Word2016で文字のサイズを大きくしたら行間が開き過ぎてしまうときの対処法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Word2016で文字のサイズを大きくしたら行間が広がり過ぎて困ったことはないでしょうか。行間が広がり過ぎてしまう原因と対処法についてまとめました。

スポンサーリンク

フォントごとに行間の設定があり、それを超えたら2行分の行間に設定されるため

Word2016でフォントの初期設定は「游明朝」。それまでは「MS明朝」だったのですが、この「游明朝」と「MS明朝」では文字のタイプが違うらしく、文字のサイズを大きくしてしまうとそれぞれのタイプの持つ行間設定を越えてしまうため、行間が急に広がり過ぎてしまうようです。

では、上の「游明朝」と「MS明朝」とで行間の開きがどのように変化するのかを試してみます。

3行目のフォントのサイズを11ptにしてみました。游明朝のほうはもうすでに行間が開き過ぎてしまっていますね。

では、12ptにしてみました。ここは行間の変化はないですね。

最後に、14ptにしてみました。MS明朝のほうも行間が急に開きました。

これから分かるようにフォントはそれぞれ行間設定を持っているようです。ちなみに、游明朝と同じ動作をするのは游ゴシックやメイリオなどがあります。

游明朝を使っていても文字の大きさで行間が広がらないようにするには

游明朝を使っていても文字の大きさで行間が広がらないようにするにはいくつか設定方法がありますが、一番操作しやすいのは、グリッド線に合わせる設定を解除する方法です。

「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」のチェックを外す方法

文書全体を選択した状態にして、「行と段落の間隔」ボタンをクリック→「行間のオプション」をクリックします。

「段落」の画面が表示されたら、「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」のチェックを外してOKボタンをクリックします。

先ほどまであった行の広がりがなくなったのが確認できます。

3行目の文字のサイズを大きくしてみましたが、先ほどのような行間の広がりがなくなりました。

「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」のチェックを外す(オフにする)ことで、文字の大きさを変更したときに行間が開き過ぎてしまうことを解消することができました。

この方法が一番操作しやすいと書いたのは、他にも設定するところがあるからなのですが、念のため、もうひとつの方法、段落の設定を「固定値」あるいは「最小値」にする方法も合わせてご紹介しておきます。

段落の設定を「固定値」に変えて「間隔」を文字サイズで調整する方法

まず、段落の設定について少しご紹介しておくと、段落の設定は

  • 1行
  • 1.5行
  • 2行
  • 最小値
  • 固定値
  • 倍数

という選択肢があります。その中でよく使われるのが「固定値」です。

段落の設定の「固定値」を使うと自由に行間隔を指定することができるようになります。

では、試しに段落の設定を「固定値」に変更してみます。

文字が入っているところを選択した状態で、「ホーム」タブをクリック→「行と段落の間隔」をクリック→「行間のオプション」をクリックします。

「段落」の画面が表示されたら、「行間」を「固定値」に変更し、

現在使用している文字のサイズより5ptほど大きな値になるように上下の▲▼を使って調整した後、OKボタンをクリックします。

先ほど設定した間隔の値は17ptだったので、16ptまで文字サイズを大きくしてみました。行間が広がり過ぎることはありませんね。

段落の間隔を「固定値」にしたときの注意点

ただし、2点ほど注意しなくてはいけないことがあります。

まず1点目は、固定値に指定した行間より文字サイズを大きくしてしまうと文字の上下が切れてしまいます。

先ほど固定値の間隔を17ptに設定したところで文字のサイズを17pt以上にしてみます。

文字の上の部分が切れてしまっていますね。これを修正するには先ほど17ptに設定した間隔の値を文字サイズより大きな値に設定し直します。

2点目は「固定値」を指定した行に画像を挿入すると、画像の一部しか表示されなくなってしまいます。

段落の設定を固定値にすれば行間を自由に設定できるようになりますが、行間が固定されるということは上のような操作が必要になるので手間がかかるかもしれません。

なので、ひとつめにご紹介した行グリッド線に合わせる設定を解除するほうが手間が省けていいかもしれません。

Word2016で文字のサイズを大きくしたら行間が開き過ぎてしまうときの対処法のまとめ。

Word2016というより、Windows10が持つフォントにはタイプがいくつかあり、フォントによってフォントの持つ行間設定があること、またWord2016には行グリッド線に段落を合わせる設定があることが原因で、文字サイズを大きくすると行間が広がり過ぎてしまうことがあります。

行間が広がり過ぎる場合、「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」という設定を解除すれば、文字サイズを大きくしても行間が広がり過ぎるのを解消することができます。

また、もう一つの方法として段落の行間隔をフォントサイズで指定できる「固定値」という操作もあります。固定値を設定しても行間が勝手に広がり過ぎることを防ぐことができますが、固定値に設定した間隔以上の文字サイズを設定すると文字が切れてしまう、画像を挿入すると行の高さ以外の部分が見切れてしまう点に注意が必要です。

少し前なら14ptに設定した途端、急に行間が広がることはありましたが、フォントに游明朝や游ゴシック、メイリオなどを使用する機会が増えたことで行間が思った以上に広がってしまうという相談が増えたようにも思います。

一番操作がしやすそうな「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」の設定を解除する、この方法でうまく調整して見てもらえたらと思います。

著者情報
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています