Wordに貼り付けたホームページのアドレスやメールアドレスが青くならない

スポンサーリンク
高齢者のためのワード教室
この記事は約4分で読めます。

WordにURL(ホームページのアドレス)やメールアドレスを貼り付けたのに青い文字に青い線が入らないと質問がありました。

スポンサーリンク

WordにURLやメールアドレスを入力したり貼り付けたりしたときに文字の色が青、下線の色が青にならない

WordにURLやメールアドレスを入力または貼り付けてEnterキーで確定すれば文字の色が青、下線の色が青になる

WordにURLやメールアドレスを貼り付けただけでは文字の色は黒なんですが、Enterキーを押して段落を確定させると、URLやメールアドレスの書式設定が文字の色は青、青い下線が自動的に設定されます。

このURLやメールアドレスを入力あるいは貼り付けてEnterキーで確定したときに、文字が青色になり、青い下線になるという書式は「ハイパーリンク」という書式が働いています。

文字が青くなり青い下線が入ったこの「ハイパーリンク」という書式が設定された文字列にマウスポインタを合わせると「Ctrlキーを押しながらクリックしてリンク先を表示」と吹き出しが出ます。

吹き出しのとおり、Ctrlキーを押しながらクリックしてみるとInternet ExplorerやMicrosoft Edge、Google Chromeなどホームページを見るためのソフトが自動的に開いて該当するホームページを見ることができます。

WordにURLやメールアドレスを貼り付けた「ハイパーリンク」をCtrlキーを押しながらクリックしてホームページを見ると、ハイパーリンクの書式が青→紫に変わります。

一度もクリックしていなければ青、一度でもクリックしてホームページやメールソフトを起動すれば紫の書式になります。ホームページを見ているときと同じですね。
メールアドレスであればOutlookなどのメールソフトが開き、メールを作成・送信できる画面が開いてきたりします。

WordにURLやメールアドレスを貼り付けてEnterキーを押しても文字の色が青くならない、青い下線が設定されない

ところが、質問された方のWordの画面では、Enterキーを押して段落を確定させても黒色の文字のままです。

確認すると、このハイパーリンクという書式を自動的に設定する機能がオフになっていたため、URLやメールアドレスを入力したり貼り付けたりしてもハイパーリンクの書式が自動的に反映されないようになっていました。

WordでURLやメールアドレスを入力または貼り付け→Enterキーで確定しても文字の色が青くならない、青い下線も設定されないときは

Wordの文章校正にある「入力フォーマット」の「ハイパーリンク」の設定を確認してみよう

WordでURL(ホームページのアドレス)やメールアドレスを入力または貼り付け、Enterキーで確定してもハイパーリンクの書式が自動的に反映されない、または自動的にハイパーリンクの書式を反映したくないときは、ハイパーリンクの設定を確認してみましょう。

Wordのハイパーリンクの設定を確認するには、「ファイル」をクリック→「オプション」をクリック。開いたWordのオプションの画面で、左側にある「文章校正」をクリック→「オートコレクトのオプション」ボタンをクリック

オートコレクトの画面で「入力オートフォーマット」タブをクリック。入力中に自動で変更する項目にある「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」のチェックを入れれば、ハイパーリンクの書式が自動反映されるし、チェックを外せばハイパーリンクの書式が反映されなくなります。最後にOKボタンをクリックし、元の画面に戻ったらOKボタンをクリックしてWordのオプション画面を閉じます。

WordでURLやメールアドレスを入力または貼り付け→Enterキーを押しても文字の色を青にしたくないときは、「ハイパーリンクを削除」しよう

ハイパーリンクの書式を自動反映するようにしていても、そのURLやメールアドレスをクリックしてホームページやメールを送信してもらう必要がない場合、あるいは印刷して配布したり掲示したりする場合は、ハイパーリンクは必要ありません。

ハイパーリンクの削除は、青色の文字・下線の入っている文字列の上にマウスポインタを合わせて右クリック→「ハイパーリンクの削除」をクリックするとハイパーリンクの書式だけを削除することができます。

Microsoft Edgeであらかじめ貼り付けたいホームページのURLをコピーし、Wordに貼り付けると下のようにホームページの名称とURLが貼り付けられます。

ホームページアドレス(URL)だけを貼り付けたいなら「貼り付けのオプション」をクリック→「テキストのみ保持」をクリックすれば、URLのみ貼り付けることができます。

タイトルとURLをコピーしました