Word2016でOneDriveにファイルを保存する方法

高齢者のためのワード教室
この記事は約5分で読めます。

Word2016で「名前を付けて保存」をクリックすると選択肢の一番初めに登場する「OneDrive(ワンドライブ)」。これはいったい何なのでしょう。

スポンサーリンク

OneDriveはオンラインストレージサービスのひとつ。

OneDriveとは「オンラインストレージサービス」のひとつで、Microsoftが提供しているサービスの呼称です。

オンラインストレージの「オンライン」とは「インターネット上の」、「ストレージ」とは「保管庫」と直接訳せばこうなり、インターネット上(正確にはサービス提供会社の保管エリア)にある個人専用のフォルダーのようなもので、郵便局の私書箱のようなサービスのことを言います。

インターネット上にある大きな保管庫の中に、あなた専用の保管スペースがあり、それを開けられるのは鍵、鍵の代わりになるのが「アカウント」と「パスワード」です。OneDriveの場合は、アカウントというのが「Microsoftアカウント」になります。

MicrosoftアカウントがなければOneDriveを利用することはできません。

さて、このOneDriveですが、インターネット上にあるからどんなファイルでも入れられるかというとそうではなく、5GBという容量がひとつのアカウントごとに準備されていて、それを超えない範囲で利用できるようになっています。

有料契約をすれば、OneDriveで利用できる容量を増やすことができます。詳しくは、 OneDriveのプラン Microsoftで確認してください。

OneDriveに保存する。メリットとデメリットについて

Microsoftアカウントを使えば、インターネットに接続している端末からファイルを確認できる

インターネットに接続できる端末(パソコンやスマホ、タブレット)を個人がひとつ以上所有する時代になりました。インターネットに接続できる端末を複数持っている人の悩みといえば、ファイル共有。パソコンで作成したファイルを出先からスマホで確認できるようになれば仕事の効率が上がるのに…と思っていた人は多いと思います。

スマホやタブレットにオンラインストレージサービスのアプリをインストール、パソコンで使っているMicrosoftアカウントでログインしておくことで、OneDriveに預けたファイルをいつでもどこでも確認することがができます。

OneDriveに預けたファイルを確認するためにはインターネットに必ず接続されていなければならない

OneDriveはインターネット上にある保管庫です。ということは、インターネットに接続していない端末からは、いくらアカウントとパスワードを使ったとしても中身を見ることはできません。

スマホからのアクセスはパケット通信を使用しますので、月々のパケット量を消費してしまうことにもなります。パケット契約の大きさによっては速度制限がかかってしまうかもしれませんので注意しましょう。

インターネット上にファイルを置くということは、誰かに盗み取られてしまうかもしれない

これはもう当たり前の危機管理だと思いますが、インターネット上にデータを置くことになるので、情報漏えいの危険が絶対にないとは言い切れません。

データを預かってくれているほうでも十分に対策してくれているとは思いますが、わたしたち利用者ができることは、他人に悪用されたくない情報(データ)はOneDriveに預けない、また、アカウントの使い回しはしないようにするくらいしかありません。

Word2016でOneDriveにファイルを保存する方法

Word2016でOneDriveに直接保存すると、パソコンの中には保存されません。インターネットに接続していないとOneDriveの中からファイルを確認することはできませんので注意してください。

Word2016でOneDriveに直接ファイルを保存するには、インターネットに接続しているのが条件です。

インターネットに接続しているパソコンでWord2016で作成したファイルを直接OneDriveに保存するには、

「ファイル」をクリック→「名前を付けて保存」をクリック→「OneDrive」をクリック

「Documents」をクリック

任意の名前を付けて「保存」ボタンをクリック

OneDriveに保存したファイルを開く方法

OneDriveに保存したファイルを開くには、

作成したソフト(今回はWord2016)を起動し、「開く」ボタンをクリック→「OneDrive」をクリック→保存したファイル名をクリック

※赤い丸で囲った部分をクリックすると、ひとつ上の階層に戻ることができます
スポンサーリンク

Word2016でOneDriveにファイルを保存する方法のまとめ。

OneDriveはMicrosoftが提供しているオンラインストレージサービスで、Microsoftアカウントを持っている人なら誰でも無料でファイルを保存(5GBまで)することができます。

OneDriveを使うにはインターネット接続が必須。OneDriveに保存したファイルを見るにもインターネット接続が必要です。

Word2016で直接OneDriveにファイルを保存すると、パソコンの中には保存されず、OneDriveの中にしかそのファイルがない状態になっています。OneDriveからそのファイルを削除してしまうと、パソコンのごみ箱には入らず、完全に削除されてしまうので注意しましょう。

今回はWord2016でOneDriveにファイルを保存する方法を書きましたが、Excel2016もPowerPoint2016も操作方法は同じです。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました