格安スマホが気になる。高齢者にとって格安スマホはおすすめなのか?

高齢者とスマホ
TeroVesalainen / Pixabay
この記事は約6分で読めます。

毎月2回の高齢者を対象としたパソコン教室でときどき行うのが「質問タイム」。パソコンだけじゃなくスマホやタブレットなどITに関する質問ができる時間なのですが、ここのところ多くなった質問が「格安スマホ」について。

テレビやテレビコマーシャル、大型量販店や家電量販店などでもスタッフさんが声をかけてくるようになったのが格安スマホへの関心が高まった理由かもしれません。

スポンサーリンク

格安スマホって?

格安スマホとはどういうものかというところからお話しさせていただくと、格安スマホというのは大手の携帯電話会社で扱っているスマホより月々の支払いがお安く済むというもの。

大手の携帯電話会社に比べて月々の支払いが安く済むには理由があります。

格安スマホを取り扱う会社は大手通信事業者の通信網を借りているため、設備投資に費用をかけずに済みます。また、窓口を全国に細かく配置していないので人件費などが削減できているのも要因かもしれません。

誤解のないように書いておくと、格安スマホというのはスマホ本体が格安で手に入るというわけではなく、あくまでも月々支払う費用が大手携帯電話会社より安くなるだけです。

携帯電話(ガラケー)もスマホも、SIMカードが入っているため電話をかけたり通信したりできます。厳密に言えば、格安スマホとはSIMカードが格安だとも言えるでしょう。

SIMカードとは、電話番号など通信に必要な情報が書き込まれたiCカードのことです
格安スマホを扱う業者には、テレビコマーシャルなどで有名なmineo LINEモバイル UQモバイル 楽天モバイル などがあります。

格安スマホを使うメリット・デメリット

格安スマホを使うメリットとデメリットについてみていきましょう。

格安スマホを使うメリット

格安スマホを使う最大のメリットは「月々の利用料金が安くなる」です。

大手携帯電話会社ではだいたい8,000円/月前後かかりますが、格安スマホだと4,000円/月前後になるので単純に1/2くらいになります。※格安スマホの契約プランによります

また、格安スマホの利用プランはとてもシンプルで要不要を選択するのも分かりやすくなっています。携帯電話会社のプランは正直、複雑すぎて完全に理解できるかというと不安が残ります。

また、利用途中でもプランの変更が自由にできます。多くの場合、会員専用アプリなどでプラン変更ができるのもいいところだと思います。

携帯電話の購入でもそうでしたが、大手携帯電話会社の契約は2年以内に解約すると解約金を支払うことになりますが、格安スマホには2年といった契約期間がありませんので、解約金が発生しません。

格安スマホを使うデメリット

携帯電話(ガラケー)を使っていた人が格安スマホを契約する場合、今まで使っていた携帯電話番号はナンバーポータビリティを使って、携帯電話番号を使い続けることができますが、契約していた携帯電話会社から提供されていたメールアドレスが使えなくなります。

参考 MNP

格安スマホを取り扱う事業所は全国に店舗(ショップ)を構えているところが少ないので、分からないところを気軽に対面で教えてもらうということができません。特に地方だと店舗はほとんどありませんので、大手携帯電話会社のようなサポートは期待できないかもしれません。

店舗(ショップ)がないということは格安スマホの契約ってどうすればいいの?という話ですが、基本的に格安スマホはインターネット上での契約となりますので、窓口で相談しながら契約する、ということは店舗が近くにない限り難しいですね。

インターネット上で契約ということは格安スマホを使えるようにするのは自力です。説明書が付いているので読みながらやればできるようにはなっていますが、アカウントの取得などが必要なため、難しく感じる人は多いようです。

また、格安スマホは大手通信事業者の通信網を借りて運用しているので、早朝や深夜に比べて昼間の利用は通信速度がやや遅くなります。

格安スマホを契約する前にチェックしておいてほしいこと

ここまで、格安スマホのメリットとデメリットを書いてきましたが、メリットデメリットを理解したうえで格安スマホを使いたいとなったときに、チェックしておいたほうがいいところを少しまとめておきます。

携帯電話のメールアドレスで登録しているサービスがない?

今まで使っていた携帯電話のメールアドレスが使えなくなるので、携帯電話のメールアドレスを使ってどこかのサービス(たとえば、ガソリンスタンドのメール会員とか)に登録している場合、サービスの利用ができなくなります。

携帯電話のメールアドレスで利用登録しているサービスやホームページがあるなら、格安スマホを契約する前に他のメールアドレス(携帯電話のメールアドレス以外)に変更しておきましょう。

スマホは最初からなんでもできるわけじゃない。アプリをインストールすることでできることが増えてくる

スマホを買えば何でもできるようになると思われている人が中にはいらっしゃいます。他の人のスマホはあんなことができるのに私のスマホではできないと言われることもよくあります。

スマホのアプリについては別の記事に書きました。

格安スマホにはOSがふたつ。Androidを使うかiPhoneを使うかを決めよう

大手携帯電話会社でも同じようにスマホには「Android」と「iOS」という2つのOSがあります。

どちらがいいとは一概には言えませんので、家族や友人でスマホを使用している人がいたら同じOSのスマホを使ったほうがいいと個人的には思います。なぜなら、同じOSだと機種が違ってもある程度操作は同じですので、困ったことがあっても聞くことができるからです。

AndroidスマホであればMicro SDカードを入れることによって保存容量を増やすことができますが、iPhoneは契約したスマホが持つ保存容量しかありません。つまり、たくさんスマホに保存したいと思えばiPhoneの場合、保存容量の大きなものを契約することになりますが、保存容量が大きければ本体価格も高くなってしまいます。

格安スマホの利用料金の支払い方。クレジットカードのみというところもある

最後に月々の利用料金を支払う方法です。格安スマホを扱うところの多くは支払いはクレジットカードのみです。高齢者の中にはクレジットカードを持っていない人も多いので支払い方は必ず確認するようにしましょう。

スマホを使うならセキュリティソフトの利用も考えよう

セキュリティソフトと聞けばパソコンと思われがちですが、スマホでもウイルス感染事例が報告されています。

パソコン同様、個人情報がたくさん入っているのがスマホです。ウイルスに感染し、個人情報を抜き取られたという被害も報告されていますので、セキュリティソフト(ノートン 360、PCもMacもスマホもこれ一本! など)の導入も考えたほうがいいと思います。

スポンサーリンク

月々の利用料金がぐんと抑えられる格安スマホが気になる、のまとめ

個人的には、高齢者だから格安スマホはやめておいたほうがいいと思うことはないのですが、格安スマホはやはり店頭で契約できる地域が、携帯電話会社に比べて少ない気がするのでそこがネックかなという印象を持っています。

ナンバーポータビリティーが始まり、携帯電話会社を変えても携帯電話番号はそのまま使い続けられるようになった今、自分が一番使い勝手のいい、費用対効果のよいところと契約することができるようになったという点は消費者にとってメリットです。

が、大手の会社がたくさんスマホ事業に参入してきたため、選択肢が増えすぎている感も否めず。どれがいいかという点でこれといった決め手にかけるような気もしています。

とはいえ、選択肢が増えるというのはいいことでもあるので、いきなり契約をするのではなく、いろんな会社の情報を調べて納得したうえで契約できるようにするといいですね。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者とスマホ
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました