ネットショッピングをするときにチェックしてほしいこと

geralt / Pixabay

教室の生徒さんに「パソコン買って、インターネットを繋いでやってみたいことってなんですか?」と聞くと、教室の半数の人は「インターネットでお買い物してみたい」とおっしゃいます。

インターネット上でお買い物をするためには、買い物ができるホームページを見つけて、そこに会員登録をして、商品を注文して、支払い方法を選択して~という一連の流れがありますが、ネットショッピングで商品を購入する前にチェックしてほしいところを今日は書いていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

インターネットでお買い物。注文の前にチェックしてもらいたいこと。

お店の情報が掲載されているか

そのお店の実態というんでしょうか。情報がちゃんと掲載されているか確認してください。

例えば、電話連絡の方法や誰が責任者なのかといった情報。これを掲載していないところは身元がはっきりしていないのでおすすめしません。

個人情報の取扱いについて明記しているか

次に、個人情報の取扱いについてを明記しているかどうか。

プライバシーポリシーとか個人情報の取扱いについてという名称のページがあるかどうかをチェックしてみてください。

注文に必要な情報といえば、個人情報満載ですよね。その情報をどう扱うかということを明記していないページでは買い物しないほうがいいです。

返品・交換について掲載されているか

返品・交換について明記されていないところは避けてください。どうやって返品するかとかその扱い方はどうなのかということを必ず書いておかなければなりません。

なのに、それを明記していないということは…ですね。やめておきましょう。

暗号化されているか

SSL化つまり、暗号化されていないところは個人情報が流出する可能性があるので、やめておきましょう。実は、SSL化してあると、ホームページのアドレスがちょっと変わります。

通常は、http://で始まるところが、https://になっている、これが一つの見分けどころです。違いわかりますか?

httpの後にsが付いていればこれは暗号化されていますよという合図です。

ホームページを見るためのソフト「ブラウザ」のアドレスバーを確認してもらうと下の図のような画面になっているかと思います。

※InternetExplorerの場合は、アドレスバーの錠前のマークがあれば同じ意味になります。

お支払方法が複数設定されているか

お支払方法が複数設定されているかどうかというのもチェックポイントかと思います。銀行振込だけというのは少し気になる点でもあります。

商品代金の支払い方について

お支払方法にはいくつか選択肢がありますが、ネットショッピングに慣れるまでは代金引き換えでの支払いをお勧めしています。これは商品を届けてくれた宅配業者さんに現金をお支払いする方法です。クレジットカードのお支払いのほうが便利ですが、使い過ぎたり個人情報が洩れる可能性も無くはないので、商品と引き換えに代金をお支払いする代金引換をおすすめしたいと思います。

ネットショッピングにつきものの会員登録。絶対にしなくてはいけないものなのか。

ネットショッピングで一番手間がかかるといえば氏名や住所など個人情報の入力ではないでしょうか。入力項目が多くて面倒だと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ネットショッピングをしようとすると、会員登録しませんか?という画面が表示されることはありませんか。会員登録をしなければならないショッピングサイトもありますが、必須でもないというのが現状です。

会員登録をするメリットといえば、ID(アカウントと呼ばれることもある)とパスワードを入力すれば氏名や住所などの個人情報の入力の手間が省けるという点です。

しょちゅうネットで買い物をするなら会員登録をしてもいいかもしれませんが、たまにしか利用しないかもしれないというのであれば、登録する必要はないかもしれません。

ただ中には会員登録をしなければ購入できないショッピングサイトもありますので、そのあたりはしっかりとチェックしておきましょう。

会員登録をしたら、ID(アカウント)とパスワードはしっかり管理しましょう。また、ID(アカウント)とパスワードは使いまわしをしないようにしましょう。万が一、ID(アカウント)やパスワードが漏れたときにほかのサービスに試し打ちをされて乗っ取られてしまうかもしれません。十分に注意しましょう。

まとめ。

インターネットショッピング、流通の発展によって、自宅に居ながら買い物ができる、本当に便利な社会になりました。できると便利だと思う反面、いろんな危険も増えてきているのが現状です。くれぐれも危険があるということをしっかりと認識して使うことができるようになるといいですね。

パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ




スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする