モニターで文字を読むのと紙媒体で文字を読む違い

delo / Pixabay

パソコンやスマートフォン、タブレットなどのデジタル機器で文字を読むのと、紙面の文字を読むのとでは、同じ「読む」という動作です。が、意外とその認知に違いがあるのではないかと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

モニターで読む文字は読むのではなく見るに近い

パソコンやスマホ、タブレットで文章を読むのと、本や新聞などの文章を読むのとでは目に入ってくる情報のスピードが違うような気がします。

というのも、本や新聞は全体の文字量が分かっている状態で文章を読み始めますが、パソコンやスマホ、タブレットでは全体の文字量が分からない状態で、ページをめくるのではなく縦に長いページを上下にスクロールすることになります。

マウス操作やスマホやタブレットのスワイプ操作は、自分が思うようには動かず行き過ぎることがあるのではないでしょうか。そうなると、「行き過ぎた」という情報が先に入ってしまい、それまで読んでいた事柄が少し薄まるというか、小さくリセットされてしまうような気がするのです。

大事な情報は印刷して読むようにしましょう

私が思うに、モニターの文字や文章は読んでいるというより、流し読みに近いのではないかと。できれば印刷して読むようにしてもらった方がいいと思います。

特にホームページ。これは読み込む必要がある場合は印刷したほうが理解度が高まります。分かっているようで実はあまり理解できていないということがよくあります。

昔に比べて、モニターやディスプレイの性能が向上しましたが、モニターやディスプレイ上の文字と紙媒体の文字では認識スピードが違うような気がします。

モニターやディスプレイの明るさを調整しよう

購入してすぐのモニターやディスプレイの明るさはものすごく明るく見える設定になっています。独立したモニターやディスプレイの場合は、明るさ調整のボタンが分かりやすい場所についていますが、ノートパソコンの場合は、ボタンの表示が分かりづらいものが多いです。

ノートパソコンのキーボードの上のほうにあるF1F12と刻印されているボタンをよく見てもらうと太陽のようなマークが刻印されていることがあります。

Dynabookの場合は、F2F3です。このまま押すのではなくてFNを押しながらF2を押すとディスプレイが暗くなり、FNを押しながらF3を押すとディスプレイが明るくなります。

モニターやディスプレイの明るさを調整することは読みやすさ見やすさを調整するだけではなく、目の疲れが軽減されます。

もしも、上に書いたようなキーが無いノートパソコンの場合は、ディスプレイの角度を調整してもらうだけでも違ってきます。

長文を読むときは印刷することをおすすめ

長文を読むときはモニターやディスプレイで読むのではなく、印刷することでその認知度、理解度が向上します。すべてのものを印刷するというのではなく、これは印刷してでも読みたいものかという選択も必要になってくるかもしれませんね。

せっかく見つけた情報をしっかりと理解したい。そういう場合はぜひ印刷を。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする