Wordの表でバラバラになった行の高さを同じ高さに揃える方法は

高齢者のためのワード教室
この記事は約5分で読めます。

Wordで表を作った時、行の高さを高くしようと罫線にマウスポインタに合わせて1行ずつ高さを調整するやり方もありますが、1行ずつドラッグで調整すると行の高さが微妙に違ってしまうことがあります。

Wordの表で、1行ずつ行の高さを変えるには、高さを変えたい行の下にある罫線にマウスポインタを合わせて、上または下にドラッグします。

Wordの表で行の高さを高くしながら、すべての行の高さを一度に同じ高さに揃える方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Wordの表でバラバラになった行の高さを同じ高さに揃える方法

今回は下の図のような表をWordで作成しておき、操作説明をしていきます。

この表は印刷して配って各自に記入してもらうために作ったそうで、手書きするには少し行の高さが足りないだろうと行の高さを高くように操作しようとしたそうです。

先に、表全体の高さを調整する

Wordで表を作った時、行の高さを高くし、すべての行の高さを均一に揃えたいなら、初めに表全体の高さを決めてから、Wordの「高さを揃える」を使うといいです。

表の高さを決めてから行の高さを揃える操作についてご紹介していきます。

初めに、表自体の高さを決めるために、表の一番下の罫線にマウスポインタを合わせてドラッグします。

表の高さに合わせて行の高さを均等になるように「行の高さを揃える」を使う

次に、下の図の赤枠で囲ったところにマウスポインタを合わせてクリックし、表全体を選択します。

上の図だと3行目の黄色く囲ったところが選択されていないように見えますが、それぞれのセルの中の改行マーク(矢印が左に折れているマーク)が選択されているので大丈夫です。

「レイアウト」タブにある「高さを揃える」ボタンをクリックすれば、表全体の高さを行数で均等に割った高さに自動的に揃えてくれます。

行の高さを変えたら、文字の位置も調整しておこう

おー、先生、これは手間が省けてええな!!

そやけど、なんか文字の位置がおかしいな、これがど真ん中(セルの縦横中央)になると見やすいんちゃうやろか?

確かにそうですね。これだと少し見栄えが悪いですね。

文字の位置が気になるセルをクリックし、「レイアウト」タブの中にある9つのボタンのうち、縦横中央(ど真ん中)のボタンをクリックするとセルの幅・高さともに中央揃えにすることができます。

おー、このほうが見た目がええわ!他の(セル)にもやってみるわ!

先生、これひとつずつしかできへんのか?

ひとつずつしたほうが間違いがなくていいのですが、表の一番左の列はすべて縦横中央に揃えたほうがいいので、一度にやってしまいましょうか。

表の列を選択するには、選択したい列の一番上の罫線にマウスポインタを合わせると下向きの黒い矢印になります。その状態でクリックすると列に入ったすべてのセルが一度に選択できます。

この状態で、先ほどの縦横中央揃え(ど真ん中)のボタンをクリックすると列全部の文字の配置を一度に変更することができます。

できた、できたわ!

この性別と男・女のセルはどうしたらええんや?これは縦に並んでないし、一度には選べへん。

横に並んだセルを2つ以上選択するときは、セルの罫線と文字が入っている間辺りにマウスポインタを合わせると斜め上に向いた黒い矢印に変わります。

この状態で選択したいセルをドラッグすると2つ以上のセルを一度に選択することができます。

あとは、先ほどと同じように縦横中央揃えのボタンをクリックしてもらえば、文字の配置を変更できます。

完成したのが下の図です。

セルの幅も揃えられる

先生、名前書くとこ、狭いな…。

確かに名前を記入するところが狭いですね。この場合、性別と男・女が入っているセルが広すぎるのでこちらを狭くして名前を書くところを広げてあげましょうか。

そやけど、これは目分量になるやろ、うまく幅が揃うかな

Wordの「レイアウト」タブには「高さを揃える」ボタンともうひとつ「幅を揃える」ボタンがありますので、そちらを使って操作してみましょうか。

まず、名前を記入するセルを基準に「性別」の列幅を調整します。「性別」のセルの左側の罫線にマウスポインタを合わせると、罫線を挟んで左右の矢印に変わります。

「性別」の左側の罫線を右側にドラッグして下の図のように名前を記入するセルの幅を広げます。

次に、性別と男・女、2列のセルを一度に選択します。性別のセルの上の罫線にマウスポインタを合わせると下向きの黒い矢印になります。そのまま右方向へドラッグすると2列一度に選ぶことができます。

最後に、「レイアウト」タブにある「幅を揃える」ボタンをクリックすれば2列の幅が揃います。

表の要らない罫線を削除するとき、セルの結合も使える

先生、これでええんやけど、住所と連絡先に要らん線があるやろ。これはどうやって消すんや?

Wordで罫線を削除するには、「罫線を削除」ボタンを使いますが、必要な線まで削除してしまうことがあるので、今回は「セルを結合する」操作をご紹介します。

罫線を削除したいセルを選択し、「レイアウト」タブにある「セルの結合」ボタンをクリックすると複数のセルをひとつにする、結合するので間にあった罫線は消えてひとつのセルになります。

完成したのが下の図です。

スポンサーリンク

Wordで作成した表内の行の高さを揃える方法のまとめ

行の高さをドラッグで変更するとどうしても行の高さは均等になりづらいです。今回ご紹介した行の高さを変える前に表の高さを変更してから、「行の高さを揃える」ボタンを使うと目分量での操作ではなくなるので均等にそろえることができます。

また、行の高さを変えると文字の位置が左上につきますが、これをセル内の縦位置中央に配置することもできます。

今回ご紹介した方法を知っておくと、Wordで表を作成するときに「行の高さがなかなか揃わない」「文字の始まり位置を変えたい」ときにお役に立てるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました