Wordで表の行の高さを調整したらバラバラになって見栄えが悪くなった。行の高さを均等にピタッと揃えるには?

高齢者のためのワード教室
高齢者のためのワード教室
この記事は約3分で読めます。

Wordの表で行の高さを調整するのに、下の図のように1行ずつ罫線にマウスポインタを合わせてドラッグで調整する人が多いと思います。

Wordの表で、1行ずつ行の高さを変えるには、高さを変えたい行の下にある罫線にマウスポインタを合わせて、上または下にドラッグします。

1行ずつドラッグで行の高さを調整すると、ドラッグの加減や文字の大きさなどによって、行の高さがバラバラ、均等になっていないように見えることがないでしょうか。

そこで、表のすべての行に対して同じ高さ、均等になるよう調整する方法をご紹介します。この方法を知っていれば一行ずつドラッグで調整する手間が省けます。

スポンサーリンク

Wordの表で行の高さを均等に揃えるには

表を選択しているときに表示される「レイアウト」タブにある「高さを揃える」ボタンを使うと表の高さに対して均等に行の高さを自動調整することができる

下の図のような表があったとします。

この表は、印刷して配布し記入してもらうために作成されたのですが、この行の高さだと手書きするには少し高さが足りていません。

表全体の高さを高くする

まず、表全体の高さを高くしていきます。表全体の高さを変えるには、表の一番下の罫線にマウスポインタを合わせて下方向へドラッグします。

表全体を選択→「レイアウト」タブにある「高さを揃える」ボタンをクリック

次に、表全体を選択します。表全体を選択するには下の図の赤く囲った部分、上下左右の矢印を四角で囲った部分にマウスポインタを合わせてクリックします。

表全体が選択できたら、「レイアウト」タブにある「高さを揃える」ボタンをクリックすると、表全体の高さを行で割った、均等な高さに自動調整してくれます。

Wordの表で行の高さを変えたら、文字の位置も調整しておこう

Wordで作成した表の文字の位置は、何も設定を変えていなければセルの左上に配置されます。

行の高さを変えたときと

表を挿入して文字を入れただけのとき

とを比べると、行の高さを変えたときの文字の位置(セルの左上についている)が気になります。

セルの中にある文字の位置を真ん中にしたい場合、行の高さを変えていないときは「ホーム」タブにある「中央揃え」ボタンをクリックすればセルの真ん中に文字を配置することができますが

行の高さを変えていると「ホーム」タブにある「中央揃え」ボタンをクリックしても横位置では中央になりますが、縦位置では中央にならず、セルの上に文字が配置された状態になります。

Wordの表で、行の高さを変えたときにセルの横位置・縦位置の中央、ど真ん中に文字を配置したいなら、表を選択しているときに表示される「レイアウト」タブにある配置の9つのボタンのうち、ど真ん中にあたる「中央揃え」ボタンをクリックすると、セルのど真ん中に文字を配置することができます。

スポンサーリンク

【Word】列の幅も均等にすることができる

行の高さを変えたことで記入しやすくなりましたが、氏名を記入する枠が狭いように感じますね…。性別と男・女という文字が入ったセルをもう少し狭くすれば、氏名を記入する枠が広くなりそうです。

列の幅を調整するのも、行の高さを変えるのと同じように、調整したいセルの罫線にマウスポインタを合わせて左もしくは右にドラッグします。が、これもまた目分量となると手間がかかりそうです。

Wordの場合、行の高さを均等に調整することができますが、セルの幅も均等に調整することができます。今回は、3列目と4列目の幅を均等に調整してみます。

3列目の幅を罫線にマウスポインタを合わせて

右方向へドラッグし狭くしておきます。

次に列幅を均等に揃えたい列を選択します。

表の一番上の罫線にマウスポインタを合わせると下向きの黒矢印に変わるので必要な列数分だけドラッグすると列を選択することができます。

「レイアウト」タブにある「幅を揃える」ボタンをクリックすると

選択した列の幅で、2つの列の幅が均等に調整されました。

タイトルとURLをコピーしました