【Word2016】作成した表の行の高さを均等にする方法

Wordで表を作成した時に行の高さを1行ずつ変更されている方がいらっしゃいます。

1行ずつ行の高さが違うなら仕方ありませんが、全行の高さを均等にしたいという方も同じような操作をされていることがあります。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Wordで表を作成した時に行の高さを均等にする方法

Wordで表を作成したあと、行の高さを任意の高さに変更することはよくあります。

全ての行の高さがそれぞれ違ってよいときもありますが、全ての行の高さを均等にしたいというときもあるかとおもいます。

Word2016で表を作成するにはいくつか操作方法があります。

参考 Word2016の表作成。クリックだけで作成する方法

参考 Word2016の表作成。ドラッグで作成する方法

Word2016で作成した表の行の高さあるいは列の幅をドラッグで調整していると、うまく均等な高さあるいは幅にならないことがありますね。これを目視だけでやるのはなかなか微妙なマウス操作を必要としますし、作業効率が悪くなってしまいます。

そこで、高さまたは幅を揃えたい行または列を選択して、Word自体に均等な高さまたは幅に調整してもらう機能をご紹介します。

表全体の高さを一番下の罫線を下方向へドラッグして決める。

まず、表全体の高さを調整します。これには、作成した表の一番下の罫線を使用します。表の一番下の罫線にマウスポインタを合わせると、上下の矢印で罫線を挟んだようなマウスポインタに変化します。この状態で下方向へドラッグすると表全体の高さが変更されます。

表全体の高さが決まったら、高さを揃えたい行を選択します。表全体の行の高さをそれぞれ均等にしたいなら、表全体を選択します。

レイアウトタブの「高さを揃える」ボタンを使えば、行の高さを均等にすることができる

表を選択していると、「表ツール」が選択できるようになります。表ツールの「レイアウト」タブをクリックし、セルのサイズの中にある「高さを揃える」ボタンをクリックします。

すると、表の高さで行の高さが均等になりました!

ちなみに列の幅を均等にするなら、均等にしたい列を選択あるいは表全体を選択した状態で表ツールの「レイアウト」タブをクリックし、セルのサイズの中にある「幅を揃える」ボタンをクリックします。

合わせて覚えておくと良い操作。「文字の位置の調整」

Wordで表を作成し、行の高さを変更すると文字の入力位置は左上にカーソルが出ていることからも分かる通り、左上から文字を入力することができます。

これでもいいのですが、たとえば以下の図のように、文字の入力位置をマス目の縦位置中央にするにはどうしたらいいのでしょうか。

まず、文字の位置を変更したいセルを選択した状態(表内のすべての位置を変更したい場合は、表全体を選択する)にして、<表ツール>の<レイアウト>タブをクリック→配置の「両端揃え」をクリックします。

ちなみに、この配置には9つのボタンがあります。この9つのボタンはセル1つを9つに分けた状態を表現しています。たとえば、文字を縦位置・横位置の中央(つまりど真ん中)に配置するなら9つあるボタンのうちのど真ん中のボタンをクリックします。

Wordで作成した表の行の高さを均等にする、のまとめ。

行の高さをドラッグで変更するとどうしても行の高さは均等になりづらいです。今回ご紹介した行の高さを変える前に表の高さを変更してから、「行の高さを揃える」ボタンを使うと目分量での操作ではなくなるので均等にそろえることができます。

また、行の高さを変えると文字の位置が左上につきますが、これをセル内の縦位置中央に配置することもできます。

今回ご紹介した方法を知っておくと、Wordで表を作成するときに「行の高さがなかなか揃わない」「文字の始まり位置を変えたい」ときにお役に立てるかと思います。

追記 上記の操作を動画にしてみました。うまく表示されるでしょうか。

パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします




スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする