高齢者のパソコン選び。買って後悔しない選び方。

教室で「次にパソコンを買うときはどんなのがいい?」「高齢者が使いやすいパソコンはどんなパソコン?」と聞かれることがよくあります。

確かにパソコン選びは種類があり過ぎて、店頭に並ぶのを見るだけでも一苦労。
おまけに何やら数値やら専門用語が並ぶPOP。

店員さんのアドバイスに、家族の一声。そのうち選ぶのに疲れたり、混乱してきたりして、「もういいや…」っていう方おられませんか?

高齢者が使うパソコンを購入するときにこういうことをチェックしてもらえたらいいなと思うことを今日は書いてみようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

パソコンを買い替えるなら、使っていたパソコンと同じメーカーのものがおすすめ。

今まで家にパソコンがあったなら同じメーカーのパソコンがおすすめです。

というのもメーカー独自のソフトが市販パソコンにはたくさんインストールされています。メーカーが違えばこれらのソフトはまた様変わりしてしまうので戸惑う方が多いです。

高齢者が初めてパソコンを購入するなら店頭にたくさん並んでいるパソコンメーカーのものを購入するといいかも

もし家にパソコンがなかったなら、どのメーカーを選んでもらってもいいです。が、できれば店頭に並んでいるパソコンの中で種類が多いと思われるパソコンメーカーのものを選ばれるといいと思います。

これには理由があって、店頭にたくさん並んでいるパソコンなら周りにも購入者が多いということですよね。ということは、知人にも購入している可能性が高いということになりますから、困ったときに聞くことができる可能性が増します。

さらにいえば、店員さんも”売り慣れている”ということになるので、説明も慣れているでしょうし、聞かれることもある程度想定されているはずですから、(変なことを聞いたかな?)という心配は軽減できるのではないかと思います。

高齢者のパソコン選び。ノートパソコンをおすすめしたい理由

パソコン操作に不安を感じているということであればノートパソコンの購入をお勧めしています。

というのも、パソコンの使用中にトラブルに遭遇したり、困ったことが発生したりして誰かにパソコンを見てもらいたい。もしデスクトップ型パソコンを購入されていると家から持ち出すにも一苦労です。

高齢者に使いやすいノートパソコンを選ぶときにチェックしたいところ。

ノートパソコンの大きさ(画面の大きさ)と重さ

高齢者は見えづらいからと大きな画面を好みますが、大きな画面つまりノートパソコンのサイズを大きくしてしまうとノートパソコン自体が重くなります。

パソコン教室にはだいたい13~15インチの画面サイズのノートパソコンを持ち込まれる人が多いですが、重さという点においては問題がなさそうです。

ノートパソコンの記憶容量と種類

たくさん記憶(保存)できたほうがいい。それは確かにそうなのですが、最近の傾向からしてそんなに大きな記憶容量のものを選ぶ必要はないかと思います。

それよりも記憶できる機械(ストレージと呼びます)の種類。昔はハードディスクドライブ(HDDと略される)が主でしたが、最近のノートパソコンにはソリッド・ステート・ドライブ(SSD)を採用したものが増えてきました。

少し割高になりますが、HDDに比べて速く動き、音が静かなのが特徴です。どちらがいいというのは一概にはいえませんが、店頭で比較するときにチェックはしておいてもらったほうがいいものとはいえます。

同じような仕様なのに少し割高に感じる時、意外とこの記憶できる機械であるストレージの違いがあるかも。

パソコンの「頭脳」にあたるCPU。

店頭に並ぶパソコン、i3とかi5などと表示されているのを見たことはないでしょうか。これはCPUの型式を表すもので、要はパソコンの頭脳、処理能力の速さを表しています。

iの後についてくる数字が大きくなればなるほど高性能。ただし、性能が高いということはお値段も上がるということになります。

今後、パソコンを購入されるというのであればi5以上はほしいところです。とはいえ、これはパソコン教室に通っていただくのなら…という前提なので、予算に余裕があれば、検討してもらえたらと思います。

最低でもDVDの再生はできたほうがいい

あまりないとはいえ、市販のソフトをインストールすることもあるのでできればDVDは最低でも再生できるほうがいいと思います。

DVDの映画などを再生したいという場合もあるかもしれないので、DVDの映像を再生できるソフトが入っているかを購入前に確認するようにしてくださいね。

USBの挿し口の数は3つ以上

USBハブというものを使ってもらえれば挿し口を増やすことはできますが、不具合が起きたり動作しないこともたまにあるので、最低でもマウス、プリンタ分に2つ。あと予備として1つのUSBポートがあれば大丈夫かと思います。

Windows10ならメモリは8GB以上はあったほうがいい

Windows10は、4GB以上推奨としていますが、個人的な意見をいえばメモリは8GB以上はあったほうがいいと思います。

メモリが大きい値のほうが複数の作業を同時に行うことができるので、フリーズしにくくなります。

あとから増設することもできますが、最大メモリ数は決まっているので今後Windows10のバージョンアップに備えて最大メモリ数が大きいもの(増設する余地が多い)にしておかれるとよいでしょう。

その他

周辺機器がWindows10に対応しているか

家にプリンタがあって、パソコンを買い替えた後もそのプリンタを使いたいなら、Windows10に対応しているかを調べてもらうために、プリンタの型番を控えていきましょう。

そのほかにパソコンに何かしらの機器を付けている場合はそれらの型番も控えていかれることをおすすめします。

必要なソフトが入っているか

最近ではあまり見かけなくなりましたが、WordやExcelが入っていないパソコンもたまに見かけます。それらを使う予定がないのならよいですが、もし使う予定があるならパソコンと同時に購入されることをおすすめします。

また、年賀状の宛名印刷をしていた方なら使っているソフト名も控えていきましょう。異なる年賀状作成ソフト間でのデータの移行は手間がかかりますので、できれば同じ年賀状作成ソフトが入っているかということを購入前にしっかりとお店の方に確認しておきましょう。

同じ理由で、ウイルス対策ソフトもパソコンを使っていた方ならウイルス対策ソフトの契約期間の残を調べておきましょう。契約が残っているなら引き継げるかどうかについても確認しておくことを忘れずに。ウイルス対策ソフトの中には契約期間が満了した時点で自動更新となっている場合もよくありますのでご注意くださいね。

マウスは無線でもいいけれど余裕があるなら有線のマウスも購入しておく

最近のパソコンは無線マウスが付属していますが、電池が切れてしまうとマウス操作ができなくなります。予備の電池を準備しておくか、できれば有線で接続するマウス(1000円程度で購入できる)も一緒に買っておくのもいいかと思います。

高齢者のパソコン選び。まとめ。

高齢者のパソコン選びについて書かせていただきましたが、まとめると

  • 今まで家にパソコンがあったのなら同じメーカーのパソコンがおすすめ
  • 家の中で持ち運んだり外に持ち出すならノートパソコンがおすすめ
    ※ただし、モバイルパソコンはおすすめしない
  • スペック(性能)
    • 解像度は1366×768あたりで十分
    • CPUはi3もしくはi5 ※〇〇Hzの数字に注目
    • 最低でもDVDの再生・保存ができるもの
    • USBの挿し口の数は3つ以上
    • Windows10ならメモリは8GB以上
  • その他
    • 周辺機器がWindows10に対応しているか
    • 必要なソフトが入っているか
      特にWordやExcel、年賀状作成ソフトが入っているかは確認必須
    • マウスは無線でもいいけれど余裕があるなら有線のマウスも購入しておく
      電池が切れても有線マウスを接続してもらえれば操作可能
    • ウイルス対策ソフトも併せて購入(パソコンを持っているなら引き継げるかどうかもあわせて確認)

こんな感じでしょうか。

高齢者にパソコンの操作方法をお話しているときにわたしが気を付けていることは、別記事(パソコン操作を「覚える」のをやめて「慣れる」に変えよう)にまとめています。

パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ