ランサムウェアに注意が呼びかけられています!

おはようございます。

今日何気にYahoo!ニュースを読んでいたら、「週明けメール注意 3つの対策」というタイトルを発見。※リンク先が閉鎖、移動されている場合があります

どうやらこの週末にランサムウェアの被害が世界中で広まっているからという注意喚起のようです。

先日も書きましたが(ウイルス対策ソフトは万全ではない、ということを認識しましょうね)、

なんか分からんけどウイルス対策ソフトが入っているから大丈夫や!

ということはありませんので、注意してくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

ランサムウェア対策はどうすればいい?

これはいつも言われていることしかないのですが、先ほどのYahoo!ニュースのページにも書いてある3つの対策。

  • メールに添付されたファイルを開かない。メールに記載されているURL(ホームページのアドレス)をクリックしない
  • Windowsの更新プログラムを最新状態にする
  • ウイルス対策ソフトを最新の状態にする

メールの添付ファイル・URLに注意

まずメール。添付ファイルを開かないように、とありますが、添付ファイルの種類がよくあるものに見せかけられていることが多く、一見、大丈夫そうな感じに見えます。

例えば、写真のように見えたり、PDFに見えたり、Office製品で作ったファイルに見えたり。

他にもいろいろなファイル形式に見せかけて添付されているみたいですので注意してくださいね。

更新プログラムとウイルス情報を最新の状態にする

Windowsの更新プログラムが最新の状態かを確認するには、Windows10の場合、スタートボタンをクリックした後、画面左側の下方にある歯車のようなマーク「設定」をクリックします。

次に、「更新とセキュリティ」をクリックします。

画面左側にWindows updateという項目がありますので、そちらをクリックすると更新状況が確認できます。念のため、更新プログラムのチェックというボタンが見えたらクリックしてみてください。すると、更新プログラムが最新の状況かどうかを数分かかりますが、チェックしてくれます。

続いて、ウイルス対策ソフト。
Windows10の場合、スタートボタンをクリックすると表示されるプログラムの一覧から該当するソフトを見つけてクリックしてください。

updateの状況を確認できる画面が表示されると思いますので、チェックしてみてください(これは使用されるソフトによって画面が異なるので省略させていただきます)

あと、ここには書かれていませんが、普段から大事なデータはバックアップ(パソコン以外の場所に保存する)を取るようにしておくとよいと思います。くわえて、会員サイトの会員情報(IDやパスワード)、メールアドレス、ネット接続などの各種設定情報を確認、メモを取るなり、パソコン以外の場所で保存しておいたりするようにしてくださいね。

ところでランサムウェアってなに?感染してしまったら?

ランサムウェアとは、パソコンに感染すると、パソコン内のデータを暗号化し、元に戻すには代金を支払えというもの。

参考 サイバー攻撃、週明けの日本も要警戒 すでに被害企業も 朝日新聞デジタル

暗号化されてしまうと、何をしてもファイルが開かなくなってしまいます。こうなってしまうともうお手上げ。仕方ないので代金を支払う…という流れになりますが、支払ったからといって暗号化が解かれることは保証されてはいないようです。

感染しないように注意していても万が一感染してしまったら、すぐにインターネット接続から切り離してください。これは被害の拡大を抑えるためです。

参考サイトにも書かれていますが、感染してしまったら、Windowsの再インストールが必要なようです。これは、まっさらな状態にしなければならないということ。ファイルも設定も飛んでしまいます。そんなことにならないように、くれぐれも上に書いた最低限の対策を取っておいてくださいね。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする