デジタルカメラの写真をパソコンに取り込んだはずがピクチャの中にない!!

Hans / Pixabay

昨日のパソコン相談会に「デジカメの写真をパソコンに取り込めなくなった」という人が来られました。

以前は、デジカメをパソコンに接続したら「取り込み」というのが表示されたのに表示されなくなった。おかしいなと思ってもう一回デジカメをパソコンに接続すると「新しい写真はない」と表示される。ピクチャを探したけれど取り込まれた(はずの)写真は見つからない」とのことでした。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

デジカメで新しく写真を撮影してもらい、現象を確認してみた

現象を確認するため、その場でデジカメで相談会場の写真を撮影してもらい、いつもと同じように操作してもらいました。

一瞬、デスクトップ右下にトースト(Windows10で画面右下に表示される黒い吹き出しのこと)が表示されましたが、あっという間に消えてしまって何と書いてあったのかを確認することはできませんでした。

一度、デジカメの電源をオフにしてもらってパソコンから外し、再度接続し直してもらいました。すると、お話されていたとおり、新しい写真は見つからないといったような画面が表示されました。

これから分かるのは、パソコンとデジカメの接続はうまくいっているということ。そして写真の取り込みも完了していること。

ということは、デジカメから取り込まれた写真がピクチャ以外の場所に取り込まれているのではないかということが考えられます。

写真は取り込まれていた!が、取り込まれていた先は…

結論から言うと、写真はしっかり取り込まれていました。ただし、パソコンの中に取り込まれてはいません。では、どこに写真が取り込まれていたかというと、なんと「OneDrive」でした!!

OneDriveとは、Microsoftが始めたクラウドサービスのこと。Microsoftアカウントを持っている人なら使うことができるサービスのひとつです。

【Word2013】名前を付けて保存をクリックした後に見える「OneDrive」って何?
Word2013以降、「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリックした後の挙動が変わりましたね。今までは、「ファイル」→「名前を付けて保存」...

ちなみにクラウドサービスとは、ネット上にある保管庫のようなもの。アカウントとパスワード(これが鍵になります)でログインすることで使用できるようになっています。

なぜか、このOneDriveに写真が取り込まれる設定に変更されてしまっていたのです。

OneDriveへの写真の取り込むようになっている設定を変更し、ピクチャに取り込むように設定する

OneDriveを起動します。タスクバーの右側に雲のようなアイコンが見える場合はそれを右クリック→「設定」をクリックします。

「自動保存」タブをクリックします。

「写真と動画」の項目内にある「カメラ、電話などのデバイスをPCに接続するたびに写真とビデオをOneDriveに自動保存」のチェックを外し、OKボタンをクリックします。

OneDriveの自動保存の設定画面
OneDriveの自動保存の設定画面

これで、デジカメの写真がOneDriveに取り込まれず、ピクチャに取り込まれるようになります。

Windows10の自動再生の設定も確認しておく

もうひとつ設定を確認しておきます。

デジタルカメラを接続した状態で、Windows10のスタートメニューから「設定」をクリックします。「デバイス」を選択します。

左側の一覧から「自動再生」をクリックします。

デジカメが接続されていると、デジカメの名前が表示されているはずです。

今回、ご相談があったパソコンは、自動再生の設定が「写真と動画のインポート(OneDrive)」となっていたので、「毎回動作を確認する」に変更しておきました。

この自動再生の設定のひとつである「毎回動作を確認する」は、Windows10のタスクバー右側に表示されるトースト(黒い吹き出し)が、デジカメを接続するたびに「どうする?」と聞いてくれるようになります。

Windows10の黒い吹き出し(トースト)の表示時間は変更できる

Windows10ではトーストという呼び名になったタスクバーからの吹き出し。

トーストの表示時間が短くて見過ごしてしまう!という方もいらっしゃるかもしれませんので、トーストの表示時間を変更する方法を掲載しておきますね。

まず、スタート→設定(歯車のマーク)をクリック→「簡単操作」→左側の一覧から「その他のオプション」をクリック

通知を表示する長さを希望の時間に変更すればトーストの表示時間は変更できます。

Windows10のトースト表示時間を変更する画面
Windows10のトースト表示時間を変更する画面

デジカメの写真が取り込まれなくなったときに確認してほしいこと~Windows10の場合~

今回のパソコン、実はWindows8.1からWindows10へバージョンアップしたものでした。この相談者、Windows8.1ではデジカメの写真を問題なく取り込めていたのですが、Windows10になって、なぜかOneDriveにデジカメの写真が取り込まれるという設定に変更されてしまっていたため、実際には写真は取り込めていたのにどこに取り込まれていたのかが分からなくなってしまったというわけでした。

他にも、メーカー製(NECや富士通、東芝など)のパソコンだと、パソコンメーカー独自のデジカメ写真の取り込みソフトがインストールされていることがあって。

それがWindowsの自動再生より優先的に動く設定になっていると、ピクチャ内のソフト名のフォルダにデジカメ写真が取り込まれてしまい、それを知らずに操作すると写真が見つからない!という話になることがあります。

あとは、メモリカードが壊れている場合もあるし、パソコンとデジカメをつなぐケーブルが損傷していることもあります。この場合なら、パソコンは一切反応しませんので気付く人が多いのですが。

あ、これもあるかな。ピクチャに写真を取り込み過ぎるとパソコンの起動に時間がかかるから、とDドライブに取り込み先を変更していたという事例もありました。

デジカメ写真をパソコンに取り込むときに「写真の取り込みが終わったらカメラ内(メモリカード)の写真を削除する」という設定はしない

それと、これはついでに書いておきますが、デジカメ写真をパソコンに取り込む際、取り込んだ後は写真を削除するという設定ができるようになっていますが、個人的にはおすすめしていません。

というのも、デジカメ写真の取り込みに失敗しているにも関わらず、デジカメ内の写真は削除されてしまったということが以前にありまして。メモリカードもUSBメモリと同じで、削除されたデータは、パソコンのゴミ箱に入ることなく削除されてしまうので、永久に戻すことはできなくなってしまうのです。

USBメモリは長期保管(保存)には向かない
皆さんは、USBメモリをお使いですか?一時に比べずいぶんお安く手に入るようになったUSBメモリ。最近ではコンビニエンスストアにすら販売されて...

ですので、デジカメ写真をパソコンに取り込む際、取り込んだ後は写真を削除するという設定は行わない方がいいとわたしは思います。

デジカメ写真の削除は、デジカメから、です。このほうが安全です。

写真は同じものが撮影できない。大切に扱うようにしましょう

写真というのは、同じ場所、同じ時間に撮影してもまったく同じものは撮影できません。大切な一瞬を切り取るのが写真です。

デジカメは撮影も、写真の削除も簡単にできます。簡単だからこそ、手違いで写真が消えてしまうことほど悲しいことはないですよね。くれぐれも気を付けてくださいね。

スマホで撮影した写真をパソコンに取り込む方法については別記事にまとめました。

Androidスマホで撮影した写真をパソコンに取り込む方法
Androidスマホで撮影した写真をWindows10のパソコンに取り込む方法について。

iPhoneで撮影した写真をパソコンに取り込む方法についてはこちら。

iPhoneの写真をWindows10パソコンに取り込む方法
以前、 スマホからパソコンへ写真を取り込みたい(Android)について書きましたが、iPhoneではどうするのという相談がありましたので、...
パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ