スマホを手に入れる選択肢のひとつ「格安スマホ」について

TeroVesalainen / Pixabay

最近、よく耳にするようになった「格安スマホ」。安くスマホを手に入れることができる、月々の利用料が抑えられるというイメージが漠然とありませんか?

月々の使用料もお高めですし、スマホって本体価格もお高めです。手に入れるかどうかというとやはりお値段が気になるところではないでしょうか。

とはいっても、安かろう悪かろうではないですが、お安いという言葉に魅力を感じつつも、安いというからには「何か」あるのではないかと思われている人もいらっしゃるかもしれませんね。わたしも実はその一人です(笑)

そんなわけで、格安スマホとはいったいどんなもののことを指しているのかを調べてみることにしました。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

同じ格安という言葉が付くもの、格安スマホと格安SIM

携帯電話を使うときに「SIMカード」というのを使っていることをご存知でしょうか。これは携帯電話が携帯できる電話として使えるようになるために必要なカードです。イメージとしてはこのSIMカードの利用料が、携帯電話会社に支払っている通信料金だと考えてもらえるといいのではないかと思います。

つまり、今までこのSIMカードを発行できるところが携帯電話会社だけだったのが、それ以外の会社も参入できるようになったため、お安いSIMカードが登場したということのようです。

で、格安スマホと呼ばれているものを調べてみると、このSIMカードとスマホ本体をセットで購入する場合を指しているようですね。

ここで、格安スマホというのはスマホ本体とセットで購入する場合を指し、格安SIMとはSIMカードだけを指しているということがわかりました。

通信料金がお安くなる理由は携帯電話会社の回線を借りているから

docomoやau、Softbankといった携帯電話会社のことを三大キャリアと呼んでいますが、この三社は自社で通信回線を持っています。

実は、格安スマホや格安SIMは、この三大キャリアの回線を「借りて」いるため、格安な通信料金を実現できているのですね。

ということは、格安スマホや格安SIMはこの三大キャリアの回線のどれかを使っているので、通信回線も通信エリアも借りているキャリア回線と同等のレベルだということが言えるようです。

ただし、通信品質については三大キャリアのほうがいいという人が多いのも事実のようです。

サポート体制と割引、メールアドレスなど格安スマホや格安SIMに乗り換えるときに気を付けてほしいこと

三大キャリアのようなサポート体制があるか

格安スマホや格安SIMは三大キャリアと比べるとサポート体制に違いがあります。それは実店舗が近くにあれば差は無いのですが、地方によっては実店舗が遠くて行けないという場合もあるようです。対面でサポートが受けられないかもしれないというところが少し気になる点です。

わたしのパソコン教室に通う生徒さんの中には、分からないことがあれば店頭に行って質問する人が多くいらっしゃいます。

身近で格安スマホや格安SIMを使っている人がいて、分からないことを聞くことができるのであればさほど心配することはないかもしれませんが、料金のことなどはやはり対面で…と思う方には不便に感じるところかもしれません。

期間の縛りがあるかないか

二年縛りという言葉を聞いたことがありますか?二年間、携帯電話会社を変えずに使ってねと期間を決められる代わりに、割引サービスを付けるといったものですが、格安スマホや格安SIMはこの縛りがありません。ということは、縛りが無いから好きなタイミングで機種を変えたり会社自体を変えたりすることもできます。

だけど、この縛りが無いということは割引が受けられないということになるので本体価格に対する割引がきかないということになります。

使い慣れた携帯電話番号は引き継げるけれど、メールアドレスは引き継げない

MNPが登場したおかげで、携帯電話会社を変えても使い慣れた携帯電話番号を引き続き使い続けることができますね。一昔前まではキャリアを変えると携帯電話番号が変わってしまったので、これはありがたいですね。

でも、ここで強くお伝えしなくてはならないのが、使い慣れたメールアドレス(@docomo.ne.jpなど)は使い続けることができなくなります。

実は、わたしのところに来る相談の多くは、今まで使っていたメールアドレスが使えなくなってしまったというものです。

これは説明を受けているはずなのですが、携帯電話番号が引き継げる=メールアドレスも引き継げると思い込んでしまうのでしょうか。とにかく多いです。

格安スマホや格安SIMに乗り換える前に、携帯電話会社で使っているメールアドレスが使えなくなっては困るサービスなどがないか(メールマガジンなど)をしっかり調べておくことをお勧めします。乗り換えてからでは遅いです。気を付けましょう。

安心して使いたいならキャリアのスマホ、料金を優先するなら格安スマホ

格安スマホ自体は良いサービスです。スマホをお安く使うことができるわけですから月々の利用料金がネックになってスマホを手に入れることができないと考える人にとっては選択肢のひとつになります。

ただ、調べてみて思ったのは、三大キャリアは月々の支払いが高いけれどそれなりの安心感があるなと。分からないことがあれば店頭で聞くこともできますし、使っている人も多いのが心強いと感じました。

安心か、料金優先かは人それぞれです。どちらも一長一短。いいところがあればちょっと…と思うところもある。十分に考えていただき、選択してもらえたらいいなと思います。




記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする