PR

Word(ワード)で文字を大きくすると行間が急に広くなってしまうのはなぜ?!

Wordで文字を大きくすると急に行間が広くなってしまったことはありませんか?どう対処すればいいのかについて書いています。 高齢者のためのワード教室
高齢者のためのワード教室
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

Wordで入力した文字を大きくすると行と行の間が急に広くなってしまいます。

下の図は、10.5ptから11ptに文字を大きくした状態です。行と行の間が広くなっています。

この記事では、Wordで文字を大きくすると行と行の間が急に広がってしまう原因と対処法について書いています。

スポンサーリンク

Wordで文字を大きくすると行と行の間が急に広がってしまうのはなぜ?

「行グリッド線」に合わせて自動配置されるようになっているから

Wordには「行グリッド線」という文字や図形の配置などの目安になる線があります。「行グリッド線」は表示/非表示を切り替えることができ、一般的にはグリッド線は非表示になっています。

文字を入力すると行グリッド線に合わせて位置が調整されるようになっています。文字を大きくするとこの行グリッド線に収まらない場合は次の行グリッド線との間で調整されるため、行と行の間が広がります。

先ほどの状態を「行グリッド線」を表示した状態で見てみると、10.5ptのときは行グリッド線内に文字が収まっていますが、

11ptのときは行グリッド線2本分の間に配置されます。

スポンサーリンク

Wordで文字を大きくしても行と行の間が広がらないようにする2つの方法

上でも書いた通り、文字を大きくしたら行と行の間が広がってしまうのは「行グリッド線」を基準に文字を配置しているからです。

行グリッド線に合わせずに文字を配置するよう設定する

この「行グリッド線」に合わせずに文字を配置すれば、勝手に行と行の間が広がらないようになります。

行グリッド線に合わせず文字を配置したい範囲をドラッグなどで選択し、「ホーム」タブをクリック、段落にある「段落の設定」をクリックし、段落の画面を開きます。

「インデントと行間隔」のタブが開いているのを確認、間隔にある「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」のチェックを外してOKボタンをクリックします。

Wordで文字を大きくしても勝手に行間が広がらないようにするには「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」のチェックを外す

文字の大きさを大きくしても行と行の間が勝手に広がらなくなりました。

「行間」と「間隔」を変更する

もうひとつの方法は、行間と間隔を設定する方法です。

行グリッド線に合わせず文字を配置したい範囲をドラッグなどで選択し、「ホーム」タブをクリック、段落にある「段落の設定」をクリックし、段落の画面を開きます。

「インデントと行間隔」タブが開いているのを確認、「行間」の▼をクリック→「最小値」をクリックして選択、「間隔」の▼をクリックして値を「0pt」にしてOKボタンをクリックします。

行間を最小値、間隔を0にすると文字を大きくしても勝手に行間が広がらなくなる

行間と段落を変更すれば、文字の大きさを変えても行と行の間が勝手に広がらなくなります。

スポンサーリンク

この記事では、Wordで文字を大きくすると行と行の間が急に広くなってしまう原因と対処法について書きました。

今回は段落の設定で勝手に行間が広くなってしまうのを解決しましたが、文字に設定する「フォント」によっても行間が広がってしまうタイミングが違います。

たとえば、游明朝であれば11ptでしたが、MS明朝であれば14pt、メイリオだと初めから行と行の間が他のフォントに比べて広がっています。

よく使うフォントがあれば、どのタイミング(どれくらい文字を大きくする)で行間が急に広がるのかを知っておくと、行間が広がらないようにすることもできますし、広がったとしても上の操作で行間の広がりを抑えることができます。

タイトルとURLをコピーしました