親に「タブレットがほしい」と言われたら

FirmBee / Pixabay

先日、友人から「親がタブレットがほしいと言い出した。自分はパソコンが必要だからタブレット型のパソコンを買おうかと思うのだけど」と聞かれました。

どうやら友人は新しくパソコンを購入したい、が親はタブレットが欲しいと言っている。いっそ、タブレット型のパソコンを買えば一挙両得!という話のようです。

が、タブレット型パソコンとタブレットは似ているようで全然違うものです。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

タブレット型パソコンとタブレット。名前は似ているけれど全然違うもの

まず、タブレット型パソコンとタブレットでは厚みや大きさが重さが全然違います。親御さんはタブレットがほしいと言っておられるのですから、タブレット型パソコンだと厚みも重さも大きさも望むものとは違うように感じます。

また、OSが違ってきますので、使えるアプリが違ってきますね。お話を聞いたところ、親御さんはタブレットを使って、マップを見たりインターネットで検索したりゲームをしたりしたいということだったので、これはタブレット型パソコンでもタブレットでもどちらでもありかと。

ただ、親御さんがタブレットがほしい理由のなかで大きなものが「持ち運びのしやすさ」と「操作の容易さ」でしたので、タブレット型といっても中身はパソコンです。これは親子で共有するのは難しそうだねという話になりました。

もし親御さんがタブレットを持ったらどんなふうに教えたらいいかについては、別記事にまとめておきました。

高齢者にスマホやタブレットを教えるときに気を付けていること
高齢者対象のパソコン教室を9年担当させていただいたインストラクターとして、高齢者に対してスマホやタブレットの操作を教えるときに気を付けている...

タブレット型パソコンを購入するなら、チェックしてほしいポイントは?

まずは拡張性です。ノートパソコンに比べて拡張性は低くなります。あくまでもわたしの知る範囲での話ですが、モバイルパソコンと同じくらい拡張性が低いと感じました。

特に、USBスロット(挿し込み口)の数が少ないこと、メモリの増設ができないことが個人的には気になります。

それから、重量。タブレット型パソコンはノートパソコンより重く感じることが多いです。持ち運べそうで持ち運びにくいかも…というのが個人的な感想です。

CPUの性能もチェックしておいたほうがいいかと思います。WordやExcelを使うくらいならさほど影響はないかと思いますが、画面が小さいものは必然的に持ち運ぶことを優先している作りなのか、CPUの性能が低く抑えられているものが多いように思います。

画像編集なんかをやりたいという人ならCPUのチェックは忘れずにしてほしいです。

タブレットという言葉の意味

タブレットというと”手軽な””持ち運びやすい”というイメージを持たれる人もいるかもしれませんが、タブレットという言葉の意味は「指やペンを使って直感的に操作する」という意味であって、決して”手軽な””持ち運びやすい”という意味ではありません。

なので、タブレット型パソコンというのは指やペンで直感的に操作できるパソコンということになるので、親御さんがほしがっていたタブレットとはまったく違ったものであるといえます。

キーボードよりマウス操作のほうが多いならタブレット型パソコンを購入してもいいかも…

個人的な感覚ですが、指やペンで操作できるパソコンがタブレット型パソコンなので、たとえば絵を描くといった、マウスを操作することが多いという人には使い勝手がいいパソコンなのではないかと。

友人は、どちらかというとマウス操作よりキーボード操作のほうが多いので、タブレット型パソコンを購入しなくても、ノートパソコンのほうが初期投資を抑えることができます。なにせ、タブレット型パソコンはまだまだ高価ですから…。

とはいえ、MicrosoftのSurfaceなら持ち運びもしやすいです。WordやExcelをガンガン使う友人なら使い勝手の部分でも費用的な部分でもいいのではないかな?とはお話しておきました。

新しい Microsoft Surface Pro | 思わず持ち歩きたくなるような、超軽量なノートパソコンを

で、後日談ですが。

親御さんは携帯電話会社でタブレットを購入され、友人はMicrosoftのSurfaceを購入されました。というのも、なにやらタブレットがお安く手に入れられたとか。

親御さんはタブレットを使って脳トレに勤しんでいるそうです。とても楽しそうで良かったと友人から聞きました。

友人からすればタブレットより携帯電話をスマホに機種変更してもらってもいいかなと思ったのらしいのですが、親御さんが断固拒否だったそうです(笑)

スマホを拒否した理由は「画面が小さいから!」だそうです。確かにタブレットをほしいと思っている親御さんからすればスマホの画面は小さい、ですよね。

パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします