Wordでメイリオというフォントを使うと行間が広がり過ぎてしまうときの対処法

高齢者のためのワード教室
この記事は約4分で読めます。

先生、メイリオっていうのを使ったら行と行の間が急に広がってしまったんやけど、行の間を詰めることはできるの?

Wordでメイリオというフォントを設定した途端、行と行の間が必要以上に広がってしまいます。「メイリオ」というフォント以外にも設定した途端、行と行の間がぐんと広がるものがいくつかあります。

Wordでメイリオを使うと行間が広がり過ぎてしまうときの対処方法をまとめました。

スポンサーリンク

Wordでメイリオを使うと行間が必要以上に広がり過ぎてしまったときの対処方法

Word2016の場合、フォントは「游明朝」となっています。この「游明朝」を使っていても行間が広くなっていません。

では、文字を選択してフォントをメイリオに変更してみます。

同じ文字のサイズなのに、行間が広がり過ぎてしまいました。

Wordでメイリオを使ったときに広がり過ぎてしまった行間を詰めるには、行間のオプションを変更するか、グリッド線の設定を変更する方法があります。

Wordでメイリオを使ったときに広がり過ぎてしまった行間を「行間のオプション」で詰める方法

メイリオを設定したところをドラッグで選択→「ホーム」タブの「行と段落の間隔」ボタンをクリック→「行間のオプション」をクリックして、段落の設定画面に入ります。

段落画面で「インデントと行間隔」タブをクリックし、「間隔」にある行間の横にある▼をクリック→最小値をクリック

横にある間隔の▼をクリックし、12ptから0ptに変更してOKボタンをクリックします。

メイリオを設定したことで広がり過ぎてしまった行間が詰まったのが確認できると思います。

 

Wordでメイリオを使ったときに広がり過ぎてしまった行間を「グリッド線」の設定で詰める方法

Wordで文字の大きさを変更したとき、メイリオを設定したときと同じように行間が急に広がってしまうことはないでしょうか。

文字のサイズを大きくすると行間が急に広がり過ぎてしまうのは、Wordが持つ「グリッド線」という見えない(通常は見えていない)線に合わせるように設定されているからなのです。

文字のサイズを大きくしたとき、メイリオなどのフォントを設定したときにこのグリッド線に合わせる設定をオフにすると広がり過ぎてしまった行間を詰めることができます。

Wordの行グリッド線に合わせる設定をオフにするには、「ホーム」タブの中にある「行と段落の間隔」ボタンをクリック→「行間のオプション」をクリックします。

 

「段落」画面が開いたら「インデントと行間隔」タブをクリックし、「間隔」の中にある「1ページの行数を指定時に行のグリッド線に合わせる」の前にあるチェックを外してOKボタンをクリックします。

 

 

スポンサーリンク

Wordでメイリオを使うと行間が必要以上に広がってしまうときの対処方法、のまとめ

Wordでメイリオを設定すると行間が必要以上に広がってしまうときの対処方法として、行間のオプションを変更する方法とグリッド線に合わせる設定を解除する方法とをご紹介しました。

メイリオ以外のフォントでも同じように必要以上に行間が広がり過ぎてしまったり、文字のサイズを大きくした途端、行間が広がってしまったりします。

上の2つの方法を使えば必要以上に広がり過ぎてしまった行間を詰めることができると思いますので覚えておくといいと思います。

ところで、メイリオを使うと文字のサイズを変えていないのに行間が急に広がってしまう理由なのですが、「行間」とは、行と行の間、つまり1行目の文字の下と2行目の上にある隙間のことだと認識している人が多いのではないでしょうか。

ところが、Wordは少しこのあたりの扱いが違うようで、1行目に入っている文字とその上下の余白を合わせて行間としているようです。

ここからは個人的な考えになりますが、フォントはそれぞれに上下左右に余白のようなものを持っているので、恐らくメイリオというフォントはこの上下の余白が他のフォントよりも若干多く取られているために1行分のグリッド内に収まらずに2行分使ってしまうのかな?と。

実際、Wordでグリッド線を表示させてみると、2行分グリッドを使っているように見えます。

Word2016でグリッド線を表示するには、「表示」タブをクリック→「グリッド線」にチェックを入れます。このグリッド線は印刷されません。

ということで、Wordでメイリオを設定したときに行間が必要以上に広がり過ぎてしまうときの対処法をご紹介しましたが、他にも文字サイズを大きくしたときに行間が広がり過ぎてしまったときも応用できますので、一度試してみてもらえればと思います。

タイトルとURLをコピーしました