【Word2016】メイリオを使ったら行と行の間が急に広くなってしまった

高齢者のためのワード教室
この記事は約3分で読めます。

先生、この文字(メイリオ)を使ったら行と行の間が急に広くなったの…

パソコンにはたくさんのフォント(文字の形)がインストールされていますが、フォントの中には行と行の間が急に広がってしまうものがあります。特に「メイリオ」はよく質問されますが、「メイリオ」というフォント以外にも文字のサイズを大きくしたら急に行と行の間が広がることもあります。

Wordでメイリオなどのフォントを使ったら急に行間が広がってしまったときの対処方法についてまとめていきます。

スポンサーリンク

Wordで行間が急に広がってしまったときの対処方法

Wordでメイリオなどのフォントを設定したときや文字の大きさを大きくしたときに急に行間が広がってしまったときに対処する方法としては2つあります。

ひとつは行間の設定を変更する方法、もうひとつはグリッド線に合わせないように設定を変更する方法です。

では、ひとつめの行間の設定を変更する方法からご紹介していきます。

Word2016の「行間のオプション」を使って行間を設定する方法

行間が広がってしまった文字をすべて選択し、「ホーム」タブの「行と段落の間隔」ボタンをクリック→「行間のオプション」をクリックします。

段落画面で「インデントと行間隔」タブをクリック→「間隔」の中にある行間を最小値、間隔を0ptに設定し、OKボタンをクリックします。

Wordの行グリッド線に合わせる設定をオフにする方法

次に、Wordのグリッド線に合わせる設定をオフにする方法です。

特に、Wordで文字の大きさを大きくすると行間が急に広がり過ぎてしまうのは、グリッド線に文字の行間を調整する設定が関係しています。このグリッド線に合わせる設定を解除することで、行間が急に広がり過ぎてしまうのを防ぐことができます。

Wordの行グリッド線に合わせる設定をオフにするには、「ホーム」タブの中にある「行と段落の間隔」ボタンをクリック→「行間のオプション」をクリックします。

「段落」画面が開いたら「インデントと行間隔」タブをクリック。

「間隔」の中にある「1ページの行数を指定時に行のグリッド線に合わせる」の前にあるチェックを外してOKボタンをクリックします。

文字のサイズを大きくすると行間が広がり過ぎてしまうフォント「メイリオ」でも試してみた

念のため、フォントをメイリオに変更して試してみます。游明朝を設定した文字をメイリオに変更してみました。メイリオだと10.5でも行間が広がっているように見えますね。

行間のオプションから「行間」を「最小値」、間隔を「0pt」に変更してみたところ、広がり過ぎてしまった行間が詰まりました。

文字サイズを大きくしてみましたが、大丈夫そうですね。

スポンサーリンク

Wordで文字のサイズを大きくすると行間が広がり過ぎてしまったときの調整方法のまとめ

フォントを変更した状態で文字サイズを大きくした途端、急に行間が広がり過ぎて驚いたという話は教室でもよく耳にします。

上に挙げた行間の設定を調整するか、行グリッド線に合わせる設定をオフにするかで調整できることをお伝えしました。

今回、例に挙げたのはWord2016で規定フォントに設定されている游明朝とメイリオについてでしたが、他にも文字のサイズを大きくすると急に行間が広がってしまうフォントはあります。

なぜ、フォントによって行間が急に広がってしまうことがあるのかというと、フォント自体が持っている「余白」に原因があります。

例に挙げた游明朝やメイリオなどは、フォント自体が持つ余白が他のフォントに比べて大きくなっています。その余白が行グリッド線に干渉してしまい、1行分に収まらずに2行分に押し出されてしまうから思う以上に行間が広がってしまったのです。

また、文字サイズを14ptにすると急に行間が広がってしまうことがあります。

この時も上に挙げた行間の設定を変更するか、行グリッド線に合わせる設定をオフにするか、どちらかで調整してもらえればと思います。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました