マウス操作のコツ。マウスポインタの形が変わるところを見逃さないようにしましょう!

flober81 / Pixabay

年に一度、わたしの教室では新規の生徒さんを募集しています。中には教室に通いたいからとパソコンを購入される方もいらっしゃるほどです。

ちなみにわたしの教室では、ご自身のパソコンを教室に持ち込んでいただくので、購入したばかりのパソコンを大事そうにバスタオルなどで包み、やってきてくださる方も。

そんな中で最初の戸惑い。そうマウス操作です。

今日はマウス操作についてご説明してみようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

マウスをどのように持っていますか?

まず持ち方。2つのボタンに人差し指と中指が乗りますよね。ボタンを押しちゃいけない…って思われるのか、人差し指と中指をマウスに触れないようにして握る方がいらっしゃいます。

実はこれが操作が思うようにできないひとつめのポイント。

ボールを握るようにしっかりと2つのボタンの上にも指を置きます。マウスのボタン操作は押し込むときに反応しているのではなく、押し切って指の力を抜いたときに命令を実行します。ということは、2本の指を乗せているだけなら命令を実行することはないのです。

それからマウスを動かすと画面上を同じように進む矢印(マウスポインタと呼びます)を移動させるとき。

ボタンを押さないように人差し指と中指をマウスから浮かせる、移動は親指と薬指と小指のみで…という方がいらっしゃいますが、ガッツリ握った状態(ボタンの上に乗せているだけ)で移動させるようにしてくださいね。

何かにマウスポインタを合わせるときは矢印の先端を合わせましょう

矢印の先端が皆さんの指の代わりになります。先端が目的の場所に合わさったときにボタンをカチッと押すか、カチカチッと押します。先端以外の場所が目的の場所に合わさっていても命令を実行することができません。

ちゃんと合わせてボタンを押したはずなのに命令が実行されないとき、一番多いのが、矢印の先端を合わせたあと、手元を見てるっていうのがあります。これはボタンがふたつあるので間違って押さないように、という気持ちが働いているのではないかと考えられます。

手元を確認してボタンを押すという流れの中で、矢印の先端がずれている、なんていうことがありますので、できるだけ手元を確認しなくてもボタンを押すことができるように練習しましょう。

ちなみに人差し指の仕事は「選択」「実行」「押しながら移動」、中指の仕事は「矢印のある場所でできること一覧を表示する」です。

マウスポインタは七変化。その場所で何ができるのかを表現している

矢印は通常、左上に先端が向いた状態になっていますね。ところが、この矢印、画面上で七変化していることをご存知でしょうか。

まず一番の変化はホームページを見ているとき、ではないでしょうか。普段は矢印なのに、文字や画像の上に矢印が乗った途端、矢印は指の形になっていますね。

これは「ここをカチッとすれば別のページが開くよ」という意味。

中には、この指の形がホームページを見ている時以外にもみられることがあるよ、っていう方もいらっしゃるかも。

実は、ホームページ以外の場所でも指の形になる場合、アイコンに矢印を合わせてカチッとすれば開くよっていう設定になっているから。

ということは反対に、ホームページ以外では矢印の形になっていることが多い場合は、この設定がされていないということになり、カチッと押せば「選択」、カチカチッと押せば「開く」という命令が実行される、というわけです。

ここでお気づきでしょうか。

マウス操作の中でハードルだと思われやすい、カチカチッと、つまりダブルクリックをする設定か、しなくてもよい設定かということがここで分かります。

※パソコンの下の方にあるバー(タスクバーと呼びます)にあるボタン類はカチッ(クリック)でOKです

ちなみにこれは、ご自身で設定を変更できます。

ダブルクリックがうまくいかない人はシングルクリックに変更できます

Windows10の場合でご説明すると、画面左下あたりにある黄色いアイコン(エクスプローラー)をカチッ(クリック)とすると、「エクスプローラー」という画面が開いてきます。

画面左上にある「ファイル」をクリックし、一覧から「フォルダーと検索オプションの変更」をクリックします。

「フォルダーオプション」という画面が開きます。

「クリック方法」の中に2つの選択肢があるのが確認できますか?

  • ポイントして選択し、シングルクリックで開く
  • シングルクリックで選択し、ダブルクリックで開く

のどちらかが選択(選択されている方に●が入っています)し、OK

です。

まとめ。

マウスをうまく操作したいと思われるなら、マウスポインタ(矢印)の形に注目するのもひとつの手だと思います。

あと、練習にはWindowsのパソコンにはほぼ入っている「ペイント」を使って絵を描いてみるのがおすすめです(^▽^)

思いつくだけ書いてみましたが、思い出したらまた追記します

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする