【Word2013】往復はがきの印刷時に「余白が印刷可能なページ範囲の外に設定されています」

Wordで往復はがきを作成する方法について以前書きましたが、昨日の相談会に「教えてもらったとおりにやったけど印刷するときに何かが出てくる」という相談者がみえました。

現象を確認すると印刷ボタンを押したら「余白が印刷可能なページ範囲の外に設定されています」とウィンドウが出て、「はい」か「いいえ」という選択肢が出てきます。

関連記事 Word2016で往復はがきを作成する方法

スポンサーリンク
レクタングル広告大

【原因】プリンタが最低限維持したい余白よりも狭い値を設定していたため

プリンタには最低限維持したい余白があります。これはプリンタによって異なるため、これが解決策だと示すことができないのです。

ただ、調整することは可能ですので、以下にその方法を示します。

ページ設定で余白を設定しなおす

Word2013の場合、<ページレイアウト>タブ→「余白」ボタンをクリックし、一番下のユーザーの余白設定へ進みます。

上下左右の余白をいったんすべて「0」に設定してみます。するとパソコンに接続されているプリンタによっては「修正するか」という画面が表示されることがあります。

選択肢は修正か無視です。これの修正をクリックしてもらうとプリンタが最低限維持したい余白の値を自動的に反映された状態になりますので、OKボタンをクリックします。

【こぼれ話】プリンタが接続されていないパソコンでは用紙サイズのはがきが見つからない

このご相談はこの季節、年賀状を作成するシーズンになると急増します。パソコンとプリンタというのは「ドライバ」というソフトを使って繋がっています。

物理的にケーブルを使ってつないだからと言って、パソコンにドライバが正しくインストールされていないとプリンタはまったく動作することができません。

聞いた話になるのですが、プリンタをパソコンにケーブルでつないだらすぐ使えるよという話を鵜呑みにして本当に物理的につないだだけでプリンタが使えるようになるとおっしゃる方がいらっしゃいますが、それは違います。

必ず、ドライバをインストールしなければいけないのです。

最近のプリンタにはドライバが付いていないのか?と思うこともよくあります。一昔前ならCD-ROMやDVD-ROMが同梱されていたのですが…。

もしも、ドライバが入っていない、もしくは紛失してしまった場合は、インターネットに接続し、プリンタメーカーのホームページを開き、プリンタの型番で検索するとドライバが見つかると思います。

このときの注意点は、パソコンのWindowsの種類を確認しておくこと。Windows10でも複数の種類があります。

確認の方法は、スタート→設定→システム→バージョン情報です。

Windows10だということと、システムの種類(64ビットなどと書かれていると思います)を確認してくださいね。

プリンタが動作しないというご相談の場合、この確認不足が多いです。

ちなみに、Wordなどで用紙サイズの一覧にはがきが入っていない、見つからないという相談はほぼこのドライバがちゃんと設定されていないか、プリンタと一度も繋がっていないパソコンの場合が多いです。

もしも、はがきが見つからない場合は、用紙ボタンを押した後、そのほかの用紙サイズからはがきのサイズを手入力することで解決します。

縦置きの場合は幅100ミリ、高さ148ミリにするとよいでしょう。横置きの場合はさきほどの数値を逆にしましょう。




記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする