Windows11、Office 2021がリリースされた

スポンサーリンク
Windows11のパソコンに買い替えなきゃいけない?高齢者とパソコン
この記事は約8分で読めます。

いよいよWindows11がリリースされましたね。

スポンサーリンク

Windows11がリリースされた

Windows10→Windows11への無償アップグレードに対応しているパソコンは思ったより少ない印象

最近いただくご質問の多くは「無償アップグレード」「パソコンを買い替えるならいつ?」といったものですが、ご質問いただく中ではWindows11への無償アップグレードの対象パソコンをお持ちの方はやはり少ない印象です。

たとえば、パソコンの中のシステム的なところをアップグレードすればいいのかというとそうでもなく、部品的なものが対応していないよねというパソコンのほうが多いように思います。

相談をお受けしたパソコンでも2年くらい前に購入したものなのに対応していないと、メーカーのホームページに記載されているパソコンもありました。

Windows7→Windows10への無償アップグレードができたときと比べると対象パソコンの数って少ないんじゃないかと体感ですが思います。

パソコン、買い替える?

さて、Windows11を搭載したパソコンも出始めてきていますが、個人的にはもう少し待ってみてもいいのかなと思います。

というのも、店頭に並んでいるパソコンを見てみると、Windows11が初めから入っているパソコンより、Windows10を搭載しているパソコンで無償アップグレード対応のパソコンのほうが目に付くからです。

Microsoftの公式ホームページでも、Windows11への無償アップグレードができますよというパソコンが紹介されていました。

https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/view-all-devices

現在使用しているWindows10のパソコンに大きな不満はない、とりあえず使えている状態であるなら、2025年に予定されているWindows10のサポート期間終了まで待つというのもありなのかなと思います。

Windows8、8.1のパソコンを使っている人は買い替えを検討されたほうがいいかも

ただし、Windows8、8.1のパソコンは2022年にサポート期間終了を迎えるので、Windows8、8.1のパソコンを使っているなら、Windows10のパソコンで、Windows11への無償アップグレードに対応しているパソコンを選ぶか、Windows11が初めから入っているパソコンを選ぶかになると思います。

個人的には、無償アップグレードの対象になっているWindows10のパソコンのほうがいいかなと思ったりもします。なぜなら、Windows8、8.1のパソコンからいきなりWindows11のパソコンとなると、画面が明らかに変わっていますし、操作に戸惑ったりするかなと。

Windows8やWindows8.1のパソコンの次の世代、Windows10のパソコンを使ってみて操作に慣れたら、Windows11への無償アップグレードを行うほうがいいんじゃないかなと個人的には思います。

スポンサーリンク

Office 2021もリリースされた

Windows11のリリースに合わせて、WordやExcelなどOfficeも新しくリリースされましたね。

WordやExcelがパッケージされているOffice、いくつか種類がある

Officeといってもいくつかのバージョンが準備されています。文書作成や表計算などに使うWordやExcelと、メールソフトのOutlookがパッケージされている「Office Personal 2021」や、Office Personal 2021にパッケージされているソフトに加えてプレゼンテーションに使用するPowerPointがパッケージされている「Office Home & Business 2021」、さらに、Office Home & Businessにパッケージされているソフトに加えて、データベース作成などが行えるAccess、チラシや印刷物制作に適しているPublisherがパッケージされた「Office Professional 2021」があります。

上の3つのパッケージ版ではなく、Word単体、Excel単体などでも購入可能です。

この他に教職員や学生さんたちが使えるOffice Professional Academic、Macパソコンで使えるOffice Home & Student 2021 for Mac、Office Academic 2021 for Macがあります。
アカデミック版は教職員・学生であることが証明できる書類が必要なので、一般の方は購入できません。

Office 2021とMicrosoft 365(旧Office 365)の違いって?

WordやらExcelやらが新しくなるんやろ?ほんなら(Microsoft。旧Office)365も新しくなるんか?

教室でOffice2021がリリースされたという話題に。今まで使っていたのがWord2020やExcel2020、新しいのがWord2021やExcel2021、そうくればMicrosoft 365も新しいのが出るんじゃないかという話なのですが、結論から言うと、Microsoft 365には新しいとか古いというのがありません。

今回リリースされたOffice2021は、「買い切り型」といって一度代金を支払えば、永続的にずっと使い続けることができるタイプのもの。ただし、一度支払えばずっと使い続けることができるということはずっと同じバージョン、Word2021やExcel2021を買い切り型で買うと、ずっとそのバージョンのまま。

仮に、Word2022がリリースされても、Word2021が新しくなるわけではなくて、ずっとWord2021のまま。Windows同様、WordやExcelなどのOfficeにも当然サポート期限というのがあり、それを過ぎるとサポート対象外になります。

反対に、Microsoft 365の場合は、常に新しいバージョンが使えるようになっています。毎月または毎年、料金を支払い続けている限り利用することができるし、新しいバージョンのWordがリリースされたからといって新たに購入する必要がありません。

上に挙げた表を見てもらうと買い切り型だと4万~6万円ほどの初期投資がかかります。

常に最新版を使いたい人、一度にこの金額を支払うことができない、なるべく初期投資を抑えたい人や、いつ使わなくなるか分からないという人なら、この初期投資を避け、毎月または年単位で支払う形のMicrosoft 365というのも選択肢の一つになると思います。

Officeの買い方もいろいろ

Officeには上で紹介した「買い切り型(一度お金を払えばずっとそのバージョンのソフトを使い続けられる)」と「サブスクリプション型(毎月または年単位で一定料金を支払い続ける)」がありますが、今回リリースされたのは上に挙げた買い切り型。

そして、この買い切り型のOffice2021、購入方法は「POSAカード」、Amazonなどを利用したネットショッピングで購入する「オンライン版」、そして、パソコンと一緒に購入する「プリインストール版」があります。

Windows11またはWindows10のパソコンにOffice2021がプリインストールされていれば、代金はパソコンの購入費用に含まれていますので、新たに料金がかかることはありません。

プリインストールとは、そのままでは使用することができない状態。ライセンスを持っている(プロダクトキーを持っている)、支払いが確認できているのが確認できれば、認証作業などを行うことによって利用できるようになる、ということです。
プリインストール版にしても他の版にしても、ライセンス認証のためにインターネット接続は必須です。

Office2021が利用できるのは、Windows10、Windows11なので、現在、Windows10のパソコンを使っている人も、POSAカード版もしくはオンライン版を購入すれば、利用できる可能性があります。

仕様要件を必ずチェックしてくださいね

POSAカード版というのは家電量販店などで販売されている「POSAカード」を購入し、指定された方法でインターネットを介してOffice2021をダウンロードする形になるので、クレジットカードを持っていない人や現金でライセンスを購入したい人にはおすすめの購入方法です。

オンライン版は、Microsoft公式のMicrosoft StoreやAmazonなどのネットショップでライセンスを購入する形。オンライン版には「オンラインコード版」と「カード版」があります。

「オンラインコード版」は、注文が完了すると表示されるボタンをクリックして、Microsoftアカウントを使ってサインインした後、有効化(アクティベーション)すれば利用可能になります。

オンラインコード版を購入するには、利用可能なクレジットカードが必要です

カード版はインストールに必要なコードが記載されたカードが送られてくるので、指示に従う形でダウンロード、インストール、ライセンス認証を行います。

Windowsだけじゃない、WordやExcelなどOfficeにもサポート期限がある

WordやExcelなどのOfficeの新しいバージョンがリリースされましたが、Officeにもサポート期限というのがありますので、Windowsのバージョンと合わせて、いつまでサポート期間があるのか、サポート終了はいつなのかを調べておく必要があると思います。

ご存じですか? Office にはサポート期限があります - Microsoft atLife
2020 年 10 月 13 日に Office 2010 の延長サポートが終了し、セキュリティ更新プログラムや有償サポートを含むすべてのサポートが受けられなくなります。セキュリティ更新をせずにソフトウェアを利用し続けることは、セキュリティ上、非常に危険な状態になりますので、最新バージョンへの移行をご検討ください。
Windows8やWindows8.1だと買い切り型のOffice2021はインストールできないようです。
タイトルとURLをコピーしました