Wordで表を作ったときに行の高さを均等にするには

Wordで表を作成した時に行の高さを1行ずつ変更されている方がいらっしゃいます。1行ずつ行の高さが違うなら仕方ありませんが、全行の高さを均等にしたいという方も同じような操作をされていることがあります。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Wordで表を作成した時に行の高さを均等にする方法

Wordで表を作成したあと、行の高さを任意の高さに変更することはよくあります。全ての行の高さがそれぞれ違ってよいときもありますが、全ての行の高さを均等にしたいというときもあるかとおもいます。

表を作成するときの基本的な流れについて確認してみよう

Wordで表を作成するときの基本的な流れを以下に示します。

  1. 表を作成したい場所にカーソルを表示
  2. <挿入>→表ボタン→必要なセル数を選択して表を作成する
  3. 表の中に必要なデータ(文字、画像など)を入力する
  4. 表の高さや幅などを調整する

Wordで作成した表全体の高さを調整する

Wordで表を作成し文字などを挿入していくと、行の高さはそのセルに入力された文字や画像の高さによって自動的に広がっていきます。

完成した表の1行ずつの高さを表の高さを均等に割った状態にしたい場合は、出来上がった表の一番下の線(罫線)にマウスポインタを合わせます。すると、マウスポインタがその線を挟み込むように上下に矢印がついた形に変化します。この状態で表全体の高さを変更するため、下方向へドラッグします。

表全体の高さが決まったら、その高さを基本に行数を均等に割る操作にはいります。表の左上に上下矢印が交差した□でかこまれたものが見えますか?

これは、表の中にカーソルがあるか、または表の上にマウスポインタが載っているときにだけ表示されるマークです。このマークにマウスポインタを合わせてクリックをすれば表全体を選択することができます。

表ツール→レイアウト→高さを揃える

すると、表の高さで行の高さが均等になりました!




記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする