高齢者だけのパソコン教室でパソコンに対する不安について聞いてみた

高齢者とパソコン
この記事は約5分で読めます。

わたしが担当する高齢者パソコン教室の生徒さんの年齢層は60代前半から80歳の人です。長い人で6年ほど通っていただいているのですが、改めてパソコン教室に通おうと思った動機やその時の気持ちなどについて聞いてみることにしました。

スポンサーリンク

高齢者に聞いた。なぜパソコンを習おうと教室に通うと決めたのか

まずはなぜパソコンをやってみようと思ったのかについて聞いてみました。

  • 子育てや孫の世話などが一段落したので何か新しいことにチャレンジしてみたかった
  • 定年退職する前に部下にやってもらっていたパソコン操作を自分でやれるようになりたい
  • 新しいことを始めると認知症の予防になると聞いた
  • 子どもや孫に教えてもらっているが、一から習ったほうがいいかもと思った
  • 年賀状くらい自分で作ることができるようになりたかった
  • 今の時代、インターネットくらいできたほうがいい

パソコン教室に通うと決めて不安に感じたことは

パソコン教室に通うと決める前、もしくは決めた後不安を感じることはなかったかを聞いてみました。

パソコン操作を覚えられるか

パソコン操作を覚えられるかと不安に思った人が多かったようです。特に、カタカナ語に対する不安はかなり大きなものがあったようで、教室に通い始めてからも不安を口にする人が多いです。

ただ、お話を聞いていると「習ったことを何も見ずにすすっと操作できるようになること」が「操作を覚えた」状態だと思っている人が多いように思いました。

パソコン操作を覚えると考えるよりも慣れると考えたほうが応用できて楽しく操作ができるのではないかと個人的には思います。

「パソコン操作は覚えるのではなく慣れる」。パソコン操作を覚えられないという高齢者にお話ししていること。
高齢者を対象とするパソコン教室でインストラクターをしていると、「若い人たちとは違うから、パソコンを覚えられない」とよく言われます。そう思ってしまう気持ちはよく分かります。 わたしもしっかりとアラフィフ世代、若い人はいいわね、なんてつい...

何度も聞いてしまってもいいのか

あとは、一度聞いたことを忘れてしまうことに対する不安を口にする人が多いです。正確には聞いたことがあるような気がするけれど思い出せない状態。

これ、聞いたことがあるような…と言っているので覚えてはいるんですよね、ただ、思い出せない、記憶を呼び出せないだけ。

わたしは専門家ではないので明確に説明することは難しいですが、この「聞いたことがある」を思い出そうとしていることって脳には良いんじゃないかと。

授業中も聞いたことがあるといわれるとヒントを少しずつ出していくと「あ!思い出した!」ってなって、スッキリした!と皆さん笑顔です。

思い出すためにいろいろ考える、それを繰り返していくとたぶん記憶じゃないところに保管されるようになるのかな、と思うことはよくあります。

高齢者のパソコン操作習得への早道は「覚える」力ではなく「考える」力をつける
「パソコン操作を覚えられない」と言われることが多くありますが、覚えるのではなく慣れてほしいとわたしは思います。そして、考える力を持ってほしいとも思っています。記憶するより考え慣れることがパソコン操作に限らず、大切なことだと思います。

よく「何度も聞いてごめんなさい」といわれますが、何度聞いてもらっても大丈夫です。言い方は悪いかもしれませんが、それが「仕事」ですから。

反対に、どこまで伝わっているのか伝わっていないのかが分かるので、聞いてもらったほうがむしろありがたいです。そうやって話し方を変えることで伝わっていくとしたら、それが自分のスキル、引き出しになります。

インプットばかりじゃ頭に入らない。アウトプットも大事

インプットするばかりじゃなく、人に話す、パソコン操作をやってみること「アウトプット」があって初めて記憶が体験になって、体験を積み重ねることで閃きの元になる、みたいな…。

だから、授業ではマニュアルを伏せてもらって、この結果をもたらすためにどんな操作をすればいいかを生徒さん自身に考えてもらう時間を必ず設けるようにしています。

その時間は隣の席の人、近くの席の人総動員してもらってもいいよ、何とかしてこの結果をもたらす操作方法を見つけてくださいと。

人に聞き、人に話す。これは大事です。どう言えば聞きたいことが伝わるのか、聞かれたほうはどういえば相手に伝わるのか。それを考えることを繰り返してもらう。考えることって大事です。

パソコンを壊してしまうかもしれない

パソコン操作を始めたころは電源を入れるだけでドキドキします。何かボタンを押してしまったら壊れてしまうんじゃないかと。パソコンは精密機器、よく分からない代物です。不安があって当然です。

パソコン教室の初めのカリキュラムは、どうしたらパソコンは壊れやすくなるのかをお話しする時間です。壊れやすくなる状況はどんなときか。最低限これだけは避けてほしいということを必ず初めに伝えます。

わたしの教室は皆さんパソコンを持参されますので、パソコンの持ち運びには特に注意していただいています。

ノートパソコンを持ち運ぶときに気を付けてほしいこと
ノートパソコンの持ち運びについて気を付けてほしいことを書きました。ノートパソコンをカバンにぽいっと入れて運んでいませんか?

インターネットは便利そう。だけど怖い

あとはインターネットに対する期待と不安。インターネットの便利さには興味があるけれど、ニュースで流れてくるインターネットがらみの事件を耳にすれば不安になります。

でも、一番怖いのは「自分は大丈夫」という過信です。不安に思うことがあるほうが逆に危険な目にあうことは意外と少ないです。

インターネットに関する不安といえば

  • 個人情報の漏えいや詐欺
  • コンピュータウイルス

だと思いますが、怖いという人のほうが意外と大丈夫で「自分は大丈夫」と思っている人のほうが危険な目に遭っていたり詐欺にひっかかりそうになったり。

「セキュリティソフトが入っていれば安心」とは言い切れない理由
セキュリティ対策ソフトを入れていれば安全。そう思われている人は非常に多いです。確かにセキュリティ対策ソフトを入れていればある程度の不安は解消するかもしれません。が、それだけでいいという考えは危険ではないかと思います。今日は、セキュリティ対策ソフトを入れただけではダメなんですよ、という話を書いていこうと思います。
https://senior-ict.info/pctrouble/tyuui/

パソコン教室に通ってみて変わったことを聞いてみた

パソコン教室に通ってみてどうでしたか?と聞いてみると、意外と大丈夫、やればできるんだと自信になったと答えてくれる人が多かったです。

これはお世辞も込みだと分かっていますが、パソコン教室に通って勉強しているんだ、時間はかかっても自分が操作したいように操作できるようになったことでやればできると思えるようになり、いろんなことに挑戦できるようになったと報告してくれる人もいます。

「知る」ことから始めて不安を解消しよう

パソコン教室に通っている生徒さんにいつもお話ししていることがあって。

それは、「自分以外の人が言う『便利』や『楽』という言葉に振り回されないでほしい」。

世の中には「便利」や「楽」はいっぱいあります。でも、それらがすべての人にとってそうであるとは限りません。便利だ、楽だと感じるのは人それぞれの主観でしかありません。

人が便利だというものが自分にとって便利であるとは限らない。でも、それを知るには「正しく知る」ことが大事。正しく知って、メリット・デメリットを理解し、それが自分にとってどうなのかを考えたうえで「選択する」。

そういう場をたくさん作ることが自分の役割だと思っています。不安な気持ちが少しでも軽減されるよう、いろんな引き出しを持って接していきたいと考えています。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者とパソコン
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました