スマホは難しい!そう思うのはなにもシニア世代だけではないのです

JESHOOTS / Pixabay

先生、スマホって難しいんでしょ?そう言ってわたしの手にあるスマホをのぞき込む生徒さん。難しいって感じるかどうかというのは実は人それぞれです。

家族にスマホなんて買っても無駄、使いこなせるわけがない!と購入を反対される高齢者の方も多くいらっしゃいます。

高齢者にはスマホ操作は難しいものなのかというところについて書いていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

人から聞いた「難しい」は当てにはならない。まずは店頭や知り合いのスマホに触れてみましょう

他者が言う「難しい」はとても主観的なものです。「難しいからやめた方がいい」という人自体が難しいと感じているだけで、もしかしたらあなたには難しくないのかもしれません。

例えば、みんなが美味しいというラーメン屋さんに行ってみたけど、自分はそうでもなかった、みたいな。

家族が言う「無理」は、もしかしたら、何か聞かれても答えられないよ、というご家族自身が「無理」なだけなのかもしれません。

「百聞は一見に如かず」という言葉がありますが、実際に触れてみないと分からないところがあると思います。お友だちやご家族に言うのがどうも・・・という方は一度店頭に行ってみてください。

お試し機があればどんどん触れてみてください。もしかしたら店員さんに声をかけられたら契約してしまいそう・・・と思う方もいると思いますが、そこは「家に帰って相談します」と伝えてさっさと店から出てもらえばいいと思います。

スマホを使ってみたい、その好奇心自体を大事にしてほしい

わたしの受け持つ生徒さんに「知ることを拒んだらそこから先はない。知ってどうするか後で決めればいい。好奇心って大事だ」といつもお話しています。

実は、わたしがパソコンを操作し始めた理由もその好奇心からでした。家族の中にも、もちろん親戚、友達にもパソコンを使っている人がいなかった時代に、店頭に並んでいるパソコンを見て「やってみたい」と思ったのです。

家族にはもちろん大反対されました。今でこそパソコンが家庭に1台あるような時代ですが、わたしがパソコン操作を始めた頃は、会社にパソコンが導入され始めたくらいの時代。そんな時代に主婦のわたしが「パソコン買いたい」と言えば大反対されるのは当たり前ですよね。

その反対を押し切ってわが家にパソコンがやってきて、専門書も本屋さんには置いていない状態だった中、市内にはパソコン操作を教えてくれるところが無い状態でも諦めずに使い続けた結果、先生と呼ばれて大勢の生徒さんの前で話をするまでになりました。

たぶん、そのわたしが言うのだから実感がこもってるんでしょうか、生徒さんたちはとてもアグレッシブに挑戦を続けてくれています。

知ることは楽しい!それを取り入れるかどうかは知ってから決めればいい。好奇心の赴くままに挑戦する。ガッツリ元が取れたか、と言われれば「?」が残ってしまいそうですが、それでもそこにかけた時間や費用、情熱には悔いはありません。

それが大人の学びというやつかな?と今になっては思います。

若い、若くない、何かを始めるときに年齢って関係ない

わたしも50代が目の前にやってきているので、若さというものに多少の負い目を感じたり、時には「若いからいいわよね」なんて言ってしまうことがあります。

スマホというのは、どんな人にでも使いやすいようにと日々開発が進んでいます。スマホが登場し始めた頃に比べれば、ものすごい進化を遂げていますし、これからもどんどん進化していくでしょう。

確かに理解するのが早いというのは少なからずあるかもしれません。でも、それは若さのせいではないとわたしは思います。

というのもわたしに限って言えば、理屈抜きで感覚的に使っています。電話のアイコンをタップすれば電話がかけられるし、電話の着信音が鳴れば画面をスライドするだけで電話に出ることができます。

そこに理屈はありません。感覚しかありません。なぜそうなるのかという理由を話すこともできないくらい感覚的です。

まずは、携帯電話(ガラケー)で出来ていることができれば御の字じゃないでしょうか。電話をかけることができて、うけることができて、メールの送受信ができて、カメラで撮影ができて。アラームのセットができれば、まずはOKなのではないでしょうか。

あくまでもスマホは携帯できる電話であるのは間違いないです。まずはそれが誰に聞くこともなくできるようになれば、あとはすこ~しずつ。

使っている人が全てを知っているとは限らない。まずは携帯電話会社の店員さんに何でも聞いてみましょう

スマホを使っていれば分からないことって必ず出てきます。これは断言できます。例えば家族に聞いたり、仲の良い友だちに聞けばいい、そんなふうに考えているとするなら、それはやめておいたほうがいいと思います。

それは、スマホを使っているからといっても、その人、その機種、それぞれに環境が違います。特にスマホはアプリを追加していけば同じ機種を使っていても環境ってどんどん変わってしまうんです。

そうなると、同じスマホを使っているからといっても同じトラブルや不安、不満を感じているとは限らない、同じ現象が起こることってほとんどありません。

なので、困ったら携帯電話会社の店頭に問い合わせをすることをおすすめしたいと思います。以前に別の記事に書いていますのでお時間あったら読んでみてくださいね。

スマホで困ったことを相談できる携帯電話会社のサポートサービスを調べてみた
スマホで困ったことを相談できる携帯電話会社のサポートサービスを調べてみた
高齢者の方がスマホを購入するときに心配になることのひとつに、困ったことがあったときに誰に聞くのかということが挙げられると思います。 息子さんや娘さん、もしかしたらお孫さん、いやいや、スマホを使い...

スマホ操作は難しいかどうかは誰にも分かりません。ただ、言えるのは実際にスマホを操作してみないと難しいかどうかは判断できない、ということです。

そして、他者の感覚に惑わされず、難しいけど使えるようになりたい、そう思えるかどうか、そこを判断基準にされればよいのではないかと思います。

まずは店頭でお試し機があれば触れてみてください。もしかしたら「面白い!」って感じるかもしれません。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする