Word2016の表をクリックだけで作る方法

高齢者のためのワード教室
この記事は約4分で読めます。

Word2016で行が8行、列が10列までの表であればマウスで必要なマス目(以下、セルと呼びます)の分でクリックするだけで表を作成することができます。

スポンサーリンク

Word2016で表を作成するにはいくつか方法がある

Word2016で表を作成する方法にはいくつか方法はありますが、一番ポピュラーなものとしてよく使われているのが今回ご紹介する「挿入」タブの「表」ボタンをクリックして必要なセルの数でクリックする方法です。

その他の表の作成方法は

  • 必要なセルの数を数値入力して作成する
  • 文字を表に変換する
  • ドラッグして大きな四角を描き、必要なセルの数だけ切り分ける

ドラッグして大きな四角を描き、必要なセルの数だけ切り分ける方法は別の記事にまとめました。

Word2016で表をドラッグで作成する方法。
Wordで四角を描きセルを切り分けるようにドラッグで表を作成する方法をご紹介しています。この方法を応用すると、行あるいは列内で異なるセル数の複雑な表を作成することができます。

Word2016で8行×10列までの表をクリックして作成する方法

Wordで表を作成するときには必ず、表が必要なところにカーソルを置いておくのを忘れないでください。

今回は、例として4行×4列の表を作成してみます。

「挿入」タブをクリック→「表」ボタンをクリック→左端の□から右に4つ、下に4つ進んだところ(マウスポインタがのっている□)でクリック

これで4行×4列の表が作成できました。

たとえば、行が9行以上で列が11列以上の表は上の方法だけでは作成できませんね。

もし、9行以上11列以上の表を作成したいとするならどうすればいいのか、以下にその方法をまとめておきます。

Word2016で9行以上、11列以上の表を作成する方法

一旦、8行×10列の表を作成しておき、そこに行と列を追加する方法で9行×11列の表に編集していきます。

Wordで作成した表に列を1列追加する方法

1行目1列目のセルにカーソルがあることを確認し、

「表ツール」にある「レイアウト」タブをクリック→「左に列を挿入」ボタンをクリック

これで10列の表に11列目の列を増やすことができました。

今回は表の中身が空の状態で行いましたが、必要に応じて後からでも列を追加することができます。
カーソルが置いてあるセルのどちら側に列を新しく追加したいかによって、「左側に列を挿入」か「右側に列を挿入」かを選んでください。

Wordで作成した表に行を1行追加する方法

では、次に1行、行を増やしてみます。

1行目1列目のセルにカーソルがあることを確認し、

「表ツール」にある「レイアウト」タブをクリック→「上に行を挿入」ボタンをクリック

行が1行増えました。

今回は表の中身が空の状態で行いましたが、必要に応じて後からでも行を追加することができます。
カーソルが置いてあるセルのどちら側に行を新しく追加したいかによって、「上に行を挿入」か「下に行を挿入」かを選んでください。

 

一番下に行を追加したい場合は、1番下の行の1番右下にあるセルにカーソルを置いた状態にしておいて、キーボードのTabキーを押せば表の一番下に行を追加することができます。

Word2016で行数・列数を数値で指定して表を作成する方法

上にご紹介した方法でも9行以上×11列以上の表を作成することはできますが、初めから9行以上×11列以上の表を作成することが分かっているのであれば、行数・列数を数値で指定して表を作成することもできます。

表が必要なところにカーソルが置いてあることを確認してから、

「挿入」タブをクリック→「表」ボタンをクリック→「表の挿入」をクリック

「表の挿入」画面で、列数と行数を指定し、「OK」ボタンをクリックします。

Word2016の表をクリックだけで作る方法のまとめ

Word2016で表を作成するとき、作成したい表が8行以内、10列以内のものであればクリックだけで作成することができました。

ただ、上の方法だと作りたい表が9行以上、11列以上のものは作成できないので、一旦8行×10列の表を作成しておいて行と列を追加する方法も合わせてご紹介しました。

上の行と列の追加方法は大きな表を作成するとき以外にも使うことができますので、覚えておくとよい操作となります。

また、初めから9行×11列以上の表を作成するのが分かっているなら上の操作ではなく、行数と列数を数値で指定する方法を使ったほうが手間が省けます。

別の記事で、Wordでマウスをドラッグして表を作成する方法をご紹介していますが、この方法を応用すると、行内あるいは列内でセルの個数が異なる複雑な表を作成することができます。

Word2016で表をドラッグで作成する方法。
Wordで四角を描きセルを切り分けるようにドラッグで表を作成する方法をご紹介しています。この方法を応用すると、行あるいは列内で異なるセル数の複雑な表を作成することができます。
スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました