【Word2016】次のページへEnterキーを押して移動していない?改ページを使って次のページへ移動しよう

高齢者のためのワード教室
この記事は約3分で読めます。

Wordで文章を入力しているとき、用紙の最後まで入力すれば自動的に次のページへカーソルが移動し、そのまま文章を入力し続けることができます。

でも、用紙の途中なんだけれど、次のページへカーソルを移動させたいときがありませんか?そんなときによく見られるのが次のページへカーソルが移動するまで改行する(Enterキーを何回も押す)。

次のページへカーソルが移動するまで改行してもいいけれど、これだとあまり効率がよくありません。

Wordで用紙の途中から次のページへEnterキーを使わずにカーソルを移動させる「改ページ」の使い方を紹介します。

スポンサーリンク

Word2016で用紙の途中で次のページへカーソルを移動させる、「改ページ」の使い方

Word2016なら「ページ区切り」を使おう

Word2016では、改ページとは呼ばず「ページ区切り」と呼ばれています。

Word2016で用紙の途中で次のページへカーソルを移動する「改ページ(Word2016ではページ区切り)」を挿入するには、改ページを入れたいところにカーソルを置きます。

次に、「挿入」タブをクリック→「ページの区切り」ボタンをクリックします。

これで、次のページにカーソルを移動させることができました。

キーボードのショートカットキーを使って改ページを挿入する方法

挿入タブにある「ページ区切り」を使って改ページを行う方法を紹介しましたが、キーボードのショートカットキーを使っても改ページを挿入することができます。

Wordでキーボードのショートカットキーを使って改ページを挿入するには、改ページを挿入したい場所にカーソルを置きます。

次に、キーボードのCTRLキーを押しながら一度だけEnterキーを押します。これが、Wordで改ページを挿入するためのショートカットキーです。

改ページを削除するには

挿入した改ページ(ページ区切り)を削除するには、改ページと書かれている行の先頭にカーソルを置いて、キーボードのDeleteキーを押します。

ショートカットキーってどういう意味?

改ページの挿入にキーボードのCTRLキーを押しながら一度だけEnterキーを押しましたが、これを「ショートカットキー」と呼んでいます。

ショートカットキーとは、キーボードのあるキーとあるキーを同時に押すことで、ツールボタンを使わずに操作を実行することができるキーボードのキーの組み合わせのことを言います。

今回、ご紹介したキーボードのCTRLキーを押しながら一度だけEnterキーを押すと改ページが挿入される以外にも、いろいろなショートカットキーがあります。

ちなみに、ショートカットキーはどのソフトでも同じ動作が割り当てられていたり、そのソフト限定の動作が割り当てられていたりします。

Wordでよく使うショートカットキーはというと、

  • すべて選択・・・CTRLキーを押しながらAキー
  • 上書き保存・・・CTRLキーを押しながらSキー
  • 元に戻す・・・CTRLキーを押しながらZキー

などがあります。※上の3つのショートカットキーはだいたいのソフトで使用可能です。

ショートカットという用語は他にも、右クリックして表示するメニュー「ショートカットメニュー」、アイコンに矢印がついているものを「ショートカットアイコン」といいます。
スポンサーリンク

【Word2016】次のページへEnterキーを押して移動していない?改ページを使って次のページへ移動しよう

用紙の途中で次のページへカーソルを移動させたいときは「改ページ(Word2016ではページ区切り」を挿入すると、Enterキーを何回も押して次のページへカーソルを移動させるよりも効率よく作業できます。

また、ショートカットキーを使えばツールボタンを使わずに改ページ(ページ区切り)を挿入することもできます。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました