Wordの改ページを使えば好きなところから次のページへカーソルを移動できる

高齢者のためのワード教室
この記事は約3分で読めます。

Wordで文章を入力しているとき、ページの途中だけれど次のページへカーソルを移動させたいときがあります。これを「改ページ」と呼んでいるのですが、この操作を覚えるとEnterキーを何度も押して次のページへカーソルを移動させることなく、次のページの先頭にカーソルを移動させることができます。

スポンサーリンク

Word2016で改ページを挿入するには

「ページ区切り」ボタンを使って改ページを挿入する方法

ページの途中で次のページへカーソルを移動するには、改ページを挿入したい位置にカーソルを置いた状態で、「挿入」タブをクリック→「ページ区切り」ボタンをクリックします。

これで、次のページにカーソルを移動させることができました。

改ページを削除するには

改ページを挿入した位置に「改ページ」という文字が入っているのですが、これを削除すれば改ページは削除できます。

改ページを挿入したはずなのに「改ページ」と表示されないときは、編集記号が非表示になっていますので、「ホーム」タブにある「編集記号の表示/非表示」ボタンをクリックして表示を切り替えることで編集記号を表示させましょう。

改ページをキーボードだけで挿入する方法(改ページのショートカットキー)

上の操作では「ページ区切り」ボタンを使いましたが、キーボードだけでも改ページを挿入することができます。

改ページを挿入したいところにカーソルを置き、キーボードのCtrlキーを押しながらEnterキーを押します。

ショートカットキーってどういう意味?

ところで、改ページを挿入するためにショートカットキーを使う方法もあるよとご紹介しましたが、この「ショートカットキー」とはどういうものなのでしょうか。

「ショートカット」とは、複数の個所をクリックして行う操作の流れを「ショートカット」して実行するという意味なのですが、「ショートカット」には今回ご紹介した、キーボードのキーを組み合わせることで操作を実行する「ショートカットキー」、マウスポインタを合わせたところで右クリックしてメニューを表示させる「ショートカットメニュー」があります。

覚えておくとよいショートカットキーはある?

今回、ご紹介したWordで改ページを挿入するためのショートカットキー以外にも、パソコンを操作するときに覚えておくといいショートカットキーがあります。

たとえば、Ctrlキーを押しながら

  • Aを押すと「すべて選択」
  • Zを押すと「元に戻す」
  • Cを押すと「コピー」
  • Xを押すと「切り取り」
  • Vを押すと「貼り付け」

などがよく使われるショートカットキーになります。

Wordの改ページを使えば好きなところから次のページへカーソルを移動できる、のまとめ

改ページ使ったら、Enter(キー)を何回も押さんでも次のページができるんやな!

Enterキーを何度も押すことでも次のページにカーソルを移動することができますが、改ページを使うことでその手間を省くことができます。

Enterキーを何度か押して次のページにカーソルを移動させると修正などで行数が変わってしまうと、すべてのページの行がずれてしまい、それを修正する手間もかかりますが、改ページを使ってあれば、改ページを削除するだけでいいので修正の手間も省けます。

改ページはページ区切りを使う以外にも、キーボードのショートカットキーを使えばマウスを使わなくても操作できます。

1ページだけの文書であれば使う機会は少ないかもしれませんが、2ページ以上の文書であれば覚えておいて損はない操作だと思います。

LINE公式アカウントを開設しました
下の「友だち追加」ボタンをクリックまたはタップすると、スマホならLINEが起動し、友だち追加の画面が表示されます。 また、パソコンからだとQRコードが表示されますのでスマホのLINEアプリで読み取っていただいて友だちに追加していただければと思います。 友だち追加
高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました