Word2016で表をクリックだけで作る方法

高齢者のためのワード教室
この記事は約3分で読めます。

Word2016で行が8行、列が10列までの表であればマウスで必要なマス目(以下、セルと呼びます)の分でクリックするだけで表を作成することができます。

スポンサーリンク

Word2016で表を作成するにはいくつか方法がある

Word2016で表を作成する方法にはいくつか方法はありますが、一番ポピュラーなものとしてよく使われているのが今回ご紹介する「挿入」タブの「表」ボタンをクリックして必要なセルの数でクリックする方法です。

その他の表の作成方法は

  • 必要なセルの数を数値入力して作成する
  • 文字を表に変換する
  • ドラッグして大きな四角を描き、必要なセルの数だけ切り分ける

です。外枠を描いて必要なセルの数だけ表を切り分ける方法はドラッグだけで表を作成する方法です。

Word2016で必要なセルの数をクリックして作成する方法

表を作成するときはカーソルが置いてあるところに表が挿入されますので、表が必要なところにカーソルを置いておくようにしましょう。

行数が8行、列数が10列までの表を作成する方法

たとえば、行数が4行、列数が4列の表を作成するなら、「挿入」タブをクリック→「表」ボタンをクリックすると、枠が横方向に10個、縦方向に8個表示されているので横方向に4つ分、縦方向に4つ分進んだところにマウスポインタを合わせてクリックします。

これで4行×4列の表を作成することができました。

行数が9行以上あるいは列数が11列以上ある表を作成する方法

ところが、行が9行以上あるいは列が11列以上の表を作成しようとすると上の方法では作成できません。

行数が9行以上あるいは列数が11列以上の表を作成したいときは、「表の挿入」を使って行数および列数を数値選択して作成します。

表を挿入したいところにカーソルを置いた状態で、「挿入」タブをクリック→「表」ボタンをクリック→「表の挿入」をクリックします。

表の挿入画面で行数・列数を▲または▼を使って入力して「挿入」ボタンをクリックすれば9行以上あるいは11列以上の表を挿入することができます。

Word2016で表をクリックだけで作成する方法、のまとめ

Word2016でクリックだけで表を作成する方法についてご紹介しました。基本的に、Wordで表を作成するときはこの方法を使うのが一般的です。

ただし、9行以上あるいは11列以上の表を作成すると分かっているなら、表の挿入で行数や列数を数値指定して作成したほうが作成しやすいと思います。

Word2016で表をドラッグで作成する方法。でご紹介した表の作成方法も合わせて覚えておくと、作成したい表に合わせて方法を選択することができるので、一度目を通してもらえたらと思います。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました