高齢者が格安スマホを使うときの注意点。

高齢者とスマホ
TeroVesalainen / Pixabay
この記事は約5分で読めます。

高齢者を対象としたパソコン教室で

格安スマホって気になるんだけど、わたしらにも使えるんかな?

最近、テレビのコマーシャルでもよく見受けられるようになった格安スマホ。一番の売りはやはりその価格。「スマホは本体価格も月々の利用料金も高い」と言われていますが、格安スマホはスマホ本体は最新型ではないにしても、日常使うには支障のない本体が多いですし、月々の利用料金も大手携帯電話会社のプランに比べればぐんと低価格です。

高齢者がスマホに乗り換えるのを躊躇する理由で一番多く口にされるのがガラケーを使っている今よりも月々の利用料金が倍以上になることです。それが低価格になると聞けば格安スマホが気になるのも当然です。

パソコン教室でもそうなのですが、高齢者もスマホを使う人が急増しています。ガラケーを機種変更しなくてはいけなくなったタイミングでスマホに乗り換える人が多くなったように思います。

ガラケーだから使える、スマホだから使えないということではなくて、あくまでもスマホは携帯電話だということを念頭に置いて、電話やメールができる以外に「アプリ」をインストールすればいろんなことができるようになるものだということをよく理解しておくようにしましょうね。

ちなみに、格安スマホと呼ばれるものはスマホ本体と格安SIMというのを一緒に契約・購入することが多いようです。スマホ本体の価格が格安だというわけではなく、利用料金が格安だという意味になるので注意しましょう。

UQモバイル楽天モバイルLINEモバイルmineoなどが格安スマホを取り扱うところとしては有名です。

では、これまでにお受けした格安スマホについての相談内容を踏まえ、格安スマホを購入しようかなと考えている高齢者の方に、ここはチェックしておいてね、ということをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

格安スマホを購入しようかなと考えている高齢者の方にお伝えしておきたいチェック項目

格安スマホに乗り換えるということは今契約している携帯電話会社との契約を解除するということ。

まず、格安スマホにするということは今契約している携帯電話会社との契約を解除し、新たな契約をすることになります。携帯電話番号はナンバーポータビリティを使ってそのまま移行させることができますが、携帯電話会社のメールアドレスは使用できなくなりますので、十分に理解しておくようにしましょう。

格安スマホ会社が取り扱っているスマホには外国製のスマホが多い

スマホの製造メーカーですが、格安スマホのサイトを確認すると海外製のスマホが多く販売されています。今まで使っていたガラケーが国産のもの(富士通やシャープ、ソニーなど)だったことを考えると、個人的にはそれらを選んだ方がいいような気がします(少し本体価格は高くなってしまいます)。

スマホの保存容量(メモリーの容量)

次に、スマホの保存容量(メモリー)の大きさ。スマホに付いているカメラは高解像度の写真を撮影できます。カメラで写真をたくさん撮りたいという人はこのメモリーの大きさをチェックするようにしてください。

とはいえ、スマホの中にメモリーカード(SDカード)を入れることができるタイプのスマホを購入してもらえれば、本体の保存容量はそれほど大きなものでなくてもいいかな、と。

iPhoneはメモリカードを入れられませんので、本体のメモリー容量を必ずチェックしましょう。

同じスマホを使っている人が周りにいる?

家族や友達が使っているのと同じスマホを購入したほうがいいと個人的には思います。というのも、同じ機種のスマホを使っている人が周りにいればスマホ操作で困ったことがあっても聞くことができます。

同じ機種が難しいのであれば、せめてOSは同じものにされるといいと思います。スマホのOSで有名なのはAndroidとiOSです。

AndroidというOSがインストールされているスマホはたくさんありますが、iOSというOSがインストールされているスマホはiPhoneしかありません。

格安スマホは店頭で契約できないところもある

それとこれは一番大切なことなのですが、携帯電話会社のスマホは店頭で直接契約をして購入しますので、分からないことや不安なこと、初期設定などを店頭スタッフが助けてくれることがあります。

が、しかし、格安スマホの場合、店頭で直接契約するよりインターネットを使って契約をするところのほうが多いです。ということは、スマホの初期設定は自分もしくはスマホに詳しい人にお願いするしかありません。

スマホは購入しただけでは何もできません。スマホの電源を入れて初期設定をして初めて使用することができるものなので、初期設定ができるかどうか、助けてくれる人がいるかも十分に確認してから契約するようにしましょう。

格安スマホの利用料金の支払い方。クレジットカードのみというところもある

最後に月々の利用料金を支払う方法です。格安スマホを扱うところの多くは支払いはクレジットカードのみです。高齢者の中にはクレジットカードを持っていない人も多いので支払い方は必ず確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

高齢者が格安スマホを使うときの注意点。

個人的には、高齢者だから格安スマホはやめておいたほうがいいと思うことはないのですが、格安スマホはやはり店頭で契約できる地域が、携帯電話会社に比べて少ない気がするのでそこがネックかなという印象を持っています。

ナンバーポータビリティーが始まり、携帯電話会社を変えても携帯電話番号はそのまま使い続けられるようになった今、自分が一番使い勝手のいい、費用対効果のよいところと契約することができるようになったという点は消費者にとってメリットです。

が、大手の会社がたくさんスマホ事業に参入してきたため、選択肢が増えすぎている感も否めず。どれがいいかという点でこれといった決め手にかけるような気もしています。

とはいえ、選択肢が増えるというのはいいことでもあるので、いきなり契約をするのではなく、いろんな会社の情報を調べて納得したうえで契約できるようにするといいですね。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者とスマホ
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました