「Word2016」文字サイズを大きくすると行間が開き過ぎてしまう

Word2016の標準フォント。今まではMS明朝が主流でしたが、Word2016は「源明朝」となりました。Word2016で文字サイズを大きくすると行間が開き過ぎてしまう件について対処法をまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

段落の設定を変更して空きが開いてしまうのを修正する

Word2016には、段落を設定する項目があります。それを変更することで空きを調整することが可能となります。

段落の行間を設定する

「ホーム」タブ→行と段落の間隔→行間のオプション

行間のオプションを選択する
行間のオプションを選択する

インデントと行間隔→行間

行間は通常1行という設定になっています。これを変更していくわけですが、どれを選択するかでその後の挙動が変わってきます。

いくつかの選択肢がありますが、その中でもよく登場するのが「最小値」と「固定値」です。

Word2016の行間オプション「最小値」の場合

最小値の場合、行間に変化はありません。

Word2016の行間オプション「固定値」の場合

固定値の場合、行間が詰まりましたね。

行間の広がりを変更したいのは固定値のほうが実現できているような気がしますね。

Word2016の行間オプションを固定値に設定したときの注意点

ただし、行間オプションで固定値を設定した段落に、写真やイラストを挿入すると以下のように写真の一部しか表示されなくなってしまいます。

写真やイラストを挿入した行だけ、行間オプションを「1行」に戻してあげるとちゃんと表示されます。

Word2016の行間オプションの設定。おすすめは「最小値」?

結論としては、イラストや写真を貼り付けているのなら行間は最小値にして、間隔を「0pt」くらいに設定すると写真やイラストが切れてしまう現象は避けつつ、行間を思うように詰められるのではないかと思います。

Word2016で行間が広がり過ぎないもうひとつの方法

もう一つが1ページの行数を指定時に行のグリッド線に合わせる設定をオフにする方法です。これも選択している、あるいはカーソルがある段落にのみ適用されるものです。

行間を手軽に、Word任せにできるので手間が省ける方法です。

「ホーム」タブ→「行と段落の間隔」→「行間のオプション」

1ページの行数を指定時に行のグリッド線に合わせるのチェックマークを外しOKボタンをクリックします。

Wordの行間とは

よく誤解されるのですが、Wordでいう「行間」とは、行の上辺から次の行の上辺までの感覚を指しています。Wordの場合、「行送り」というせっていがありますが、これも同じ意味を持ちます。

Word2016で起きる行間が広がり過ぎる問題についてまとめ。

Word2016に限らず、デフォルトのフォントを変更し、フォントサイズを上げてしまうと行間がぐんと広がってしまうときは、上記ふたつの方法のどちらかで対応していただければと思います。

にしても一気に広がった行間があるところまではまた広がらずに…というふうな状況、だれもが一度は経験しているのではないかと思いますが、初めてこの状況に触れると驚きますよね。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする