PR

Yahoo!プレミアムが解約できない?!

高齢者とインターネット
高齢者とインターネット
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

仕事終わりに「ちょっといいですか?」と声をかけられたのは、ある施設の方。その方は障がいのある方を支援する仕事をされているのですが、支援している方のご家族から銀行口座に身に覚えのない引き落としがあると相談があったそうで。引き落としの名義を聞いて調べてみると、Yahoo!プレミアムの月会費だったので、パソコンやスマホからYahoo!プレミアムは解約できるとお伝えしてその場を離れたのですが…。

この記事では、Yahoo!プレミアムの解約方法について書いています。どんなサービスでも入会するより解約するほうが難しい(というより解約の仕方が分かりづらい)です。

スポンサーリンク

Yahoo!プレミアムを解約したい

Yahoo!プレミアムとは?

Yahoo!プレミアムは、Yahoo! JAPANが提供する月額508円(税込み)の有料サービスです。

Yahoo!プレミアムに登録すると、Yahoo!ショッピング、LOHACO by ASKUL主催のキャンペーンでPayPayポイント(譲渡不可)が付与されるなど、さまざまな会員特典を利用できます。

また、それに加えてスマートフォン(iPhone、Android)でのみお使いいただけるコンテンツやクーポンもあります。Yahoo!プレミアムの対応サービスや最新のスマートフォン特典情報は、Yahoo!プレミアムのトップページでご紹介しています。

https://support.yahoo-net.jp/SccPremium/s/article/H000012070

Yahoo!プレミアムに登録するにも解約するにもYahoo!JAPAN IDとパスワードが必要

今回の場合、支援している方の口座から引き落としがされているのでYahoo!JAPAN IDとパスワードをお持ちのはずなのですが、ご本人は登録した覚えがない、知らない、誰かが勝手に登録したの一点張り。もちろんYahoo!JAPAN IDなんていうものは知らないとのこと。

いろいろ聞き取りを重ねた結果、この方のお姉さまがご本人から頼まれて登録したことが判明。お姉さまにYahoo!JAPAN IDをおたずねしましたが、覚えておられませんでした。

Yahoo!プレミアムを解約するには、本来、Yahoo!JAPAN IDとパスワード、本人確認のためにSMSを受信できる携帯電話が必要です。これが分からないと解約できない?と思っていろいろ調べてみたところ、プレミアムをやめたい(ログインできない)というページを見つけました。

Yahoo!JAPAN IDの調べ方

Yahoo!JAPAN IDに登録すると、登録に使用したメールアドレス宛に「Yahoo! JAPAN – ID登録確認」という件名でメールが届いているはずです。そのメールにYahoo!JAPAN IDが記載されているので、IDを調べることができます。

ご本人では難しいとのことでお姉さまにお願いして探していただくとメールが見つかりました。メールに記載されたYahoo!JAPAN IDを使ってパスワードを確認していただいたのですが、画面にメールを送ったと出るのに届かないと連絡がありました。

Yahoo!JAPAN IDに登録したメールアドレスが送受信できないメールアドレスだった

今見てもらっている画面はメールソフトですか?

はい

メールソフトで受信しているメールで一番新しいものはいつのものになっていますか?

えっと…、2018年(相談があったのは2020年)です。あ、そうか、このメールアドレス、使ってないです!

やっぱりそうでしたか。Yahoo!プレミアムに登録したメールアドレスにメールが送られているけど、そのメールアドレスが受信できない(メールサービスを変更された?)ので届かないんですね。

聞き取りを進めると、家のネット回線を変えたため、Yahoo!JAPAN IDに登録していたメールアドレスが送受信できないことが分かりました。これでは、パスワードの確認はできません。

申請フォームから解約する

調べてみたら、申請フォームか郵送で利用停止することが分かりました。Yahoo!プレミアム ヘルプのページをお伝えして、Yahoo!JAPAN IDとパスワードが分かった状態で利用停止の手続きをするより時間はかかってしまいますが、申請フォームから利用停止手続きを進めていただくことにしました。

スポンサーリンク

今回はYahoo!プレミアムという有料サービスの解約について書いてきましたが、会員サービスを解約するには会員登録情報(メールアドレスやパスワードなど)が必要になります。

会員登録情報を忘れてしまうと、解約や利用停止がしづらくなってしまいますので、サービスの利用登録画面を印刷しておき、必要な情報(パスワードなど)も一緒に控えておきましょう。

また、インターネット回線の契約を変更すると今まで使っていたメールアドレスが使えなくなります。メールアドレスが使えなくなる前に、サービスの登録に使用したメールアドレスではない、インターネット回線を変更しても送受信可能なメールアドレスに変更しておかないと、解約や利用停止ができなくなるかもしれないので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました