Microsoft Office2019が発売。購入を考える前にチェックしておくこと。

高齢者とパソコン
Pixaline / Pixabay
高齢者とパソコン
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

Microsoft Office 2019(以下、Office2019とします)が発売されました。パソコン教室の生徒さんからも新しい(Microsoft Office 2019)のが発売されたね、買い替えが必要なの?と質問されました。

スポンサーリンク

新しいバージョンのMicrosoft Office、買い替えなければならない?

Officeソフトにもバージョンがある。サポートしてくれる期間が設定されている

新しいバージョン(のソフト)が発売されると新しくしなくちゃいけないと思う方もいるようですが、結論からいうと、Officeのサポート期間が終了したバージョンでなければ買い替える必要はありません。

結論からいえば、新しいOffice2019が発売されたからといって、新しいバージョンに買い替えなくてはいけないということはありません。いま、使っているOfficeソフトがサポート期間中であれば、そのまま使い続けてもらっても問題ありません。

ただし、Windows10などと同じようにOfficeソフトにもサポート期間というものが設定されています。サポートを終了したソフトは使わないようにしなくてはいけないので、サポートが終わっているソフトに関してはバージョンアップもしくは買い替えが必要になります。

Microsoft Officeには一度購入すればずっと使える(永続利用)Microsoft Officeの他に、毎月または毎年支払い続ける限り使い続けることができる(サブスクリプション)Microsoft 365があります。
Microsoft 365は常に最新バージョンのWordやExcelなどが利用できますので、買い替えの必要はありません。
関連 Microsoft 365(旧Office365)とは。Microsoft OfficeとMicrosoft 365(旧Office365)の違いについて書いてみた
スポンサーリンク

Microsoft Officeには複数のバージョンがある。

Microsoft社が発売しているWordやExcelなどのソフトをまとめたMicrosoft Officeには含まれるソフトによって、Office Professional、Office Home&Business、Office Personalという3つのタイプがあります。

また、毎月または毎年支払い続ける(サブスクリプション)うちはずっと最新バージョンのOfficeが使える「Microsoft 365」もあります。

Microsoft Officeの各バージョンに含まれているソフトは以下のとおりです。

Microsoft Officeを新しいバージョンに買い替える前に

パソコンが古いと新しいMicrosoft Officeがインストールできないこともある

パソコンが古いと新しいMicrosoft Officeがインストールできません。

Microsoft Office 2019がパソコンで動作するために必要な仕様は

  • Windows10の64ビット版
  • CPUが1.6GHz以上、2コア以上
  • メモリは4GB以上
  • HDD(SSDでも同じ)の空き容量が4GB以上
  • 画面解像度は1280×768以上

となっています。これ以上でないとインストールできません。使っているパソコンでMicrosoft Office 2019が動作するかは、以下の方法でチェックしてください。

Windows10パソコンのスペック(仕様)を確認するには、スタートボタンをクリック→「設定(歯車アイコン)」をクリック→「システム」をクリック

Windows10のビット数、CPU、メモリの確認は、左側の「バージョン情報」をクリックし、

  • Windows10の64ビット版?・・・「システムの種類」
  • CPUが1.6GHz以上、2コア以上?・・・「プロセッサ」
  • メモリは4GB以上・・・「実装RAM」

Windows10パソコンのHDD(SSD)の空き容量を知るには、左側の「ストレージ」をクリックし、ローカルストレージの空き容量を確認

Windows10の画面解像度を知るには、画面左側にある「ディスプレイ」をクリックし、解像度の値を見る

今使用しているWordやExcelなどがサポート期限内であれば急いで購入する必要はありませんし、Microsoft Office 2019は、Windows10パソコンでしか動作しないのでそれ以外のOSのパソコンを使っているなら購入しないようにしましょう。

Microsoft Office 365(現 Microsoft 365)を使っている人は、常に最新バージョンが利用できますので間違えてパッケージ版を購入しないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました