メールマガジンの配信を停止してもいいかなと思い、配信を停止する方法を探したら、無いんですよ、どこにも。

印刷までして何度も読み返しましたがどこにもない。

仕方ないのでメールフォームに配信を停止したい旨を入力し送信したところ、数日後にやっと返事が来て停止できたという経緯がありました。

メールマガジンというのは、メールを定期的に配信するサービスのことですが、通常、受信したメールアドレスの末尾に配信停止について書かれているのですが、これがまったくないという、今思えば「そりゃ、登録者増えないだろうな」と分かります。

くれぐれもこういったことのないように、登録したり、メールマガジンの受信登録をしたりするときは、その「辞め方」についてもきちんと掲載されているかをしっかり確認するようにしましょう。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする