何かを始めるのに年齢は関係ない。大人になってからの学びについて考える。

わたしは、60歳以上の方々を対象とした学びの場を担当しています。学びの中心はICT、つまりパソコンやインターネット、メールの使い方などについてお話していますが、最高齢は80歳を先日迎えた方もいらっしゃいます。

その80歳の女性と話すと「学ぶことに年齢は関係ない」とよく思います。今日は、わたしなりに考える大人の学びについて書いていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

「パソコン習うのにこの年でも大丈夫?」といっていた75歳の彼女との会話

出会ったときの彼女は口を開けばこの言葉をずっと言い続けていました。それがとても気になっていたある日、二人でお話する時間が取れました。

当時75歳の彼女は私にこう聞きました。「先生は学校とか出てるの?」と。

実は、パソコン関係の学校や講座を受講したことはありません。ある事情があって独学でパソコン操作を習得しました。彼女は相当驚いた様子で矢継ぎ早に質問が飛んできます。

質問に答えているうちに彼女の眼の色が変わったのが分かりました。今度は逆にこちらからどうしてパソコン操作を学ぼうと思ったのかを聞いてみました。

「やってみたかったの。今まで、家のことや子どものことでいっぱいいっぱいだったけれど、時間に余裕ができて、何かやってみたくなった。それも、難しいことに挑戦したくなったの。そんなとき、ここの募集記事を見かけて、よし!と思って申し込んでみたの」

すこしの沈黙の後「だけど、やっぱり難しくて…。足手まといでしょ?」と聞かれたので、なぜそう思うのかを聞きました。すると彼女は覚えてくれない生徒(彼女)がいると辛くないかと言うのです。

わたしは「覚えてほしいという気持ちが全くないわけではないけれど、知ってほしい、慣れてほしい、自分で選んでほしいという気持ちのほうが大きいです。もし、知ったうえで難しいという気持ちになるのなら、難しいと感じることを感じずに済む方法を探すのがわたしの役割だと思っているので辛いと感じたことはないです。年々体力が落ちてくるのが分かるのでそちらのほうが辛いです」と答えました。

彼女は笑いながら「先生がそう言ってくれると安心して勉強に来られる。そうやってわたしの気持ちが分かるのは先生がひとりで勉強していたからなんだね。だから、覚えられなくて辛い気持ちも出来なくて悔しい気持ちも分かってくれているんだね」と言いました。

そうです。わたしは寂しかったんだと思います。自分で選んだ学びでしたが、わたしがパソコンと出会った頃は気軽に習いに行ける場所がなかった。もし、今自分がやっているこの学びの場があれば迷わず習いに来ているだろうと思います(自画自賛)。

友と一緒に和気あいあいとした空気の中で、学びたいことをそれぞれのペースで学ぶことができる。これは大人になったからこそ出来る学びの姿だとわたしは思います。

学ぶ。学生時代の学びと比べてみて思うこと。

まず、極端な解釈になりますが、学生時代は学びを授業という形で実行します。そこには点数があったり順位があったりしますよね。なぜ学ぶのか、それ自体が漠然としているような感覚です。こんなことを学んでどうなるのだろう、使うのか?みたいなこと一度や二度思ったことがあるのではないでしょうか。

だけど、大人になるとその強制された学びは無くなります。でも本来は生きていく中で常に人は学び続けています。学習し続けています。でもそれは意識できるものと意識できないものがあるように思います。

人は暮らしを優先します。優先しなければならない人もいます。そんな中でも「学びたい」と思う気持ちがもし少しでもあるのなら、わたしはチャレンジしてみてもいいのではないかと思うのです。

わたし自身、パソコンを買って独学を始めた時の周囲の反応は冷ややかなものでした。「そんなことして何か役に立つのか」、そういわれることが多かったのです。

役に立つのか。これ、学校で授業を受けているときにわたしが感じていたことでした。それを他者から言われたとき、役に立つものでなければ学んではいけないのか、時間を費やしてはいけないのかという気持ちが沸き上がりました。今に見てろよ!この気持ちがあったから今、この場があり身に付けた知識や経験を活かすことができているんだと思います。

学んだら役にたつのではなく、学びを役に立つものにするのは自分自身。

いつも生徒さんに言うのは、何かをしたら何かを得られるという、エスカレーターのような展開はない。あるとすれば、何かを学んだらそれを役にたつものにできるかどうかは皆さん次第だと。

パソコンを習って終わりにしてもいい。それでご自身が満足できるならそれで良し。だけど、習ったからには形にしたいと思うのであれば、その機会を作るのはご自身。

生徒さんの中には、パソコン操作が必要な地区の役員を引き受け、毎月、地区の会報を制作している人がいます。地区の方はとても喜んでくださって増刷、増刷の声がかかると。ある会合に参加されている方は、研修旅行のしおりを作って大好評だったと。

それから、家族の予定をエクセルでまとめて印刷して冷蔵庫にペタッと。中には、家計簿をつけ始めた人もいれば、血圧を毎朝、毎晩測ってエクセルでまとめ、グラフにしているという方も。授業内容でお伝えしたこともありますが、それをご自身で応用されている方もいらっしゃいます。

今までやろうとしなかったことが習ったことで「やってみようかな」に変化する。自身で試行錯誤し完成。この達成感はなかなか得られないものだと思います。

大人になってからの学びは、自分で学ぶことを決められます。そして、満足させてあげなければならないものは他人ではなく、学ぶご自身だけ。

学んだものを活かすも寝かすもご自身が「選ぶ」ことができるのです。

学びに年齢は関係ない!と言い切れる、その理由。

彼女を始めとした多くの「生徒」との出会い。今まで100名を超える生徒さんとの出会いを通じて、わたしは「学びに年齢は関係ない」という考えにますます自信を持つようになりました。

学びは暮らしを変えます。学んだもの自体を活かすことはもちろんですが、その学びにチャレンジしたこと、その経験が次の一歩へと確実に進むからです。学ぶことに慣れるというのでしょうか。パソコンを学ぼうと決めた日から、多くの仲間と出会い、もちろんわたしたちとの出会いもありますが、たくさんの学び・時間を共有することで彼女たちは「新しいつながりを作ることに躊躇することが少なくなる」のです。

学びの場は新しいつながりを作ります。年齢を重ねていけばいくほど「新しい」が苦手になっていく人がいます。どこかで自分にブレーキをかけます。知りたい、学びたいという感情をできない・やらない理由で抑え込みます。

何かを始めたいと思いながら、それができない理由を探している。相反する感情です。でも気持ちはわかります。わたし自身がそうだったから。だけど、思い切ったさきには必ず結果が伴います。始めたという結果、得たものに価値があるんだと思います。それは学びをやめることになったとしても、です。知って考えて学びを辞めるということを自分自身が「選択」したという事実、それこそにわたしは価値があるのだと思います。

大人になってからの学びと学生時代の学びとの違いは「選択」できるかできないかというものじゃないかと思います。だからこそ、頭の中や心で封じ込めてしまわないで一歩踏み込んで、その結果学ぶか学ばないかを「選択」できるのは大人だからできることなのではないかと思います。

と偉そうなことをつらつらと書いてしまいましたが。彼女たち「生徒」との出会いはわたしを「先生」として育ててくれました。わたしも彼女たちから学んでいます。大人の学びはもしかしたら学び合うことなのかもしれません。




記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする