Word2016でメイリオを使うと行間が広がり過ぎてしまうのを直す方法

パソコンにはたくさんのフォントがインストールされています。そのフォントの中にある「メイリオ」。メイリオを使うと急に行と行の間(行間)が広がってしまった経験がある人多いのではないでしょうか。

今日は、Wordでメイリオを使ったときに広がり過ぎてしまった行間を直す方法につて書いていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Wordでメイリオを使ったときに広がり過ぎてしまった行間を直すには

Wordの場合でご説明していきます。Wordの場合は、行間の設定を変更することで広がり過ぎてしまった行間を調整することができます。

通常、Word2016の場合、フォントの初期値は游明朝が設定されています。

行間は広がっていませんね。では、メイリオをこの2行に設定してみましょう。

メイリオにフォントを変更すると、行間が広がってしまいました。

では、段落設定を使ってメイリオを使った範囲の行間設定を変更していきましょう。

まずは、メイリオを使った範囲を選択して、<ホーム>タブ→「行間と段落の間隔」→行間のオプションへをクリックします。

行間のオプションを選択する
行間のオプションを選択する

「段落」ウィンドウが開いたら、<インデントと行間隔>タブをクリックし、間隔という項目の中にある行間の▼をクリックします。通常、行間は1行が割り当てられていますが最小値を選択し、隣の数値の値を「0pt」に設定し直してOKボタンをクリックします。

これでWordでメイリオというフォントを使ったとき急に行間が広がってしまうのを修正することができると思います。

ちなみに段落で設定できる「1行、1.5行、2行」はなんとなく意味は伝わると思いますが、それ以外の最小値、固定値、倍数とはどういう設定のことを言うのでしょうか。

Wordの行間設定の「最小値」とは

まずは今回、メイリオを使っている行間が開き過ぎてしまうところに設定した最小値ですが、行間を最小値にしたときに指定した数値に指定されている値を最小の値として常に採用する設定です。

なので、フォントサイズを大きくしても最小値に設定されている値を常に使う設定ですので、行間に変化が現れることはありません。

Wordの行間設定の「固定値」とは

次に、固定値ですが、固定値も行間に数値を指定するのは同じなのですが、指定した数値に行間サイズが固定されてしまいます。

たとえば、固定値の数値を「12pt」にしている状態で、それより大きな値をフォントサイズに設定してしまうと文字が切れてしまいます。

Wordの行間設定の「倍数」とは

最後の倍数ですが、これはWordが持つ1行分のグリッドの高さを何倍にして使用するかという設定です。

倍数を2倍にすると1行分の2倍の高さになるということですから、2行を設定したのと同じ状況になります。

段落の行間設定を固定値もしくは最小値に設定した行に画像を挿入した場合

Word2016で段落の行間設定を最小値にしているときはその行に画像を挿入しても大きな変化はありません。

ところが、固定値にしている行に画像を挿入するとこんな風になってしまいます。

行間を固定していますので、挿入した画像は行を押し広げることはできません。

ちなみに最小値のほうは固定されているわけではありませんから、画像の高さに合わせて行間が自動的に広がってくれる、というわけです。

このことから、文字のみが入力されている場合の行間設定は最小値でも固定値でも大丈夫ですが、文字以外に画像を挿入しなければならないときは、最小値を使ったほうがいいということがお分かりいただけたでしょうか。

Word2016で行間の設定を手早く行うには「グリッド線」の設定を見直す方法もある。

上に挙げたとおり、行間設定を変更し調整する方法もありますが、それが面倒だという場合は、Wordに設定されているグリッド線の設定を変更することで対応できます。

「ホーム」タブ→「行と段落の間隔」→「行間のオプション」

「1ページの行数を指定時に行のグリッド線に合わせる」のチェックマークを外してからOKボタンをクリックします。

Word2016でメイリオを使うと行間が開き過ぎるのを解消する方法まとめ。

今回はフォントをメイリオに変更した場合、行間が開き過ぎるのを解消する方法についてご紹介しましたが、メイリオ以外のフォントでもこの行間が開き過ぎてしまうことはあります。

また、フォントに関わらず、フォントサイズをあるpt数に設定すると行間が急に広がってしまうこともあります。

Wordでフォントサイズを大きくしたら行間が急に広がってしまったら
Wordでフォントサイズを大きくすると急に行間が広がってしまうことがあります。

これは先ほど紹介した「1ページの行数を指定時に行のグリッド線に合わせる」という設定とフォント自体が持つ空き(上下にある余白)が関連して起きてしまう事象です。

フォントを変更した途端に行間が広がり過ぎてしまったり、フォントサイズを変更した途端に行間が広がり過ぎてしまったときは、Wordの段落設定を使って調整するか、1ページの行数を指定時に行のグリッド線に合わせる設定をオフにするかで対応してみてください。

著者情報
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています