【Word2016】表内の行の高さを均等な高さにするには

高齢者のためのワード教室
この記事は約3分で読めます。

Wordで作成した表の行の高さが均一にならないと相談に来られました。一緒に操作を確認すると1行ずつマウスを使って微調整されていました。

Wordで作成した表内のすべての行を均一な高さに広げる操作、数行なら苦にならないかもしれませんが、行数が多いと手間がかかりますね。

Wordには行の高さを揃える、行の高さを均一にする機能がありますので、サンプルを用いて操作方法をご紹介します。

今回使用するサンプルはこちら。

住所の行の高さだけを変更しても良さそうな表ですが…。

では、表内のすべての行の高さを均一に広げる操作に入ります。

まず、表の一番下の罫線にマウスポインタを合わせて行の高さを適当な高さにドラッグします。

次に表全体を選択します。表全体を選択するには表の左上にあるこのマークにマウスポインタを合わせてクリックします。

クリックすると表全体が選択されます。

続いて、表を選択しているときにだけ表示される「表ツール」の「レイアウト」タブをクリック→「高さを揃える」ボタンをクリックします。

表内のすべての行の高さを均一に広げることができました。

列の幅を均等にするなら、均等にしたい列を選択あるいは表全体を選択した状態で表ツールの「レイアウト」タブをクリックし、セルのサイズの中にある「幅を揃える」ボタンをクリックします。

ただ、ここで気になるところがありますね。それはマスの中の文字の位置です。

Wordで行の高さを変更すると文字の位置がマスの左上に付いてしまいます。このままでも問題はありませんが、あまり見た目は良くないかもしれません。

Wordで行の高さを変更したときには、マスの中の文字の位置も合わせて設定しておくといいですね。

たとえば、今回のサンプルの場合、文字の位置は以下のサンプルのようになっているほうが見栄えがいいように思います。

ただ、Wordには横位置(水平位置)の位置調整のボタンは「ホーム」タブの中にありますが、この操作では以下のように、水平位置だけが中央に寄った状態になります。

行の高さを変更したときにマスの文字の配置を水平位置および垂直位置(要はど真ん中)にするには、文字の配置を変更したいマスを選択しておき、表を選択しているときにだけ表示される「表ツール」の「レイアウト」タブをクリック→「配置」の中にある9つのボタンのど真ん中のボタン「中央揃え」をクリックします。

スポンサーリンク

Wordで作成した表内の行の高さを均等にする、のまとめ。

行の高さをドラッグで変更するとどうしても行の高さは均等になりづらいです。今回ご紹介した行の高さを変える前に表の高さを変更してから、「行の高さを揃える」ボタンを使うと目分量での操作ではなくなるので均等にそろえることができます。

また、行の高さを変えると文字の位置が左上につきますが、これをセル内の縦位置中央に配置することもできます。

今回ご紹介した方法を知っておくと、Wordで表を作成するときに「行の高さがなかなか揃わない」「文字の始まり位置を変えたい」ときにお役に立てるかと思います。

追記 上記の操作を動画にしてみました。うまく表示されるでしょうか。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました