小さい「ょ」ってどうやって入力するの?拗音の入力方法について

geralt / Pixabay

初心者のクラスで文字入力の練習をしているとき。ある生徒さんから

小さい「ょ」ってどうやって入力するの?

と質問が上がりました。

パソコンの文字入力にはふたつの方法があります

  • ローマ字入力
  • かな入力

文字入力の方法を学ぶとき、どちらかを選択していただくことになります。

「どちらで入力されますか?」

と質問すれば、確実に「かな入力」に手を挙げる方が多い。これは多分、日本語を入力するんだからかな入力でしょ?と考えるからではないかと思われます。中にはなんでそんなことを聞くの?みたいな顔をされる方も…。

この方法を説明するとき、まずはこの概念のようなものを払拭する必要があります。

キーボードにはアルファベットとひらがなが刻印されていますよね。このどちらを使って日本語を入力するかということが先ほどの選択肢になるわけです。

ちなみにどちらにもメリット、デメリットがありまして。簡単に書いておくと

  • ローマ字入力
    メリット…覚えるキーの数が少なくて済む
    デメリット…頭の中で打ちたい文字をローマ字に直す手間がかかる。文字によっては複数のキーを押さなければ入力できない。
  • かな入力
    メリット…見たまま打てばいい
    デメリット…キーボードの配置があいうえお順になっていないので覚えるのが大変。ローマ字の場所も改めて覚えることになるかも(インターネットやメールでアルファベットを使うかもしれない人は特に)

どちらにもいいとこ、悪いところがあるってことですね。

拗音の入力について

例えば、「しゃ」と入力したい場合。

ローマ字入力では、「し」の分でS I を入力した後、「ゃ」の分でL Y A と入力するか、S Y Aと入力するかのどちらか。

かな入力の場合は、と入力したあと、shiftキーを押しながらを押します。

ね、押すキーの数、ローマ字の方が多くなるでしょ?

おっと、話がそれました(笑)

ローマ字入力の場合、「しゃ」はS H Aでも行けますが、覚えやすさという点ではS Y Aをおすすめしています。

S I Y A と入力すれば、「しや」と入力されてしまいますが、S I の母音、I を入力せずにS Y Aと入力すれば拗音が入力できます。

ちなみに単独で「ゃ」と入力したい場合は、入力したいY Aの前にLを付けて。

これを応用すれば、「ぁ」の場合、入力したいA の前に L を付けることで入力できますね。

ついでに促音!

小さな「っ」、ですね。詰まった音。

例えば、切手の「きって」と入力する場合。

これは、KITTEと入力します。

では、切符の「きっぷ」だとどうなるか。

わたしの生徒さんの中に、KITPUと入力される方がいらっしゃいました。たぶん、小さな「っ」だから…とTUの子音をひとつ入力されたのかもしれません。

きっぷはKIPPUと入力しますが、これは詰まる音(小さな「っ」)の後に入力する文字の子音(今回はぷのP)をひとつ余分に入力することできっぷと入力できるわけですね。

まとめ。

文字入力がマウス操作に続いての難関かと思われます。こればかりは練習あるのみとしかお話のしようがありませんが、練習材料としては

  • 新聞のコラム記事を入力してみる(これは結構な回数の変換が生じます)
  • 友達にお手紙を書いて(入力)みる
  • 歌を歌いながら歌詞を入力してみる

ちなみにわたしは、歌詞入力でした(笑)

文字の入力スピードを上げるには、ローマ字入力に限りますが、キーボードの母音の場所を覚える、のがコツと言えばコツ、かなと思います。

あ、話が逸れますが、ENTERキーやSpaceキーってどの指で押してますか?ちなみにわたしは、ENTERキーは右手の小指、Spaceキーは親指。使っている指がどれかな?なんて客観的にみてみるのもよいかもしれませんね(⌒∇⌒)

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大