「OneDrive」とは。オンラインストレージサービスとは。

高齢者のためのワード教室
この記事は約3分で読めます。

Word2013あるいはExcel2013以降、「名前を付けて保存」の中に「OneDrive」が登場し、「名前を付けて保存」をクリックしただけでは保存場所の選択画面が開いてこなくなりました。

授業の中でも「OneDriveって何?」と質問されることが多くなってきたので、OneDriveについてまとめていきます。

スポンサーリンク

OneDriveとは

OneDriveというのはMicrosoftが提供しているオンラインストレージサービスです。

オンラインストレージサービスとは、インターネット上の保管庫のようなもので、インターネットに接続している端末からファイルを見たり、修正したりすることができるものです。

オンラインストレージサービスは、アカウント登録をすれば契約容量内でファイルを保管することができるようになります。

オンラインストレージサービスのアカウント登録は無料で行うことができ、有料契約をすれば契約容量を増やすこともできます。

オンラインストレージサービスのひとつであるOneDriveはMicrosoftアカウントを持っていれば無料で利用(契約容量は5GB)できます。

他のオンラインストレージサービスと同じく有料契約をすれば契約容量を増やすこともできます。

参考 OneDriveのプラン Microsoft

オンラインストレージサービスにファイルを置くメリットは

先ほども書きましたが、インターネットに接続している端末ならアカウントとパスワードを使ってストレージの中にあるファイルを見たり修正したりすることができます。

インターネットに接続している端末というと少し前ならパソコンしかありませんでしたが、現在ではスマホやタブレットもインターネットに接続できます。

スマホやタブレットからは「アプリ」を使ってどこにいても保管してあるファイルを見たり修正したりすることができます。

昔は、ファイルを別の端末で使おうとすればメールに添付して送ったりUSBメモリやCD-R、DVD-Rにコピーしたりしていましたが、端末同士がインターネットに接続していればこの作業を行うことなく、ファイルを見たり修正したりができるようになります。

また、パソコンの買い替えなど端末が変わったとしても、アカウントとパスワードがあれば買い替えた端末でもオンラインストレージのファイルを見たり修正したりができるようになります。そうするための設定もアカウントとパスワードの入力のみとなります。

さらに、このオンラインストレージサービスを使えば、特定の相手と特定のファイルを共有することができるようになります。

特定の相手と特定のファイルを共有するには、特定のファイルへアクセスできるように特定の人を招待すると、ファイルを開くためのアドレスが送られます。

あえて一応と書かせていただきますが、共有したファイル以外のファイルは招待した人は開くことができません。

乗っ取りも含め、インターネット上ということで絶対に安心とは言えないので個人情報など漏れてはいけないものは念のためオンラインストレージに保管しないほうがいいです。

オンラインストレージサービスはインターネットに接続していないと中身が見られない

たとえば職場でオンラインストレージにファイルを保管しておき、出先でファイルを見ようと思ってもインターネットに接続していないとオンラインストレージの中にあるファイルを見ることはできません。

オンラインストレージにファイルを保管し、どこにいても見られるようにするにはインターネット接続を確保しておく必要があります。

 

スポンサーリンク
お問い合わせ・ご質問はこちらから
投稿に関するお問い合わせやご質問はメールフォームからお願いいたします。
高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました