【Word2016】用紙の途中で次のページへカーソルを移動する「改ページ」とは

Wordで文書を作成するとき、用紙の途中だけれど次のページへカーソルを移動させたいときがあります。

Enterキーを次のページへカーソルが移動するまで押すことでも可能ですが、それだと手間はかかるし後から修正するときも大変です。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Wordで用紙の途中から次のページへカーソルを移動させることを「改ページ」という

Wordで長文、複数ページに渡る文書を作成するときにページの途中で次のページを新しいページから始めたいときがあります。Enterキーを次のページにカーソルが移動するまで押す人がいますが、それだと文章の段落や改行に変更があったとき、すべてのページで段がずれてしまうので修正する手間がかかります。

Wordの改ページの方法「ページ区切り」

次のページへカーソルを移動させるには、空行にカーソルを置いた状態で<挿入>タブ→「ページの区切り」ボタンをクリックすると新しいページにカーソルが一気に移動します。

また、新しいページの行にしたいと思う場所にカーソルを置いた状態で、CTRLキーを押しながら一度だけEnterキーを押してもらうと新しいページにカーソルが一気に移動します。

キーボードのひとつのキーを押しながらもうひとつ、あるいはふたつのキーを押すことをショートカットキーといいます。

文書の途中で空っぽのページを入れるには「空白のページ」が使える

例えば複数ページに渡る内容があったときに、1枚何も入力しないページを入れたいときには、主流の方法としては上に書いた「ページ区切り」の操作を2回行う方法でした。

Word2016の場合、「ページ区切り」の操作を2回行う以外に、<挿入>タブ→「空白のページ」ボタンをクリックすることでも、何も入っていない空っぽのページを入れることができます。

レポートなどに使える「表紙」

Wordで複数ページの文書を作成する、カタログや自叙伝、レポートなど表紙がほしいときがあります。

以前のバージョンのWordなら、1枚目に改ページを入れてタイトルや装飾を入れて表紙を作り、2ページ目から文書を作成するという流れでした。

Word2016では、この表紙をテンプレートから選択する機能が付いています。<挿入>タブ→「表紙」ボタンをクリックすればテンプレートが表示され、任意のものを選択するだけで表紙を作ることができるようになりました。

ちなみに表紙を構成しているのは図形なのでひとつずつ選択・変更が可能です。

あなたが作成したい表紙のイメージに近しいものを選んで、あとは好みにあわせて書式や塗りつぶし、罫線の種類を変更するとよいでしょう。

また表紙を選択すると、カーソルがあった位置に表紙が挿入されます。カーソルの位置に気を付けて操作するようにしましょう。

文書を作成後、表紙を挿入すると2ページ目に空白のページが挿入されます。空白ページが挿入されてしまったときは、表示されている改行マークを削除してもらえばよいかと思います。

Word2016のページ操作についてまとめ。

Wordの改ページを使えば、Enterキーを押して次のページへカーソルを移動させるという手間も、段落を変更、修正したときすべてのページを見直し、修正する手間も省けますので、ぜひ覚えてもらえたらと思う機能のひとつです。

特に、高齢者のパソコン教室を運営している中でやってみたいことのベスト3に入るのが「自叙伝を書いてみたい」。この自叙伝を書くとなれば相当なページ数を扱うこととなりますので、ぜひ覚えてもらえたらと思います。

パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ