【Word2016】リボンが出たり消えたりするのを何とかしたい

高齢者のためのワード教室
この記事は約2分で読めます。

Wordのボタン(リボン)がすぐ消えるんや?

なんで(Wordのボタンが)出たり消えたりするの?

Wordのリボンが出たり消えたりすると使いづらいですね。ずっとリボンを表示させておくことはできないのでしょうか。

スポンサーリンク

Word2016からは「タブ」をクリックすると「リボン」が切り替わるようになった

Wordの古いバージョンだとボタンが並んでいるところを「ツールバー」と呼び、ボタンひとつひとつを「ツールボタン」と呼んでいましたが、Word2016からはツールバーではなく「リボン」と呼ばれるようになりました。

リボンにはファイルやホームなどといった「タブ」が登場し、「タブ」をクリックするとその下にあるリボンが切り替わるようになりました。

Wordのリボンのタブをクリックしないとリボンが表示されないのは「リボンの最小化」が設定されているから

Wordのタブをクリックしないとリボンが表示されないのは、リボンが最小化される設定になっているからです。

下の画像は、Word2016のタブだけが表示されている状態、リボンは表示されていません。

タブをクリックすればリボンが開く設定、つまり「リボンが最小化」されている状態です。

Word2016のリボンが常に表示されるように設定するには

Word2016のリボンが常に表示されるように設定するには、タブのどれかをクリックし、下の画像の赤枠の部分(押しピンのようなボタン)にマウスポインタを合わせて、「リボンの固定」と表示されたらクリックしましょう。

リボンを最小化したいときは、同じところにマウスポインタを合わせて「リボンを折りたたむ」と表示されたらクリックします。

Wordのリボンを最小化(折りたたむ)する利点は?

Word(Excelも同じ)を初めて使うときは、リボンが最小化(折りたたむ)された状態になっています。なぜ、リボンが最小化されているのかというと、必要なときだけリボンを開くことで作業できる領域を増やすことができるからです。

Wordのリボンが消えた時の対処法、まとめ。

Word2016の初期設定はファイルや編集などといった「タブ」をクリックすることでリボンを表示させる、リボンが最小化されている状態です。

これでも操作に支障はないと思いますが、常にリボンが表示されていたほうがいいという人は上の設定でリボンを固定するといいでしょう。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました