Wordでメイリオを使うと行間が開き過ぎる

Wordで使うことができるフォントに「メイリオ」という書体があります。この「メイリオ」を使うとなぜか行間が開き過ぎてしまいます。Wordでメイリオを使うときには段落の設定を変更すれば行間が開き過ぎるのを修正することができます。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Wordでメイリオを使うときには段落の設定を変更すると行間の開き過ぎを解消できる

メイリオを設定したら行間のオプションを変更しよう

Word2016の場合、メイリオを設定したところを範囲選択して「ホーム」タブ→「行間と段落の間隔」ボタンをクリック→「行間のオプション」をクリックします。

行間のオプションを選択する
行間のオプションを選択する

「段落」のウィンドウが開きます。「インデントと行間隔」タブ→「段落」の「行間」横の▼ボタンをクリックします。

Wordでメイリオを使った段落には、行間の設定を最小値、間隔は0ptに設定し、OKボタンをクリックすると、メイリオを使ったときの行間の開き過ぎが解消されます。

メイリオを使ったときの行間設定「固定値」は使えない?

行間設定の「固定値」。使っても差し支えないのですが、メイリオが設定されている段落に画像を挿入した場合、以下の図のように画像が見切れてしまいます。

画像を挿入したところだけは「1行」という設定のままにすれば問題ないのですが、画像が複数枚挿入しているとそのたびにこの設定を変更しなければなりません。

それが面倒に感じることがないなら最小値でも固定値でも構わないのかなと思います。

Word2016で行間の開き過ぎを解消するもうひとつの方法

グリッド線に合わせる設定をオフにする

1ページの行数を指定時に行のグリッド線に合わせる設定をオフにする方法です。これも選択している、あるいはカーソルがある段落にのみ適用されるものです。行間を手軽に、Word任せにできるので手間が省ける方法です。

「ホーム」タブ→「行と段落の間隔」→「行間のオプション」

「1ページの行数を指定時に行のグリッド線に合わせる」のチェックマークを外してからOKボタンをクリックします。

Word2016でメイリオを使うと行間が開き過ぎるのを解消する方法まとめ。

今回はフォントをメイリオに変更した場合、行間が開き過ぎるのを解消する方法についてご紹介しましたが、フォントサイズを14ptに設定したときも行間がいきなり開いてしまうことがあります。

これは先ほど紹介した「1ページの行数を指定時に行のグリッド線に合わせる」という設定とフォント自体が持つ空きが関連して起きてしまう事象です。

にしてもなぜメイリオだけがこのような事象を引き起こすのか。これについては調べてみても明確な答えが見つかりませんでした。が、急に行間が開くとビックリすることがあるかもしれませんが、段落の行間設定を最小値にする方法を使ってもらえればいいかと思います。

パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ




スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする