パソコン操作の第一関門。マウス操作のコツ

flober81 / Pixabay

高齢者がパソコン操作を始めようとするときの第一関門は「マウス操作」です。マウスの持ち方から操作方法のコツを今日は書いていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

マウスをしっかり持つことが大事です

高齢者に限らず、マウス操作が苦手だと言う人のマウスの持ち方には共通したクセのようなものがあります。

マウスを持つとき、人差し指と中指をマウスのボタンに合わせるように置き、残りの指でマウスを包むように持ちます。これが基本姿勢です。

マウス操作が苦手な人をよく見てみると、マウスのボタンを押してしまわないようにマウスの下側を握るように持って移動している人が多くいます。

実は、これがマウス操作がうまくいかないひとつめの要因です。マウスのボタンは押し、指の力を緩めたときに命令を実行するようにできています。つまり押し込むことなく乗せておくだけなら問題がないということなので、乗せながら移動させ目的のところで押し込む。これが基本動作になります。

マウス操作のクリック、ダブルクリックは手元を見ずに

マウスのクリック

マウスポインタ(矢印)の先端を目的の場所まで移動させ、人差し指側のボタンをカチッと押して離すことを「クリック」といいます。マウス操作のほとんどがこの操作になります。

この時にマウス操作がうまくいかないふたつめの要因は、ボタンをカチッとするときについ手を見てしまったり力を入れてしまったりすることです。

ボタンをカチッと押すときに、押すべきボタンが間違っていないかを確認されているのだと思いますが、この時にマウスポインタが目的の位置からずれてしまうことが少なくありません。できるだけ手元を見ずにというのに慣れてもらえれば、マウスポインタが目的の位置からずれてしまうことは少なくなるでしょう。

次に、力を入れてしまうのを同じ理由です。力を入れるというのはマウスが前方にずれてしまい、マウスポインタが目的の位置からずれてしまっていうことをきいてくれないことがあります。マウス操作は力を抜くのがコツです。

マウスのドラッグ(アンドドロップ)

何かを移動させるというときや選択するというときに使うのが、マウスのドラッグです。ドラッグというのはマウスの人差し指側のボタンを押したままマウスを移動させ、目的の位置に到達したら指を離すという操作です。

移動させるとき、そ~っとマウスを動かしている人がいますが、これが意外と失敗のもとになります。できれば早めに…といっても少し怖いですよね。これも慣れてもらうしかないのですが、そ~っと移動させなくても意外と大丈夫です。

ダブルクリックが苦手な人は設定を変えることができる

Windows10の場合でご説明します。

タスクバーにある黄色いボタンをクリック→エクスプローラーという画面が開く
ファイル→フォルダーと検索オプションの変更

「フォルダーオプション」という画面が開きます。
<全般>タブ→クリック方法→ポイントして選択し、シングルクリックで開く

クリックしたら変な画面が出た

これはマウスの中指側のボタンを押すと表示される「ショートカットメニュー」のことだと思います。ショートカットメニューとは、マウスポインタが当たっている位置で操作できるメニュー(命令)が一覧になって表示されるものです。

パソコン操作に慣れてくるとこのショートカットメニューはよく使うようになります。が、意図しない時に表示されると驚かれますよね。そんなときは、マウスポインタをショートカットメニュー以外の位置に移動させてクリックすれば、ショートカットメニューは消えます。

ちなみに、このショートカットメニューを呼び出している操作、中指側のボタンを押す操作のことを右クリックといいます。

マウスポインタの形はその場に合わせて七変化

マウスポインタは、その先端が当たっている場所によって形を変えているのをご存知でしょうか。一番変化が分かるのは、ホームページを見ているときではないでしょうか。

ホームページの中にある文字や画像にマウスポインタを合わせると、マウスポインタが矢印から手の形に変化します。これは、「この位置をクリックすると次のページへ移るよ」というのをマウスポインタが手の形になることで私たちに伝えてくれているのです。

そのほかにもマウスポインタはいろいろな形に変化しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

マウス操作が苦手な方はペイントでお絵描きを

マウス操作が苦手だという人の多くは、一番初めに書いた「マウスをしっかり持つ」というところと手元を見ないようにすることで少しは操作がしやすくなるのではないかと思います。

マウス操作の練習がしたいという方にお勧めしたいのが「ペイント」というソフトを使ったお絵描きです。ペイントはWindowsのパソコンであれば必ず入っているソフトです。

絵を描くという操作は、手元を見ずにという操作に慣れるのに有効です。わたしが担当するパソコン教室でもマウス操作の練習でお絵描きをしていただいています。

初めは「絵心がない」と乗り気ではありませんが、〇を描いたり色を塗ったりしていくうちに、その楽しさで手元を見るのが少なくなっていきます。ぜひ一度試してもらえたらと思います。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする