PR

Word(ワード)のクリップアートはどこにある?

高齢者のためのワード教室
高齢者のためのワード教室
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

数年前に、ピンチヒッターで講師をさせていただいた講座があったのですが、その講座を受講された方から「Wordでイラスト(クリップアート)を使おうとしたらどこにもない。どうやってイラストを入れたらいいのか」と電話がかかってきました。

クリップアート、ありましたね、懐かしいです。Word2013まではイラストを入れるときにクリップアートというボタンを使っていたのですが、今はもうそのボタンもクリップアートの提供もされなくなりました。

Word2016以降ではクリップアートは使えなくなっていますよとお伝えしたところ、イラストを使うにはどうすればいい?という話になりました。

スポンサーリンク

Wordのクリップアートは終了。ストック画像になった

Wordで写真やイラストなどを挿入するには、「挿入」タブにある「画像」ボタンをクリックすると出てくる「このデバイス」「ストック画像」「オンライン画像」の3つの方法があります。

以前あったクリップアートに代わるものといえば、「ストック画像」だと思います。

この記事では、以前あったクリップアートに代わる写真やイラストを挿入することができる「ストック画像」についてご紹介しています。

スポンサーリンク

Wordの「ストック画像」でイラストを挿入する方法

Wordの「ストック画像」とは?

今回はWordのイラスト挿入についてのご質問なので、Wordの画面上で説明していきますが、Microsoft Office、Microsoft365に含まれるソフトでイラストや写真を検索して挿入するには「ストック画像」を使用します。

Microsoft 365サブスクライバーは、ドキュメント、プレゼンテーション、ブック、電子メールで使用するために、何千ものロイヤリティフリーの画像、アイコン、イラスト、ビデオなどのライブラリにアクセスできます。

Microsoft 365 に画像やアイコンなどを挿入する Microsoft サポート

とあるように、以前あったクリップアートのようにロイヤリティーフリーの画像、アイコン、イラスト、ビデオなどをWordなどのMicrosoft Office、Microsoft365のソフト上で使用することができるサービスです。

Q
「ロイヤリティフリー」とは?
A

著作物を決められた範囲内で使用するなら、使用料が発生しないという意味で、無料で使い放題という意味ではありません。また、似たようなもので「著作権フリー」というものもありますが、これは著作権を放棄したものという意味ではなく、著作者に権利はあるけれど、権利を行使しないという意味になり、使用制限が設定されている(加工しない、営利目的で使用しないなど)場合が多くあります。

「ストック画像」はインターネット上にあるものなので、パソコンをインターネットに接続していないと使用することができません。

Wordの「ストック画像」を使ってイラストを挿入する方法

Wordの「ストック画像」を使ってイラストを挿入するには、「挿入」タブをクリック、「画像」ボタンをクリック→「ストック画像」をクリックして検索画面を表示します。

検索画面が表示されました。

たとえば、チューリップのイラストが使いたいのであれば、「イラスト」をクリックし、検索窓に「チューリップ」と入力して検索します。

ストック画像に含まれるチューリップのイラストを探しだすことができ、見つけたイラスト(画像)をクリック、画面右下にある「挿入」ボタンをクリックすれば、

Wordの「ストック画像」を使う上で注意すること

Wordだけではなく、ExcelなどのMicrosoft Office・Microsoft365でイラストや写真などの画像を利用することができる「ストック画像」ですが、ストック画像に含まれている写真やイラストなどが使用できるのは、Microsoft Office・Microsoft365上でだけという制限があるので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました