インターネットでお買い物してみたい方へ。ちゃんとチェックしてますか?

教室の生徒さんに「パソコン買って、インターネットを繋いでやってみたいことってなんですか?」と聞くと、教室の半数の人は「インターネットでお買い物してみたい」とおっしゃいます。

宅配してもらえるっていうのは大きいですし、お店の少ない地域に住んでいるとどうしても選ぶものが少ないです。選ぶというのはとても楽しいものですね。

インターネット上でお買い物をするためには、買い物ができるホームページを見つけて、そこに会員登録をして、商品を注文して、支払い方法を選択して~という一連の流れがありますが、ネットショッピングで商品を購入する前にチェックしてほしいところを今日は書いていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

インターネットでお買い物。注文の前にチェックしてもらいたいこと。

お店の情報が掲載されているか

そのお店の実態というんでしょうか。情報がちゃんと掲載されているか確認してください。

例えば、電話連絡の方法や誰が責任者なのかといった情報。これを掲載していないところは身元がはっきりしていないのでおすすめしません。

個人情報の取扱いについて明記しているか

次に、個人情報の取扱いについてを明記しているかどうか。

プライバシーポリシーとか個人情報の取扱いについてという名称のページがあるかどうかをチェックしてみてください。

注文に必要な情報といえば、個人情報満載ですよね。その情報をどう扱うかということを明記していないページでは買い物しないほうがいいです。

返品・交換について掲載されているか

返品・交換について明記されていないところは避けてください。どうやって返品するかとかその扱い方はどうなのかということを必ず書いておかなければなりません。

なのに、それを明記していないということは…ですね。やめておきましょう。

暗号化されているか

SSL化つまり、暗号化されていないところは個人情報が流出する可能性があるので、やめておきましょう。

実は、SSL化してあると、ホームページのアドレスがちょっと変わります。

通常は、http://で始まるところが、https://になっている、これが一つの見分けどころです。違いわかりますか?

httpの後にsが付いていればこれは暗号化されていますよという合図です。

ホームページを見るためのソフト「ブラウザ」のアドレスバーを確認してもらうと下の図のような画面になっているかと思います。

※InternetExplorerの場合は、アドレスバーの錠前のマークがあれば同じ意味になります。

お支払方法が複数設定されているか

お支払方法が複数設定されているかどうかというのもチェックポイントかと思います。銀行振込だけとか代金引換だけとかっていう「だけ」のところではお買い物しないようにしています。

会員登録って絶対に必要?

これはそのお店によって異なりますが、必要な場合もあるしそうじゃない場合もある。会員登録しなくても購入できるお店のほうをわたしは個人的に選ぶようになったかな。

買い物をするときにだけ必要な情報をわざわざお渡しするのは…と考える人もいらっしゃるかな。

会員登録をするメリットは、IDやパスワードを入力すれば、個人情報の入力の手間が省けます。

毎回入力するのが面倒だと感じられるなら登録してもよいかもしれないけれど、わたしはよく使うホームページだけで登録して、あとはゲスト購入できるところでしか買い物をしないようにしています。

わたしが使っているショッピングサイトは。

ちなみにわたしがよく使うのはAmazonさんですかね。昔は書籍しか扱っておられませんでしたが、最近はいろいろなものが購入できるようになったので、さらに使用頻度は増しているかも。

あとは、LOHACOさんかな。こちらはおもに日用品を買っています。シャンプーとかトイレットペーパーとか。あと、お米。持ち運ぶのは重くて大変なので。

食品なら生協さんの宅配も使ってます。こちらは昔はマークシートでしたが、こちら辺りではネットカタログで注文ができます。スマホでもできるので、助かってます。

本だけに限れば、オンライン書店e-honというサービスも使っています。このサイトは、注文したものを指定した書店で受け取ることができます。

お支払も書店でできますので、クレジットカード情報や口座番号を入力したり、振込の手間もないのでおすすめです。

ちなみに、わたしが指定している書店は、ショッピングモールの中にあるので、ショッピングモールのポイントカードのポイントが付きます。本って価格が高いので、ポイントが付くのはありがたいです。

ちなみに、日用品以外は店頭受け取りが多くなりました。再配達の手間、少しくらいは減らせるかな?と。

あ、クロネコメンバーズにも入っています。LINE@と連携しているので、送り状番号を入力するといつごろ配達予定かを教えてくれます。

詳しくはこちらのページで確認できます。

LINEで宅急便 | ヤマト運輸
LINEとクロネコメンバーズを連携すると、お荷物のお届け予定やご不在連絡の通知がLINEでも受け取れます。

まとめ。

インターネットショッピング、流通の発展によって、自宅に居ながら買い物ができる、本当に便利な社会になりました。できると便利だな~と思う反面、いろんな危険も増えてきているのが現状です。

くれぐれも危険があるということをしっかりと認識して使うことができるようになるといいですね。




記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする