【Word2016】表内の行の高さを均一にしたい。1行ずつドラッグするより手間が省ける方法は?

高齢者のためのワード教室
この記事は約4分で読めます。

Word2016で作成した表について相談があると来られた方。

Word(2016)で表作ったんやけど、1行ずつ高さを変えるんはこうやって(罫線にマウスポインタを合わせて上あるいは下に)ドラッグすればいいんやな。

そやけど、これ(罫線)1本ずつやっとるとなんか微妙に高さが合ってないような気がするんや。この(行の)高さを一緒にする方法とかないんか?

Wordで作成した表の行の高さを変更するには、高さを変更したい行の下辺(下の罫線)にマウスポインタを合わせて上にドラッグすれば高さを低くできるし、マウスポインタを合わせて下にドラッグすれば高さを高くすることができます。

が、目分量でドラッグしてすべての行の高さを揃えるのはなかなか手間がかかります。

そこで、Wordで作成した表内の行の高さを均一に揃える方法をお伝えすることにしました。

スポンサーリンク

【Word2016】表内の行の高さを均一にしたい。1行ずつドラッグするより手間が省ける方法は?

まず、今回使用するサンプルは下の画像のような表です。

このままでも表としては成立していますが、印刷して記入してもらうとなるともう少し行の高いほうが書きやすいですね。

先ほども書いたとおり、それぞれの行の下の罫線にマウスポインタを合わせて下方向へドラッグすれば行の高さを高くすることはできますが、1行ずつドラッグしてすべての行の高さを均一にしたいとなると、調整に手間がかかります。

そこで、表の高さ自体を高くしてから、「高さを揃える」を使って調整することなくすべての行の高さを均一にする方法をご紹介します。

表自体の高さを高くしてから「高さを揃える」を使って行の高さを均一にする方法

まず、表全体の下辺の罫線にマウスポインタを合わせてドラッグし、表全体の高さを設定します。

表全体の下辺の罫線の高さを変えるので下の画像のようになりますが、この状態のままで大丈夫です。

次に、表を選択し行の高さを揃える操作に入ります。

下の画像で赤く囲っている部分に注目してください。この部分にマウスポインタを合わせてクリックすると、表全体を一度に選択することができます。

表全体が選択されている状態で、「レイアウト」タブをクリック→「高さを揃える」ボタンをクリックします。

表全体の高さを行数で均等に割った状態で行の高さが変更されます。

この方法を使えば1行ずつ行の高さが揃うようにドラッグする必要はなくなるかと思います。

列の幅を均等にするなら、均等にしたい列を選択あるいは表全体を選択した状態で表ツールの「レイアウト」タブをクリックし、セルのサイズの中にある「幅を揃える」ボタンをクリックします。

行の高さを変えた後に必ずチェックしてほしいのが「文字の位置」

表全体の高さを行数で均等に割った状態で行の高さを変更することができました。が、行の高さを変更したら必ずチェックしてもらいたいのが「文字の位置」です。

もう一度、行の高さを変更した表を確認してみましょう。

ひとつひとつのマス目(セル)の中の文字の位置、気になりませんか?

Wordで作成した表で行の高さを変更すると、セルの中に入力した文字はすべてセルの左上に配置されるようになります。

今回の表ですが、1行目と1列目のセルの中で文字は縦横中央(いわゆるど真ん中)に配置したほうが見やすくバランスがいいのではないでしょうか。

Wordで作成した表で行の高さを変えた時にセルの文字の配置を縦横中央に配置変更する方法もあわせてご紹介しておきます。

Wordで作った表のセルの中で文字の配置を縦横中央に揃える方法

まず、表の1行目を行選択(表の左端の罫線より左側にマウスポインタを移動させると右向きの白矢印になるところでクリック)します。

「レイアウト」タブをクリック→「中央揃え」ボタンをクリックします。

同じく、1列目で中央揃えになっていないセルを選択→「レイアウト」タブをクリック→「中央揃え」ボタンをクリックします。

Wordで作成した表内の行の高さを均等にする、のまとめ。

行の高さをドラッグで変更するとどうしても行の高さは均等になりづらいです。今回ご紹介した行の高さを変える前に表の高さを変更してから、「行の高さを揃える」ボタンを使うと目分量での操作ではなくなるので均等にそろえることができます。

また、行の高さを変えると文字の位置が左上につきますが、これをセル内の縦位置中央に配置することもできます。

今回ご紹介した方法を知っておくと、Wordで表を作成するときに「行の高さがなかなか揃わない」「文字の始まり位置を変えたい」ときにお役に立てるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました