Wordの表作成。ドラッグで表を作成する方法

Pixaline / Pixabay

Wordの表づくりにはいくつかの方法があります。一番メジャーな方法はWordの「挿入」タブから必要なセル数を選択して作成する方法ですが、マウスのドラッグを使って表を作成する方法もあります。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Wordの挿入から必要なセル数を選択して表を作成する方法

Word2016の場合で書いていきますが、<挿入>→「表」ボタンをクリックすると、いくつかのセルが表示されます。必要なセルを選択すれば表を挿入することができます。

Wordで必要なセル数を選択して表を作成する方法
Wordで必要なセル数を選択して表を作成する方法

必要なセル数を選択して表を作成する方法のメリットとしては、作りたいマス目の数をイメージして作成できるところ、ページの幅いっぱいに表が出来上がるところ、出来上がった表の行の高さと列の幅が均等になっているところです。

Wordの挿入からマウスポインタを鉛筆に変えて表を作成する方法

これも同じく<挿入>→「表」ボタンをクリックしたら下のほうにある「罫線を引く」をクリックします。

Wordでドラッグを使って表を作成する方法
Wordでドラッグを使って表を作成する方法

マウスポインタを用紙の中に移動させるとマウスポインタが鉛筆の形になっていることを確認できます。

そのまま斜め下もしくは斜め上にマウスをドラッグすると表の外枠を描くことができます。

あとは必要な罫線を描いていけばいいのですが、ちょっとしたコツがあります。

例えば、行は1行、列を2列にしたい場合は、罫線を引きたいところをドラッグすればいいのですが、これがなかなかうまくいかないという声を聞きます。うまくいかないとは、以下の図のように表の中に表がもう一つできてしまう状態です。

Wordでドラッグを使って表を作成するときに、枠を作ってその中に罫線を引くコツは、罫線を引きたい外枠またはセルの上部の線にマウスポインタを合わせて一度クリックします。

クリックがうまくできていると、線が少し太くなります。

この状態を確認してからマウスポインタを必要な方向(縦にひきたいなら上下方向、横にひきたいなら左右方向)へドラッグします。

マウスポインタの形を鉛筆に変えて表を作る方法は、自由に表の大きさ、行の高さ、列の幅をドラッグで操作できるところ、好きな場所に表を作成できるところですね。

Wordで表を作る方法によって異なる文字と表の関係性

実は上記の方法以外にもまだ表の作り方はありますが、一番知ってもらわなくてはならないのが、作り方によって表と文字の関係性が変わる、ということです。

これを文字列の折り返しといいます。そうです、画像にもありましたよね。
関連記事 イラストや写真の位置調整 Wordの基本操作「画像」編

例えば、ひとつめのマス目を選択して作成する方法だと、表の大きさを小さくしても、表の横に文字を入れることはできません。

しかし、ふたつめのマウスポインタの形を鉛筆に変えて表を作る方法だと、表と文字は独立している状態になるので、表の横に文字を入れることができます。

表を単独で行内に入れて、その上下に文字を配置するならひとつめの方法を使うほうが手間が省けますし、反対に、表の横にも文字を回り込ませたいならふたつめの方法を使ったほうが手間が省けます。

ちなみに、この回り込み設定を変更したい場合は、表全体を選択した後、<表ツール>の「レイアウト」タブをクリックして、「プロパティ」ボタンをクリックします。

「表のプロパティ」画面が表示されたら、「文字列の折り返し」を変更してOKボタンをクリックすれば変更できます。

ちなみに、出来上がった表の行の高さを均等にしたい場合はWordで表を作ったとき、行の高さを均等にするにはをお読みくださいね。

Word2016の表をクリックだけで作る方法
Word2016で表を作成するにはいくつかの方法がありますが、基本的には8行×10列以内の表であれば、マウスポインタを必要な行・列の分をクリ...
パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ